follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・オールセラミック

ファイバーポストと金属ポストによる微小漏洩の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 4 / 17 は論文抄読会でテーマは「ポストの種類による微小漏洩の違い」でした文献)。

2015042104.jpg

画像:bioloren.com より引用改変

 虫歯などにより歯の頭の部分(歯冠)がなくなってしまった場合、歯の神経の穴(根管)に心棒(ポスト)を立てて土台(コア)を作ります。さらにこの上に銀歯やセラミックの被せ物(クラウン)を装着します。

2015042102.jpg

ファイバーポストを用いた支台歯

2015042101.jpg

オールセラミック・クラウン装着時

 今回の研究はポストの材質や製品の種類によって、根尖へのばい菌の侵入の原因となる微小漏洩(microleakage)に差があるかを調べたものでした。抜去された天然歯90本を10本ずつの9グループに分け、8種類のグラスファイバー製のポスト(ファイバーポスト)と1種類のステンレス製ポストを根管に接着しました。

 この9グループに漏洩試験を行ったところ、最も漏洩の大きかったのはステンレス製ポストを用いた根管でした。また、8種類のファイバーポストを用いた根管にはグループごとに漏洩の値にばらつきが大きく、中にはステンレス製ポストを用いた根管と有意差の無いグループもありました。

 この微小漏洩の差は、ポストが接着材とくっついて根管を封鎖できているかどうかの差であると考えられます。このことからファイバーポストでも種類によってよく接着するものと、そうでないものがあることが示されました。また、うまく接着しないポストは漏洩だけでなく、脱離や虫歯(2次う蝕)の原因になる可能性もあるため、ファイバーポストの製品は慎重に選ぶ必要があると感じました。


【関連記事】

オールセラミックカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

オールセラミック・クラウン(e.maxプレス)症例

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


【術前】
今回の患者さんは、「さし歯の根元が黒く見える」とのことでご相談をいただいた方でした。2014091413.jpg
【術後】
歯周病と虫歯の治療、ホワイトニングをした後、金属を使わずすべてセラミックでできたオールセラミック・クラウンを製作しました。
2014091412.jpg
【オールセラミッククラウン】
すべてセラミックでできているため、天然歯に近い自然な色と透明感が再現できます。
2014091411.jpg
【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

オールセラミック・クラウン(ジルコニアセラミック・クラウン)臼歯部インプラント症例

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


【術前】
今回の患者さんは虫歯で上顎の小臼歯をなくされた方でした。
2014091421.jpg
【インプラントとオールセラミック・クラウン】
患者さんは両側の歯を土台とするブリッジではなく、インプラント治療を希望されました。インプラント埋入・治癒後、型取りをしてオールセラミック・クラウン(インプラントとの接合部は金属)を製作しました。
2014091424.jpg
【術後】
両側の天然歯を削らず、自然な色調の歯が装着できました。
2014091423.jpg
【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

オールセラミック・クラウン(e.maxプレス):前歯部症例

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014081001.jpg
 今回ご紹介する患者さんは、以前に前歯を大きく削り神経を取って、レジン充填で修復された方でした。前歯が変色して、頻繁に修復部分が割れるとのことでご相談をいただきました。
2014081004.jpg
 歯の欠損部分が大きかったのと、全体が変色していたためオールセラミック・クラウン(e.maxプレス)で修復することをおすすめしました。オールセラミック・クラウンは金属を全く使わないために天然歯のような透明感と色合いが再現できます。
2014081003.jpg
(症例写真の掲載にあたり患者さんの同意をいただいております)


【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 今回は根が破折した歯を長期間放置したために、周囲骨が大きく吸収した症例です。根破折歯を抜去して、インプラント埋入と同時に人工骨の移植と再生膜を用いた骨誘導再生療法(GBR)を行いました。
2014030601.jpg
【左レントゲン】歯根周囲を取り囲む黒い影と、歯根にうっすらと破折線が見られます。
【中央写真】抜去歯の根の先近くまで破折線があります。
【右レントゲン】抜歯部に大きな骨の欠損が見られます。
2014030602.jpg
【抜歯部】頬側に歯肉の陥没が見られます。
2014030603.jpg
【手術時】頬側の骨に裂開が見られます。
2014030604.jpg
【インプラント埋入時】埋入したインプラントの頬側が大きく露出しています。
2014030605.jpg
【骨移植】インプラントの頬側に人工骨を移植して、再生膜を設置しました。(骨誘導再生療法:GBR)
2014030606.jpg
【2次手術時】6ヶ月後の2次手術時、裂開していた骨が再生しインプラントの頬側を覆っています。
2014030607.jpg
【インプラント治療前】頬側歯肉が陥没しています。
2014030608.jpg
【インプラント治療後】歯肉の陥没が改善し、インプラントの上にネジ止め式の歯を装着しました。ネジ穴は治療終了時に白い材料で封鎖します。

 このように骨の足りない部位でも骨誘導再生療法(GBR)を行うことにより、インプラント治療が可能になります。

【関連記事】






インプラント症例 カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3  4  5
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド