歯周病の症状 – 軽度

歯周病の初期症状について説明します。

歯周病の症状―軽度(歯肉炎)

歯周病の症状―軽度(歯肉炎)

歯肉炎とはプラーク(歯垢)中の細菌の刺激により歯肉は炎症を起こしているが、骨には異常がない状態です。
歯肉は赤く腫れ、歯ブラシなどで触ると簡単に出血します
このような歯のまわりには、多くの場合プラークが付着しています。

症例

歯周病の症状―軽度(歯肉炎)

歯の根元の歯肉は赤く腫れ、歯と歯の間では丸くふくれています。

軽度歯周病の治療

ポイント

  • 歯周病の診査では、X線検査、ポケット測定、分岐部病変、動揺度の診査などを行います(詳しくは歯周病の診査のページを参照)。
  • 軽度の歯周病では、歯石の除去(スケーリング)と上手な歯みがき(プラークコントロール)で多くの症例が改善します。

治療の流れ

  1. 診査・診断
  2. 基本治療(歯みがき指導・歯石除去)
  3. 再評価検査
  4. メインテナンス
治療の流れ

治療期間 1.5-2ヶ月

症例によりますが歯周病治療のみなら、2度の来院で診査・診断→基本治療(歯みがき指導・歯石取り)その1ヵ月後に来院していただき再評価検査をして、改善していればメインテナンスに入ります。再評価検査で歯肉の炎症(腫れ・赤み・出血)があれば、もう一度歯みがき指導と歯石の取り残しがないか確認します。

痛みの有無

  • 赤く腫れた歯肉は歯ブラシで触れると出血し、痛みを感じることもあります。
  • 治療はあまり痛みを伴わないため、通常麻酔は用いません。

ページの上部へ

症例①

歯みがきをすると、歯ぐきが痛いとのことで来院された患者さんです。

治療の流れ

  1. 基本治療(歯みがき指導・歯石除去)
  2. 再評価検査
  3. メインテナンス

治療期間

2ヶ月

治療前

治療前

治療前

治療後

ページの上部へ

症例②

歯肉炎の他に、残っていた乳歯がぐらぐらしていた症例です。歯周病の治療後、乳歯は抜いてブリッジを製作しました。

主訴

クリーニング希望、右下の歯がぐらぐら

治療の流れ

  1. 基本治療(歯みがき指導・歯石除去)
  2. 再評価検査
  3. 修正治療(ブリッジ)
  4. メインテナンス

治療期間

2.5ヶ月

治療前

治療前

治療前

治療後

ページの上部へ

関連ページ一覧

ページの上部へ

予約 youtube