follow us in feedly twitter1.jpg

篠田歯科スタッフブログ

一度治療した歯は虫歯になりやすい:2次カリエスの予防のために

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2次カリエス

 こんにちは、歯科衛生士の木村です。

 一度治療を受けた歯がまた虫歯になる。これを2次カリエスといいます。詰め物と歯に隙間や段差があるとそこに汚れが溜まりそこの間から虫歯になってしまいます。そのため、見た目は虫歯のないキレイな歯に見えても金属の詰め物を取って実際に中をのぞいて見ると深い虫歯が広がっていることがあります。
仕事が忙しいとつい歯医者に行くのをためらってしまい、定期健診を忘れがちな事もありますが、虫歯になる前の段階から定期的に通って虫歯になる前の段階で治療を行うことが大事なんです。2次カリエスは、詰め物のかげに隠れていているので歯が痛くなるころには虫歯が歯の奥まで進行しておりやむなく歯の命とも言える「神経」を抜くこともあります。
こうならない為にも歯科定期健診を受けて、しっかり虫歯のチェックをしてもらいましょう。
  

【関連記事】

歯をみがいてるのに虫歯になってしまう方のための4つの対策

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

フッ素の虫歯予防効果に注目した歯磨き法 イエテボリ法

フッ素入り 虫歯予防ジェル

何回かかるの? 虫歯の治療回数

虫歯のできやすい場所 ワースト3

毎日の歯みがきのポイントまとめ

歯石除去症例カテゴリの記事

あなたも当てはまるかも? 歯に着色する4つの原因と対策 

歯を白くする! 3つの方法

歯石除去 症例写真: 篠田歯科 YouTubeチャンネル

予防歯科カテゴリのブログ記事

カテゴリー:【木村】, ・予防歯科, ・歯科健診(検診)  日時:2017年11月15日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly