インレー

インレーについての説明とどのような治療の流れかをご説明します。

適応症

C2:象牙質に達した虫歯で、虫歯の範囲の大きいものは虫歯の部分を削除した後、形を整えて歯型をとり金属やセラミックのつめもの(インレー)を作ります。

C2

症例

術前

虫歯で黒くなっているのが見えています。麻酔をして虫歯を除去します。

インレー形成・型とり

虫歯を除去した後インレーが入るように穴の形を整え、歯型をとります。

インレーの装着

数日後、歯型から製作したインレーを調整して装着します。写真は健康保険の金属のインレーです。

ハイブリッド・セラミックインレー(装着前)

健康保険の金属のインレーの他に健康保険外の白いインレーを製作することもできます。

ハイブリッド・セラミックインレー(装着後)

休診情報
お問合せ
いしゃまち