ブラックマージン

審美歯科についてと当クリニックにおける治療についてご説明します。

古いさし歯の根元が黒くなっている(ブラックマージン)

以前に治療したさし歯の根元が、数年後に黒く変色する(ブラックマージン)ことがあります。これは時間の経過とともに歯ぐきの後退が起こり、 かぶせもの(クラウン)のふち(マージン)や歯根が露出するためです。神経を取った歯は黒く変色することがあり、歯ぐきの後退により黒い歯根が露出します。

歯ぐきの後退は年齢とともに誰にでも起こる変化であるため、完全に防ぐことはできません。しかし、適合の良いクラウン(かぶせ物)を装着し、歯肉を傷つけない正しいブラッシングをすることにより極端に早い歯肉の後退は避けられます。

治療前

治療後

休診情報
お問合せ
いしゃまち