follow us in feedly twitter1.jpg

篠田歯科スタッフブログ

歯が割れるのはどんな時? 歯根破折の起こりやすいケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

歯根破折 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

こんにちは、歯科衛生士の木村です。 今回は歯の根にヒビが入ったり、割れてしまうケースについてお話します。
皆さんは今まで何でもなかった歯が急に痛くなったり、歯ぐきが腫れたり、揺れだしたりしてしまったことはありませんか?このように歯根が割れてしまうのには要因がいくつかあるのでご紹介していきます。

1.転んだりぶつけたなどの外傷  

歯根破折 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

歯に強い力がにかかることによって割れることがあります。

 

2.神経を取ると歯がもろくなり割れやすくなる  
根管治療 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

神経に達する深い虫歯などのために神経を取った歯は、真ん中をくり抜いているためもろくなり、割れやすくなります。特に奥歯には噛むときにものすごく力が加わりますので注意が必要です。しっかり歯を磨き、歯科定期健診に通って虫歯予防を心がけて、神経を取る治療をしなくて済むようにしましょう。

 

3.金属の心棒で歯が割れることも  

歯根破折 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

神経を取った後、差し歯の土台を作る際に金属の心棒(メタルコア)を立てることがます。残っている歯が薄い場合、硬い心棒にかみ合わせの強い力がかかって歯が割れることがあります。

 

4.ブリッジの土台の歯には強い力が  

歯根破折 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

歯がブリッジや入れ歯の土台になっていると、歯にかかる負担が大きくなり、歯が割れることがあります。

 

5.歯ぎしりや食いしばりが強いと歯が割れやすい  

歯根破折 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

歯ぎしりや食いしばりは無意識の行動のため、歯に強い力が持続的にかかります。そのため神経がある歯でも歯が割れてしまう恐れがあるので気をつけてください。

以上のような場合に歯が割れることがあります。もしも歯が割れてしまったら、どのような方針で治療を進めていくか歯医者さんとしっかり話しあいましょう。

 

【関連記事】

抜歯の原因になることも! 歯ぎしりによる影響とその対策

自分では気付かないことも:歯ぎしりの原因と対策

歯がわれた!:歯を残せる場合と残せない場合

歯石除去 症例写真: 篠田歯科 YouTubeチャンネル

予防歯科カテゴリのブログ記事

カテゴリー:【木村】  日時:2017年9月5日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly