follow us in feedly twitter1.jpg

篠田歯科スタッフブログ

スポーツドリンクのダラダラ飲みは、虫歯と酸蝕症の原因に

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 こんにちは、歯科衛生士の木村です。暑い夏がまたやってきますね。暑い夏といったら、熱中症。熱中症にならない為には、こまめな水分補給が大切です。特に、夏場はただの水よりも、塩分や栄養分を含むスポーツドリンクを飲む事によって早く回復するそうです。しかし、スポーツドリンクの飲み方を間違えるとと体に悪影響が…

画像:多発した虫歯の例

 スポーツ中など1日中ダラダラと飲んでしまうと、口腔内に常に大量の糖分が残ることになります。それが、虫歯を引き起こす原因になるのです。また、お風呂上がりに水代わりに飲んでそのまま寝てしまうのも、虫歯が増える原因の1つです。唾液には口腔内の酸を中和し、初期虫歯を治癒する力がありますが、就寝中は唾液の分泌が少なくなります。そんなときにスポーツドリンクが口に残っていると、非常に危ないわけです。

 さらに虫歯菌の関与が無くても、スポーツドリンク自体で歯が溶ける事もあります。なぜなら、スポーツドリンクはお茶やその他の飲料と比べて酸性度が高いからです。酸性度の高いものを摂取し過ぎると、酸で歯が溶ける酸蝕症になる可能性が高まります。

画像:東京医科歯科大学歯科同窓会発行リーフレット「酸性食品と酸蝕症」 より

 スポーツドリンクや酸性度の高い飲みものを飲んだ後は、脱灰した歯の表面が再石灰化するようにお水で口をゆすぎ、30分以上時間をおいて歯ブラシをするようにしましょう。 

 

画像:東京医科歯科大学同窓会リーフレット「酸性食品と酸蝕症」より

 

【関連記事】

脱灰と再石灰化:唾液が虫歯から歯を守る!

歯が白く変色した「初期虫歯」:歯垢除去、フッ素塗布、唾液腺マッサージが有効

酸性食品で歯が溶ける 酸蝕症予防のための4つのポイント

酸蝕症の予防法

コーラで歯が溶ける…? 酸蝕歯のお話

予防歯科カテゴリのブログ記事

カテゴリー:【木村】, ・予防歯科  日時:2018年5月14日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly