セラミッククラウンの種類と特徴

審美歯科についてと当クリニックにおける治療についてご説明します。

セラミッククラウンの種類と特徴

セラミックとは陶材(せと物)のことで、天然の歯に似たさし歯を作る際に用います。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(さし歯)です。

ハイブリッドセラミッククラウンの利点

見た目が天然の歯に近い。
硬すぎないので、かみ合う歯を痛めることがない。
金属を使用しないので、金属アレルギーが起こる可能性がない。

ハイブリッドセラミッククラウンの欠点

色調はオールセラミッククラウンに劣る。
装着後時間が経つと変色しやすい。
強度がやや弱く、磨り減りやすいので、噛み合わせの状態によっては使用できないことがある。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、金属のキャップをセラミックでコーティングしたクラウン(差し歯)です。

メタルボンドクラウンの利点

見た目が天然の歯に近い。
中身が金属なので割れにくく、奥歯にも使用できる。

メタルボンドクラウンの欠点

金属アレルギーを引き起こす可能性もある。
色調はオールセラミッククラウンに劣る。

オールセラミッククラウン
(当院ではジルコニアセラミッククラウンを使用)

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりにジルコニアを使用したものです。

オールセラミッククラウンの利点

非常に見た目が良く、ほとんど変色しない。
金属を使用しないので、金属アレルギーが起こる可能性がない。

オールセラミッククラウンの欠点

ジルコニア自体が割れることは非常にまれだが、ジルコニアを覆っているセラミックの部分が割れることがある。

銀歯を白くしたい

奥歯の銀色のかぶせもの(クラウン)、詰め物(インレー)が気になる場合には、金属のクラウン、インレーをはずしてセラミックのクラウン、インレーに替えると目立たなくなります。

治療前

治療後

休診情報
お問合せ
いしゃまち