follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・歯周病とインプラント

歯周病のコントロールとインプラント周囲炎の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


implant_02_clip_image001.gif

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2014 / 4 / 4 は論文抄読会でした。ふたつ目の文献は進行の速い歯周病(広汎型侵襲性歯周炎)におけるインプラント治療の経過に関する論文でした。十分にコントロールされていない歯周病の患者さんでインプラント治療をすると、歯周病菌がインプラント周囲に感染しインプラント周囲炎が起こりやすくなることが報告されています。今回の文献は広汎型侵襲性歯周炎という進行が速く、経過の良くない歯周病の患者さんと、健康な人で行われたインプラント治療の経過の違いの報告でした。

 今回の研究では35人の広汎型侵襲性歯周炎の治療を受けた患者さんと18人の健康な人にインプラント治療を行い5〜16年(平均8.25年)経過を観察しました。その結果、インプラントの生存率は健康な人では100%であったのに対し、広汎型侵襲性歯周炎の治療を受けた患者さんでは96%でした。また広汎型侵襲性歯周炎の治療を受けた患者さんでは健康な人よりも、インプラント周囲炎のリスクも高いという結果が出ました。今回の研究では、広汎型侵襲性歯周炎の治療を受けた患者さんは歯周炎のコントロール自体が難しく、天然歯の喪失も続いていました。インプラントの健康のためには歯周病のコントロールが大切であるということが改めて確認されました。


【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラント周囲炎にならないために:歯周病のメインテナンスとインプラント周囲炎の関係

インプラントの合併症:インプラント周囲炎への対応と予防策

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

インプラントの失敗症例から考えるリスクマネージメント

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

インプラント周囲炎とその治療法

インプラント周囲炎における感染の除去

インプラント周囲炎に対する再生療法

インプラント周囲炎カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラントの表面性状とインプラント周囲炎:その治療と予防

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 2013 / 8 / 23, 24, 25は所属するスタディーグループ救歯会の夏合宿に参加しました。毎年恒例のこの合宿では参加者全員がプレゼンテーションを行う他に、様々なテーマで数人がプレゼンテーションを行い討論する企画もいくつかあります。

 今年のそんな企画のひとつが「インプラント周囲の骨吸収」でした。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病になることがあります。このインプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎の治療

 私はインプラントの「粗い」表面性状により引き起こされるインプラント周囲炎についてプレゼンテーションしました。今回紹介した患者さんは、15年前に「粗い」表面性状のインプラントの埋入を受けていました。埋入から8年後にインプラント周囲粘膜が痛くなり、当院を受診されました。インプラント周囲炎で大きな骨吸収があったために、外科的にインプラントを清掃して現在までメインテナンスしている経過を報告し、インプラントの表面性状とインプラント周囲炎の関係について考察しました。
2013090101.jpg

インプラントの表面性状とインプラント周囲炎

 インプラントの表面性状はその粗さにより、「平滑」「やや粗い」「粗い」に分けられます。表面が「平滑」なものよりも「やや粗い」「粗い」ものの方が埋入手術後に骨結合しやすいため、現在「平滑」な表面性状のインプラントはほとんど販売されていません。
2013090102.jpg
 ところが、歯周病患者におけるインプラント治療の経過について過去に出版された多くの論文を分析したReview 論文によると、「平滑」「やや粗い」よりも「粗い」表面のインプラントで周囲骨の吸収、インプラントの喪失、インプラント周囲炎が多かったそうです。
2013090105.jpg

インプラント周囲炎の予防

 また同論文の結果で、歯周病患者であっても歯周病の治療を行い、「平滑」または「やや粗い」表面性状のインプラントを埋入し、定期的に歯科健診に通った患者さんでは、歯周病でない患者さんのインプラントと同じくらい良好な結果が得られたとのことでした。これらのことから歯周病患者のインプラント治療では、①インプラント治療前の徹底的な歯周炎のコントロール ②「平滑」または「やや粗い」表面性状のインプラントの使用 ③定期的な歯科健診 を行うことにより、治療を成功に導くことができるという結論が得られました。
2013090104.jpg

最後に

 今回はインプラント周囲炎のリスクファクターとして、①コントロールされていない歯周病 ②インプラントの「粗い」表面性状 ③歯科的メインテナンスの欠如 を挙げましたが、日本歯周病学会の「歯周病患者におけるインプラント治療の指針 2008」によると、糖尿病などの全身疾患、喫煙、インプラントへの過重負担もインプラント周囲炎のリスクに成り得ることが示されています。我々歯科医はこれらのリスクファクターを排除してから、インプラント治療を行うべきであると考えています。
2013090106.jpg

【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントの合併症:インプラント周囲炎への対応と予防策

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

インプラントの失敗症例から考えるリスクマネージメント

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

インプラント周囲炎とその治療法

インプラント周囲炎における感染の除去

インプラント周囲炎に対する再生療法

インプラント周囲炎カテゴリの記事

救歯会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013063002.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 6 / 28 は東京歯科大学臨床教授で中央区でご開業の二階堂先生の講演でした。

天然歯とインプラントのための硬・軟組織手術

 1つ目のテーマは「天然歯とインプラントのための硬・軟組織手術」でした。抜歯をした部位の骨や歯ぐきに凹みができて見た目が悪くならないように、抜歯直後に人工骨を移植して組織再生膜を設置した症例(リッジプリザーベーション)を紹介されました。

インプラント周囲炎

 2つ目のテーマは「インプラント周囲炎」。インプラント周囲炎の分類、病因、リスクファクター、歯周病との関連について論文のリビューをされました。歯周病はインプラント周囲炎のリスクを増大するため、インプラント治療の前には歯周病治療が必須であることと、インプラント治療後も定期的なメインテナンスが必要であることを再確認しました。

2013063004.jpg

 最後に歯周病患者で徹底的な炎症のコントロールをした後に、インプラント治療を行った症例を紹介されました。

 今回の勉強会はインプラント治療における歯周病専門医の役割を再認識することができ、大変有意義なものでした。


【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントの失敗症例から考えるリスクマネージメント

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

インプラント周囲炎とその治療法

インプラント周囲炎における感染の除去

インプラント周囲炎に対する再生療法

インプラント周囲炎カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012 / 1 / 8 米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナーに参加しました。

米国歯科大学院同窓会(JSAPD)は、米国の歯科大学院卒業者の親睦・情報交換・学術交流を目的として結成され、さらにヨーロッパ、オーストラリアなどの大学院卒業生も加わり、年1回の学術講演会を実施しています。

2012010801.jpg

会場は六本木ヒルズ49Fのアカデミーヒルズで眺めのいい会場でした。

今年のテーマは「インプラントの失敗に学ぶ」

5人の演者が症例を通してインプラントの失敗についての考察を発表しました。

2012010802.jpg

特に議論の中心になったのがインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)についてでした。歯周病患者は健常者よりもインプラント周囲炎のリスクが高いこと、インプラント治療に先立って歯周病治療が必要であることが複数の演者から提案されました。

今回のセミナーではインプラント治療における歯周病治療の重要性を再確認することができました。

【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

歯周病カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

学会・スタディーグループカテゴリの記事

歯周病患者のインプラント治療


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加させていただいています。隔週で症例検討会と論文抄読会をしております。

 2011/10/21は論文抄読会でテーマは「インプラント周囲炎の非外科的治療法」でした。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病(正確にはインプラント周囲炎)になることがあります。もしもインプラント周囲炎になった場合にはどんな治療法がより有効か?というのが今回のポイントでした。

2011102104.jpg 1つ目の文献はインプラント周囲粘膜炎の29症例で、炎症の原因である汚れを除去したのち消毒薬を使ってブラッシングしたグループと消毒薬を使わずにブラッシングしたグループの比較。どちらも症状は改善し、グループ間の改善度合いに差はありませんでした。

 インプラント周囲炎でもごく初期のものは、徹底的な清掃のみで良くなるようです。






2011102106.jpg 2つ目の文献はインプラント周囲炎の30症例で、インプラント周囲に左の写真のように研磨剤を噴射して清掃したグループと手用器具と消毒薬を用いて清掃したグループの比較。結果は両グループ同等に改善したが、BOP(ポケット測定時の出血)は、研磨剤を噴射して清掃したグループの方が少なかったというものでした。

 1つ目の論文とは違ってインプラントのネジ山が露出するほど周囲炎が進行すると、特殊な機器による清掃の方が効果的なのかもしれません。





Sahm N et.al  J Clin Periodontol. 2011 Sep;38(9):872-8 より


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド