follow us in feedly twitter1.jpg

篠田歯科スタッフブログ

フッ素の虫歯予防効果に注目した歯磨き法 イエテボリ法

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
illust1579.png

こんにちは。

歯科衛生士の木村です。

 今回は、フッ素の虫歯予防効果に注目した歯磨き法について説明します。
フッ化物濃度の高い歯磨剤を選び歯磨き終了後の洗口を少なくすると、虫歯になりにくくなるという事が世界的にあげられているようです。

以下にスウェーデンのイエテボリ大学で推奨されている歯みがき法をご紹介致します。

①歯ブラシに2cmの歯磨剤をつける(3〜6歳未満は、5mm、6〜12歳は1cmが目安)
②歯磨剤を歯面全体に広げる
③2分間みがく(特に方法にはこだわらない)
④歯磨剤による泡立ちを保つ(途中で吐き出さない)
⑤歯磨剤を吐き出さずに10mlの水を口に含む
⑥そのまま30秒間 洗口する
⑦洗口した分を吐き出し、それ以上の洗口はしない
⑧その後最低2時間は飲食をしない

ぜひ、試してみてください。
虫歯のできにくい、お口の中の環境を作っていきましょうね。

【関連記事】

予防歯科カテゴリのブログ記事


カテゴリー:【木村】, ・予防歯科  日時:2011年11月15日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly