follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/【ウェブサイト】

職種により歯周病リスクに差:岡山大 3390人を追跡調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016110602.jpg

画像:2016.11.4 朝日新聞より引用

 糖尿病喫煙習慣不十分な歯みがきにより、歯周病が進行するリスクは増加します。岡山大病院予防歯科の入江浩一郎講師らの研究によると、職種によっても歯周病にかかりやすくなることがあるそうです。
 生産・労務・販売・運輸・通信の仕事をされている方は、専門的技術的職業よりも2倍以上歯周病になりやすいとのことでした。上記職業の方はぜひ歯科医院で定期健診を受けましょう!

2016.11.4 朝日新聞より引用
 岡山大病院予防歯科の入江浩一郎講師らは、2001年4月から02年3月の間に名古屋市で歯科検診を受けた人で、その時点で①歯周病がない②歯が20本以上ある③職に就いている――という条件を満たす成人3390人を対象に、約5年後の状況を調べた。すると、男性の32%、女性の24%が歯周病になっていた。

 このデータを職業別に解析し、これまでの研究で歯の病変が少ないと報告されている「専門的・技術的」な職の人を基準として比較。その結果、男性では生産・労務、販売、運輸・通信の3分野で働く人が2・39~2・74倍、歯周病になりやすいことが分かった。女性では、職業別の差は出なかった。

 入江さんは「歯周病リスクが高い職種では、定期的な歯科検診が重要でしょう」と話す。女性は職業にかかわらず、口の衛生に関心が高いため差が出なかったとみている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる:スウェーデン・ウプサラ大学

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016021801.jpg

歯周病と全身疾患

 近年、歯周病と動脈硬化・心疾患、糖尿病などの関連を示す研究が発表されてきました。その原因として口腔内細菌が血管に侵入し全身に悪影響を与えている、または口腔内の炎症によってできる炎症性物質(サイトカイン)が全身に悪影響を与えていると考えられてきました。

歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる

 昨年12月、「歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる」という研究結果がスウェーデンのウプサラ大学から発表されました。今回の研究では、心血管疾患の既往のある患者15,456人に歯の本数を自己申告してもらい、3.7年間経過観察しました。

 その結果、歯がない人歯が26−32本ある人と比較して以下のリスクが有意に高かったとのことでした。

・心血管疾患による死亡、死に至らない心筋梗塞、死に至らない脳梗塞を合わせたもの(主要アウトカム)は1.27倍
・心血管疾患による死亡は1.85倍
・すべての原因による死亡は1.81倍
・脳卒中は1.67倍

 また歯の喪失レベル(26-32本, 20-25本, 15-19本, 1-14本, 0本)が上がるごとに、これらのリスクは増加したとのことです。

予防が大切

 歯がない人には歯周病も存在しません。このため、歯がない人が心血管疾患のリスクが高くなるのはおかしな気もしますが、歯があって歯周病だった時期に血管が脆くなってしまったのかもしれませんね。

 いずれにしても、歯を失わないためにはセルフケア(ご家庭での歯みがき)プロフェッショナルケア(歯科定期健診)が大切です。年に数回お近くの歯医者さんを受診しましょう!


【関連記事】




このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

『口腔内のむし歯菌』と『微小脳出血』との関連を解明:国立循環器病研究センター

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016021402.jpg

 近年、むし歯や歯周病の原因となる口腔内の細菌が血管に侵入し脳や心臓など全身の病気を引き起こすのではないかという研究が多く報告されています。
 先日、国立循環器病研究センター(略称:国循)がむし歯菌(ミュータンス菌)と脳卒中の発症率の関係を明らかにしたと発表しました。脳卒中で国循に入院した患者さんのだ液に含まれるむし歯菌の遺伝子を調べたところ、血管の傷口に集まって血小板の止血作用を阻害する性質を持つむし歯菌の株が検出された患者さんは、脳出血を発症している割合が高かったそうです。
 このため口腔内のむし歯菌を減らすことにより、脳出血等の予防につながる可能性があるとのことです。
 お近くの歯科医院で定期的に健診・クリーニングを受けて健康なお口とからだを維持しましょう!

国立循環器病研究センター プレスリリース 2016年02月5日より引用
2016021401.jpg
【脳と口の濃厚な関係(脳口連関)】
むし歯の原因菌として知られている細菌(いわゆるミュータンス菌)のうち、血管壁のコラーゲンと結合することで血管の傷口に集まって血小板の止血作用を阻害する性質を持つcnm遺伝子保有株が、脳内で炎症を引き起こし脳出血の発症に関与することを明らかにしました。
【今後の展望】
今回、ミュータンス菌と脳出血との関係を明らかにできたことは、脳卒中の新たな予防法の開発に寄与するものと考えています。今後、日常の口腔清掃や歯科治療によってミュータンス菌など口内細菌の量を減少させることや、医療の現場で病原性の高い細菌を選択的になくすような方法を確立することで、脳出血等の予防につながる可能性があります。脳血管・脳神経内科と歯科が連携し、いわば「脳口連関」を明らかにすることで脳卒中などの重篤な疾患の予防法・治療法に寄与する可能性を念頭に置き、研究開発を継続していきます。

【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

ノンシュガー飲料、スポーツドリンクが虫歯の原因に:メルボルン大学

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2015121702.jpg

 ノンシュガー飲料、スポーツドリンクは健康に良く、虫歯にもならないとお考えの方は多いのではないでしょうか? 

 ところが、炭酸、クエン酸、リンゴ酸などの酸を含む飲料はお口の中を酸性にします。pHが5.5以下になると歯の表面のエナメル質が溶け出すため、砂糖が入っていなくても酸性飲料を長時間・頻繁に摂取すると虫歯(酸蝕)になりやすくなります。

 メルボルン大学口腔衛生学共同研究センターで、23種類のノンシュガー飲料、スポーツドリンクに人間の歯を浸し、表面のエナメル質にどのような影響があるかの実験が行われました。

ORAL HEALTH CRC より引用

pH 

溶解質量  

(mg/mm2 )

表面溶解深度

(μm)

砂糖あり 炭酸飲料

2.72 ± 0.32 

0.57 ± 0.22

4.18 ± 2.10

砂糖なし 炭酸飲料

2.97 ± 0.11 

0.40 ± 0.10

4.46 ± 1.55

スポーツドリンク

3.24 ± 0.05 

0.33 ± 0.10

2.37 ± 0.96

ミルクドリンク

6.69 ± 0.04 

0.01 ± 0.03

0.07 ± 0.13


 その結果歯の表面を溶かす作用は、砂糖が入っている炭酸飲料と入っていないものの間に差がないことがわかりました。

 また、今回調査した飲料の多くに複数の酸が含まれており、pHが低かったそうです。著者らはこれらの飲料のほとんどは酸蝕を引き起こす可能性があると述べています。

 そこでオーストラリア歯科医師会では酸性飲食料から歯を守るために、以下の様なことを勧めているそうです。

・食事と食事の間に水を飲みましょう

・酸性飲料を摂った後は水で口をすすぎ、歯みがきは1時間たってから

・ソフトドリンク、フルーツジュース、スポーツドリンクを飲み過ぎない

・酸性飲料を飲むのは、食事時に

・ノンシュガーのガムをかみましょう ー これによりだ液の分泌が増え、酸を洗い流して、歯の表面の再石灰化が期待できます

・歯医者さんで定期健診を受けましょう
photo credit: refreshing license

【関連記事】

酸性食品で歯が溶ける 酸蝕症予防のための4つのポイント

酸蝕症:意外な食品で歯が溶ける

予防歯科カテゴリのブログ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

糖尿病患者はそうでない人に比べ、2倍歯を失う:米国民健康栄養調査 (NHANES)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 アメリカの国民健康栄養調査 (NHANES) の1971年 - 2012年の40年間のデータを利用した分析により、糖尿病の成人はそうでない成人に比べて歯の喪失が2倍多いことがわかりました(Huabin Luo et al. 2015)。

2015121002.jpg

グラフ:歯の喪失本数 NHANES 1971-2012. (Huabin Luo et al. 2015

 1本以上の歯のある25歳以上の37,609人を母集団として、アメリカの成人の歯の喪失の傾向を糖尿病罹患の有無、人種、調査期間により解析したところ、以下のことがわかりました。

① 40年間に糖尿病の有無、人種に関わらず歯の喪失が減少した。

② 40年間を通して糖尿病患者では、そうでない人に比べ歯の喪失本数がおよそ2倍であった。

 糖尿病は歯周病のリスクであるだけでなく、逆に歯周病も血糖値のコントロールに影響を与えている可能性があります。糖尿病の患者さんは毎日の口腔ケアを徹底し、定期的な歯科健診も受けましょう! 


【関連記事】

元気なからだは日頃の口腔ケアから

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの説明動画

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病の相互関係

あなたは大丈夫? 歯周病セルフチェック

歯周病の再発を防ぐにはSPT(歯周メインテナンス治療)が大切!!

歯科健診(検診)カテゴリの記事

歯周病と全身疾患カテゴリの記事

歯石除去症例カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド