follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・骨誘導再生療法(GBR)

骨移植をした部位のインプラントの 12-14 年後は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 6 / 3 は論文抄読会でテーマは「骨移植をした部位のインプラントの長期経過でした文献)。

2016060701.jpg

画像:Geistlich Pharma HP より引用改変

 歯を失った部位にインプラントを埋入するための骨が足りない場合、骨移植材と再生膜を用いて骨誘導再生療法(GBR法)が行われることがあります。この再生療法により作られた骨は、長期にわたり安定しているのでしょうか?

 今回の文献は、インプラント埋入と同時に骨誘導再生療法(GBR法)を行った部位の12-14 年後の経過を調べた研究でした。この研究に用いられた再生膜は生体に吸収されるものと吸収されないものの2種類で、それらの比較も行っています。

 72人の患者さんに265本のインプラントを埋入、その内112本は吸収性膜、41本は非吸収性膜を用いました。また112本のインプラントは対照群として、骨が十分にある部位に再生療法なしで埋入されました。

2016060702.jpg

画像:Jung RE et al. (2013) より引用改変

 12-14 年後のインプラントの生存率は、対照群(骨が十分、再生療法なし):94.6%、吸収性膜による再生療法群:91.9%、非吸収性膜による再生療法群:92.6%で、この値に統計学的な差はありませんでした。

 また、インプラント周囲骨は健康なものでも経年的に少しずつ吸収しますが、その骨吸収量も対照群:2.36 mm、吸収性膜:2.4 mm、非吸収性膜:2.53 mm で、この値にも統計学的な差はありませんでした。

 以上から、インプラント埋入と同時に行う骨誘導再生療法(GBR法)は生存率が高く、安全で予知性の高い治療法であるという結論でした。

 当院でもインプラント埋入と同時に骨誘導再生療法を行うことが多いですが、153本という多数のインプラントの長期経過は大変参考になりました。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

サイナスリフト(上顎洞への骨移植)



オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)臼歯部インプラント症例

オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)前歯部インプラント症例

オールジルコニアクラウンとジルコニアセラミッククラウン:インプラント症例


インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

骨誘導再生療法(GBR)とルートカバレッジ(根面被覆治療):ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 2 / 12 は症例検討会で私の発表でした

 1つ目のテーマはインプラント治療における骨誘導再生療法(GBR)でした。歯を失った部位に人工歯根を埋入してもう一度歯を取り戻す治療をインプラント治療と言います。歯を失った原因が歯周病や歯根破折などの場合には、インプラント予定部位の骨が吸収してなくなっていることがあります。そうした時に骨移植や再生膜を用いて骨造成する方法を骨誘導再生療法GBR)と言います。

2016021301.jpg

 今回の発表では西堀歯科に勤務していた当時からの長期経過や、使用する骨移植材や再生膜、術式の変遷などについて報告しました。また、骨誘導再生療法のような外科処置のかわりに抜歯予定の歯を矯正移動(エラプション)させて骨と軟組織を造成し、インプラントを埋入した症例も報告しました。

2016021302.jpg

 2つ目のテーマはルートカバレッジ(根面被覆治療)でした。ルートカバレッジとは、病的に露出した歯根を外科的な手法で元の状態に戻す治療法です。どちらのテーマも4症例を報告しました。

2016021303.jpg2016021304.jpg

 骨誘導再生療法とルートカバレッジのどちらの治療法も歯肉、粘膜の取り扱いなど共通するテクニックがあり術式に関する議論が沢山ありました。また、技術的な改善点に関する指摘も多くいただき、大変勉強になりました。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

後退した歯ぐきをもとに戻す! ルートカバレッジ

ルートカバレッジ(根面被覆) 症例

歯周病カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 11 / 13は症例検討会で西堀歯科の豊田真基先生の発表でした。

2014030607.jpg

【インプラント治療前】頬側歯肉が陥没
2014030605.jpg
【骨移植】インプラントの頬側に人工骨を移植して、再生膜を設置(骨誘導再生療法:GBR)

2014030608.jpg

【インプラント治療後】歯肉の陥没が改善し、インプラントの上にネジ止め式の歯を装着(篠田歯科症例


 2つ目のテーマはインプラント治療における骨誘導再生療法(GBR)でした(1つ目のテーマはルートカバレッジ)。歯を失った部位では多くの場合、歯ぐきがへこみます。インプラント治療を行う場合歯ぐきのへこみが大きいと、さし歯が長くなり見た目が悪くなります。そのような部位で、骨のへこみを改善するための治療のひとつに骨誘導再生療法(GBR)があります。

 症例検討会では豊田先生が多くの症例の抜歯前の状態を提示され、抜歯後の状態と骨誘導再生療法(GBR)などが必要かどうかを参加者で予測しました。実際の治療結果と合わせて検証することにより、インプラント治療のシミュレーションを行うことができました。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラントのための抜歯直後の再生療法:リッジプリザーベイション

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2014 / 9 / 12 は論文抄読会でテーマは「インプラントのための抜歯直後の再生療法(リッジプリザーベイション)でした文献1文献2)。

2014030607.jpg

 抜歯後何もしないと多くの場合その部位は、周囲の歯が残っている部位よりもへこんだ形(上画像)になります。このため抜歯部位にインプラント治療を予定している場合、へこみを予防するために抜歯直後に再生療法(リッジプリザーベイション)を行うことがあります。

2014091402.jpg

画像:Baroneら 2014 より引用

 リッジプリザーベイションでは、抜歯した穴に人工骨を移植して(画像B,F)その上を再生膜で覆います。今回の文献は再生膜を露出したまま(画像C)にするか、歯肉を縫い合わせて覆う(画像G)かで、抜歯後の骨吸収や歯ぐきの土手(歯槽堤)の形態変化に差があるかを調べたものでした。

 結果は歯ぐきを縫い合わせず膜を露出したままにした方が、抜歯部位の水平的な陥没は少ないというものでした。歯肉を縫い合わせるためには歯肉に切開を入れて引っ張るため、手術後の腫れや痛みが大きくなることも考え合わせると、抜歯時には切開を入れず再生膜は露出したままにするメリットは大きいようです。


【関連記事】

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):露出しても感染の起こりにくい組織再生膜

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):ISCT研修会

インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):露出しても感染の起こりにくい組織再生膜

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014060801.jpg

画像: osteogenics ホームページより

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2014 / 7 / 25 は六本木ヒルズ西堀歯科の菅野先生の症例発表でテーマは「インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR)でした

 インプラント治療においては周囲の骨が大きく吸収し、インプラント埋入の際に骨誘導再生療法(GBR)が必要になることがあります。従来の再生膜は口腔粘膜から露出すると、感染を起こし十分な骨再生が得られませんでした。今回は口腔粘膜で再生膜を覆うのが難しい場合でも、露出したままで組織再生が期待できる再生膜(CYTOPLAST)の症例をいくつか拝見しました。

 従来、口腔粘膜で再生膜を覆うためには広い範囲で粘膜を剥離するため、手術後の大きな腫れや痛みの原因となることがありました。今回の再生膜(CYTOPLAST)により、そうした患者さんにとって骨再生療法がより楽になることが期待できます。治療効果を検証しながら、慎重に導入していきたいと思います。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):ISCT研修会

インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド