follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・メインテナンス

長期来院につながるメインテナンスを目指して:東京医科歯科大学歯科同窓会臨床懇話会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 東京医科歯科大学歯科同窓会中野支部では学術委員として、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 15 は、日本歯周病学会指導医で中野区でご開業の景山正登先生をお招きして、歯周病のメインテナンス(定期健診)についてご講演いただきました。

歯周病のメインテナンスとは

2016031801.jpg
 歯周病のメインテナンスとは歯周病治療後に健康な状態を維持するための治療です。具体的には定期的に歯科医院に来院していただき、みがき残しの確認と歯磨き指導歯周ポケット検査歯石の除去などを行います。

歯周病のメインテナンスはどうして必要?

2016031704.jpg

 歯周病治療後の患者さんにおいてメインテナンスが行われない場合、 歯周病の再感染や進行のリスクが高くなります。景山先生が挙げられた文献のひとつ、Beckerら(1979, 19841984)によると歯周病患者の長期の追跡調査により以下のようなことがわかったそうです。

①歯周病と診断されて治療を受けなかった人は1年あたり0.36本の歯を失った

②歯周病と診断されて治療を受けたが、メインテナンスは受けなかった人は1年あたり0.22本の歯を失った

③歯周病と診断されて治療を受け、メインテナンスも受けた人は1年あたり0.11本の歯を失った

つまり、歯周病治療を受けた②と③でメインテナンスを受けなかった②は、メインテナンスを受けた③の2倍の速さで歯を失ったという結果になりました。厚生労働省 e-ヘルスネットでも同じ文献を挙げて歯周メインテナンスの必要性を訴えています。

 このため講演では、長期来院につながるような患者さんにとって魅力あるメインテナンスを行うには、どのようにコミュニケーションをとればよいのかについて症例を挙げながらご説明いただきました。


【関連記事】

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

1. メインテナンスの効果1. メインテナンスの効果. メインテナンスの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

奥歯(複根歯)の寿命に影響を与える3つの因子

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 1 / 16 は論文抄読会でテーマは「根分岐部病変」でした文献1文献2)。

2015012501.jpg

 1つ目の文献は「複根歯の寿命に影響を与える因子」についての研究でした。上下顎の大臼歯は歯根が複数あり(複根歯)、根の分かれ目を根分岐部と言います。根分岐部まで歯周病が進行すると(根分岐部病変)そこにはトンネル状の空洞ができるため、歯周病菌が繁殖しやすくなり歯を失うリスクになります。

 今回の研究はスイスのベルン大学を受診した、歯周病患者172人の1300本の複根歯を治療後、平均11.5年間メインテナンスして、その間に抜歯になった339本に共通した因子を調べたものでした。

 その結果、奥歯(複根歯)を失いやすい条件(リスクファクター)は以下の3つでした。

・中程度以上の分岐部病変があること

・喫煙

・定期健診に来院しない

またすでに分岐部病変ができてしまった患者さんでも、禁煙して定期健診に通うことにより、歯を失うリスクが小さくなることがわかりました。

 歯周病の方は、ぜひ禁煙してお近くの歯医者さんで定期的に健診を受けてください!


【関連記事】

シニアの後悔第1位「歯の定期検診を受けていればよかった」: 雑誌プレジデント調査

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

歯周病の再発を防ぐにはSPT(歯周メインテナンス治療)が大切!!

根分岐部病変の治療:ルートセパレーション(歯根分割)

歯周病:根分岐部病変の治療

根分岐部病変の再生療法: エムドゲイン vs GTR

根分岐部病変へのエムドゲインの応用

根分岐部病変への対応

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 歯周病は歯みがき指導や歯石除去などの治療をして、歯周病菌をお口から追い出すことにより大きな改善が期待できます。しかし治療後に定期健診を受けないと、歯石が再付着したりみがき残しが多くなったりして再発のリスクが高まります。このため歯周病の治療を受けられた患者さんには、必ず定期健診をおすすめしています。

 厚生労働省の健康情報サイト e-ヘルスネットに歯科のメインテナンスに関する記事がありましたのでご紹介します。

2014101201.jpg
1. メインテナンスの効果

歯周治療の主な目的は、原因である歯周病原菌を減らすことであり治療終了時には歯周病原菌はかなり減っていると思われます。しかし時間が経つと磨き残しにより歯周病原菌が増えたり、咬み合わせの変化によって歯への負担が増えたりして、歯周病が再発しやすくなります。

Beckerらの研究によると歯周治療を行わなかった人たちは、1人につき5年間あたり1.8本の歯を失いました。そして歯周治療を行ったけれどメインテナンスを行わなかった場合は、1人につき5年間あたり1.1本の歯を失いました。歯周治療を行い、治療後もメインテナンスを行った人たちは1人につき5年間あたり0.5本の歯しか失いませんでした。上記の研究は調査対象や調査時期が異なるため単純には比較できませんが、メインテナンスは歯の保存に重要であることがわかります【表】。

3. メインテナンスの間隔

メインテナンスの間隔は、歯周病の重症度や歯みがきの状態などによって個別に決める必要があります。一般的に治療前の状態が悪かった場合や歯みがきがあまりできない場合は、1~3ヵ月ごとにメインテナンスを受けられる方がいいと思います。軽度の歯周炎だったり歯みがきが上手な方は、半年に一度のペースでも大丈夫な場合があります。歯科医師とよく話し合うことが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

3カ月ごとの歯科の検査で歯周病は食い止められる

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 歯周病の治療後には再発のリスクがあり、再発を予防するためにはご自身の歯みがき(セルフケア)と定期的な歯科医院での健診(プロフェッショナルケア)が欠かせません。もちろん定期健診に通っていても再発がゼロになるわけではありませんが、定期健診で歯周病の進行が見つかった場合には、早く適切な処置ができます。
 日経トレンディネットに歯科定期健診についての記事がありましたのでご紹介します。

2014100503.jpg
図:歯周ポケット内で嫌気性菌が増え、歯周病になる。自分では手入れの行き届かない歯周ポケットのケアには、プロの手を借りたい。3カ月ごとに歯科医院でチェックを受け、歯周ポケットの深さが改善されるように管理する。

 セルフケアに加えたいのが歯科医院での定期的なチェック。歯周病は「もの言わぬ病」と呼ばれ、症状がかなり進行するまで自覚症状はないことが多い。歯科医院でX線写真を撮ったり、歯周ポケットの深さを測ったりしない限り、早期に気づくのは難しい。

 「歯科医院に通う一番の目的は歯周ポケットの管理。歯周ポケット内に生息する菌は空気のない場所を好むので、ポケット内に新鮮な空気を入れたり、水で洗ったりするだけでも数が減り、良い結果が得られます」(齋藤さん)。

 だいたい3カ月ごとに歯科医院でチェックを受ければ、歯周病の進行を早めに食い止められる。歯周病は長期的に進行する病気なので、信頼できる医院を見つけ、継続的なケアを続けることが重要だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯の病気アメリカは"予防"、日本は"治療"が主流! パナソニック調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 11月8日のいい歯の日に合わせ、パナソニックが30代から50代のアメリカ男性ビジネスマン200人と日本男性ビジネスマン200人の合計400人を対象に行った「歯とオーラルケアに関する意識調査」の結果が公表されました。
 なんと、トラブルがなくても定期健診で歯医者に通院するアメリカ男性は76%に対し、日本男性は36%だそうです。また、虫歯経験のないアメリカ男性は25%であるのに対して日本男性は4.5%とのこと。アメリカ人は予防に努める人が多く、その結果も現れているということのようです。国民皆保険制度に向けてオバマさんが苦労されていますが、アメリカは医療にお金のかかる国であるだけに健康に対する関心も高いのでしょうか?


トラブルがなくても歯医者に通院するアメリカ男性76%、日本男性はたったの36%!

 「歯やお口の中の健康を保つために虫歯などのトラブルがなくても、歯医者に行く習慣があるか」と質問したところ、76%もの人が「はい」と回答。しかし同様の質問を日本男性に聞いたところ「はい」と回答したのはたったの36%でした。日本男性の通院の割合は、実にアメリカ男性の半数以下であることがわかりました。
2013111401.jpg

アメリカ男性の4人に1人は虫歯経験ゼロ、日本男性は20人に1人と圧倒的な差!

 アメリカ男性はオーラルケアに対しての関心が高く"予防"の意識も強いことから、なんと調査対象者の4人に1人が虫歯経験ゼロということがわかりました。しかし、その一方で虫歯大国・日本の日本男性は、虫歯は"治療"という意識が根付いていることから、虫歯経験ゼロの人も20人に1人という結果に。
2013111402.jpg

【関連記事】

定期歯科健診を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる:トヨタ関連健保組合など調査

歯周病の再発を防ぐにはSPT(歯周メインテナンス治療)が大切!!

歯周病治療後のメインテナンス(定期検診)は、なぜ必要?

中野区成人歯科健診 5歳児歯科健診 妊婦歯科健診 実施中!

スケーリング(歯石除去)症例(写真・画像あり)

歯石除去 症例写真: 篠田歯科 YouTubeチャンネル

定期的な歯石除去は心臓発作や脳卒中のリスクを下げる可能性

歯科健診(検診)カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド