follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・再生療法

エムドゲインを用いた歯周再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2017 / 5 / 26 は私の症例発表でテーマは「エムドゲインを用いた歯周再生療法でした。

2017053101.jpg2017052902.jpg2017052905.jpg

 歯周再生療法とは、歯周病により失われた歯の支持組織を再生させる治療法で、エムドゲインは再生を促す薬剤です。今回のプレゼンテーションでは、歯みがき指導や歯石除去(歯周基本治療)をしても炎症の改善しない歯周病症例で、歯周外科時にエムドゲインを応用した患者さんの経過を報告しました。

 討論では、症例の骨欠損形態により骨移植や再生膜をどのように併用するか、再生療法の結果に差があるのはなぜか、などが議論されました。


【関連記事】

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病症例カテゴリの記事

歯石除去症例(写真・画像あり)

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

日常臨床における再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2017031203.jpg

画像:エムドゲインを用いた歯周再生療法(篠田歯科症例)

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2017 / 3 / 10 は新宿区でご開業の冨岡栄二先生をお招きして「日常臨床における再生療法 - Back to Basics -」というテーマでご講演いただきました富岡先生は東京医科歯科大学をご卒業後、歯科の研究では世界でトップクラスのスウェーデン イエテボリ大学の歯周病科に留学されています。

 歯周組織の再生療法には骨移植、組織誘導再生療法(GTR法)、成長因子などを含む薬剤を用いるもの(エムドゲイン、リグロスなど)があります。今回のご講演では、歯周再生療法の歴史、それぞれの手法の単独・組み合わせにおける効果の評価、顕微鏡を用いた低侵襲の術式などの文献をまとめてご解説いただきました。

 また後半では、ご自身の再生療法の長期経過症例を数多くご紹介いただき、文献のレビューだけでは得られない実践的な知見もご教示いただき、大変勉強になりました。


【関連記事】

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病症例カテゴリの記事

歯石除去症例(写真・画像あり)

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周再生療法を行った症例の20年経過

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2017 / 3 / 3は論文抄読会でテーマは「歯周再生療法の長期経過でした文献)。

歯周基本治療

2011120301.jpg

非外科的な歯根面清掃:日本歯科医師会 歯周病説明用画像

 歯周病の治療では最初に歯みがき指導や歯石取りなどを行い、歯の周囲の汚れを徹底的に取り除きます(歯周基本治療)。一般的にこれだけで歯周組織には大きな改善が見られますが、深い歯周ポケットから出血が見られるなどの兆候が残っている場合には歯周外科手術を行うことがあります。

歯周外科手術

2017030504 copy.jpg2017030505 copy.jpg
 歯周外科手術には、深い歯周ポケットの歯肉を切開して根面の歯石の除去を行うフラップ手術と、歯石の除去に加えて歯周病で失われた歯周組織を再生させる歯周再生療法があります。歯周外科手術を行うことで失われた歯と歯肉の付着が回復されますが、その付着の獲得量のフラップ手術と歯周再生療法の短期的な結果の差は1mm程度であるとされてきました。

歯周再生療法の20年経過

2017030502 copy.jpg
画像:Cortellini et al. 2017 より改変引用

 今回の文献は、フラップ手術と歯周再生療法の長期(20年)的な結果を比較した研究でした。45人の骨欠損を伴った深い歯周ポケットを持った患者さんを15人ずつ無作為に、フラップ手術・歯周再生療法・改良型歯周再生療法の3グループに分けて歯周外科手術を行い、その後20年間メインテナンスを行い経過を追いました。

2017030503 copy.jpg

画像:Cortellini et al. 2017 より改変引用

 歯周外科治療の1年後の歯と歯肉の付着の量は、改良型再生療法・再生療法フラップ手術の順で多く回復されました。その後の20年間のメインテナンス期間中に付着が失われた量は平均で、改良型再生療法 0.1mm・再生療法 0.5mmであったのに対してフラップ手術は1.7mmの付着が失われました(統計学的有意差有)。また20年間で、改良型再生療法・再生療法のグループは歯の喪失が無かったのに対し、フラップ手術のグループは2本の歯が抜けてしまいました。

まとめ

 これまでフラップ手術と歯周再生療法の結果は、短期的な付着の獲得量の差が1mm程度であることがわかっているだけで、長期的な安定性や歯が抜けないで残るのかについては比較できませんでした。
 今回の研究の結果から、歯周再生療法を行うことでフラップ手術よりも長期的に歯周病の再発が少なく、経過が安定していることがわかりました。


【関連記事】

歯周外科:なぜ必要?

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

喫煙者に歯周再生療法を行った結果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016110600.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 11 / 4 は論文抄読会でテーマは「歯周再生療法に対する喫煙の影響でした文献)。

 通常歯周病の治療をする際、喫煙習慣のある患者さんには禁煙をお願いします。喫煙者は歯周病になりやすく、歯周治療をしても治りにくいからです。

 それでは実際に喫煙者に歯周再生療法を行うと結果はどうなるのでしょうか?今回の文献歯周再生療法に対する喫煙の影響」を調べたシステマティック・レビュー論文(過去に出版された文献をくまなく調査し、バイアス・データの偏りを限りなく除き分析を行うこと)でした。

 歯周再生療法における喫煙者と非喫煙者の治療結果を比較した研究を、論文のデータベースから10本見つけ出し分析がなされました。また研究手法が類似した3本の論文では、これらのデータを統合して分析し直すメタアナリシスが行われました。

2016110601.jpg

 その結果は以下の通りでした

① 喫煙は歯周病治療後の骨再生にネガティブな影響があった。

② 歯周再生療法(GTR法)を行った喫煙者は非喫煙者よりも骨の再生量が平均2.05mm少なかった。

 今回の文献で取り上げたほとんどの研究で、再生療法による骨の再生量の平均は 2 - 4 mmほどだったので、その内の2.05mm再生が少ないということは非常に大きな影響と言えます。歯周治療の中でも外科処置のような体に対する負担の大きい治療を受ける際には、禁煙は必須であると言えるでしょう。


【関連記事】

ヘビースモーカーは歯周病に5倍以上なりやすい!:米国全国健康・栄養調査

歯周病リスク、受動喫煙が喫煙より高い数値- 国がんなどの研究

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

再生療法: 成長因子と骨移植材

5年以内に実用化へ!? 歯根膜細胞シートによる歯周組織再生療法

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

血小板由来成長因子と人工骨移植を併用した歯周再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 10 / 14は論文抄読会でテーマは「血小板由来成長因子( PDGF )人工骨移植を併用した歯周再生療法でした文献)。

2016101601.jpg
画像1:Nevins et al. 2013 より引用

 現在一般的に行われている歯周組織の再生療法には、再生膜成長因子等、骨移植を用いる方法とこれらを組み合わせて用いる方法があります。今回の文献は血小板由来成長因子(PDGF)と骨移植材(β-TCP)を併用した研究で、GEM21という製品名で販売されています。 

 今回の研究は135人の患者さんの骨欠損(画像1)に

骨移植材単独

骨移植材と0.3mg/mlのPDGF

骨移植材と1.0mg/mlのPDGF

のいずれかを充填し、3年間の経過を調べたものでした。

2016101602.jpg

画像2:Nevins et al. 2013 より引用

 その結果(画像2) A. 歯周ポケットの減少、B. 歯肉の付着の増加、C. 骨欠損に骨が満たされた割合、D. 骨の増加のいずれも、②骨移植材と0.3mg/mlのPDGFの併用(青色の折れ線)が最も良い値で、持続的な改善が観察されました。


【関連記事】

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

再生療法: 成長因子と骨移植材

5年以内に実用化へ!? 歯根膜細胞シートによる歯周組織再生療法

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3  4
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド