follow us in feedly twitter1.jpg

篠田歯科スタッフブログ

妊娠中のお口のケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
2016112301.jpg

 こんにちは、歯科衛生士の木村です。 妊娠をすると、家庭内で過ごす時間が増え、食べる回数が増える事や、つわりで歯磨きがしっかり出来なかったり、嘔吐により口腔内が胃酸の影響を受け、歯の脱灰が起こりやすくなります。そして、妊娠中の女性ホルモンが血液中に増加し、歯のまわりで特定細菌の発育を助け、歯肉炎が起こりやすくなります(妊娠性歯肉炎)。 
2015073101.jpg

日本経済新聞 2015/4/21 朝刊 より引用

 このような事が続くと歯周病や虫歯が進行しやすくなってしまう為、いつも以上に口腔内を清潔にするよう気をつけましょう

妊娠中の歯磨きのコツ (参考サイト:こそだてハック)

1.歯磨き粉は匂いや刺激の少ないものに変える(歯磨き粉なしでもOK)

2.歯ブラシは子ども用など小さなヘッドにする

3.前屈みになって掻き出すように磨く

4.体調の良い時間帯に磨く

など、少しでも楽な気持ちでブラッシングできるようにしましょう。

また、ご出産前に歯科医院でお口のチェックとクリーニングをしてもらいましょう! 


【関連記事】

歯の治療は出産前に:日本経済新聞

妊娠中の歯磨きのコツ

脱灰と再石灰化:唾液が虫歯から歯を守る!

妊婦の歯周病が胎児に影響 岡山大大学院グループ確認

歯周病と低体重児出産

乳歯の重要な働き:噛む・発音の他にも「永久歯の道案内」

虫歯菌は赤ちゃんのまわりにいる人から感染します

予防歯科カテゴリのブログ記事


木村カテゴリのブログ記事

カテゴリー:【木村】, ・予防歯科  日時:2016年11月24日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly