follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・メタルボンドクラウン

前歯部インプラント症例の審美性の改善

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 以前の記事で掲載した前歯部のインプラント治療の患者さんの仕上がりが少し気になっていたので、修正をさせていただきました。治療経過と今回の修正点をご紹介します。
 前歯の変色と違和感が気になるということで来院された患者さんでした。
2011071803.jpg
 レントゲンを撮影すると変色歯は、根が吸収していました。保存不可能と判断し、抜歯をして同時にインプラントを埋入しました。
2011071801.jpg

 治癒を待ってインプラントにクラウンを装着しました。
2011071808.jpg
 右側の天然歯の幅に対して、左側のインプラントのクラウンのためのスペースが広すぎたために、左右の歯の形と幅がアンバランスになってしまいました。
2011071809.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

定期的なメインテナンスが必要です! ホワイトニング後の経過

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 以前掲載したホワイトニングの患者さんが定期検診で来院されましたので、前回の記事とその後の経過をご紹介します。

【初診時】 左側の歯は以前に神経を取っており、変色が進んでいました。その他の歯も全体に白くしたいとのことでした。
IMGP0330.jpg
【初診時シェード】 当院ではホワイトニングをする場合や審美歯科治療をする場合、必ず色見本(シェードガイド)と一緒に写真を撮ります。歯の色の変化を正確に記録するためです。初診時の歯の色は色見本のA3とA3.5の中間ぐらいでした。
左側の歯は変色が強いため、さし歯で修復することにしました。
IMGP0331.jpg
【ホワイトニング終了時】 ホワイトニングにより歯の色は色見本のA1まで白くなりました。左側の歯はさし歯の土台用に形成し、型取りをしました。
IMGP0684.jpg【メタルボンドクラウン】 歯型をもとに、金属のキャップをセラミック(せともの)でコーティングしたメタルボンドクラウンを製作しました。IMGP0756.jpg
【終了時】 周囲の歯の色に合わせたメタルボンドクラウンを装着して終了です。
IMGP0758.jpg

【約2年後の写真】 定期的に来院していただいています。1年に1回数日間、後戻りした分だけホワイトニングしていただいています。
2013012403.jpg
 ホワイトニングした歯は色の後戻りがあります。1-2年後には天然歯はやや黄色くなりメタルボンドクラウンは変色しないので、両者に色の差が出ます。定期的にメインテナンスに通っていただき、1-2年に一度数日間だけ再度のホワイトニングが必要になります。

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

神経に達する虫歯の治療法: 根管治療とクラウンの装着

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012112904.jpg

 神経に達する虫歯がある場合、神経組織を除去して消毒する根管治療が必要になります。今回は根管治療とその後のかぶせもの(クラウン)の製作までの一連の治療の流れをご紹介します。

【症例】
神経に達する深い虫歯ができて、すでに神経組織は壊死していました。
2012121601.jpg
黄色い矢印の歯の後ろ側(画面左)の根元に神経に達する深い虫歯ができて、神経組織は壊死しています。根の先にはウミの溜まった黒いカゲが写っています。
2012121602.jpg
壊死した神経組織を除去して消毒しました。
2012121603.jpg
歯の周囲の歯石を除去して歯肉の炎症がおさまってから、歯をクラウンの土台の形に削って型とりをします。
2012121604.jpg
クラウンを装着したところ。強い力のかかる奥歯なので、セラミック・クラウンの中では比較的強度の高いメタルボンドクラウンを装着しています。
2012121606.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯を白くする! 3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 当院では「ホワイトニング希望」ということで来院される患者さんがよくいらっしゃいますが、ホワイトニングしなくても1回でより安く白くできる場合が多くあります。実は歯の着色・変色はその原因により白くする方法が異なります。今回は着色・変色の原因別に歯を白くする方法3つ【クリーニング】、【ホワイトニング】、セラミックによる修復をご紹介します。


【クリーニング】

歯の表面に汚れがついて着色している場合には、1回のクリーニングで見違えるように白くなります。ただし、汚れがついていない方の場合にはクリーニングしても白さは変わりません。

(症例)
Before
2012120201.jpg
After
2012120202.jpg
エアフローという方法でクリーニングした例です。ホワイトニングに比べて安く、1回の来院で歯が白くなります。


【ホワイトニング】

着色汚れがなく歯の本来の色が黄色い方は、クリーニングをしても白くはなりません。こういった場合には漂白剤を使うホワイトニングにより、歯を白くすることができます。

(症例)
Before
2012120203.jpg
After
2012120204.jpg
マウスピースとホワイトニング・ジェルを使って、ご自宅でホワイトニングをしていただいた例です。


セラミックによる修復

神経を取った歯が極端に変色した場合や、抗生剤の影響で歯が極端に変色した場合には、ホワイトニングをしても十分に効果が得られないことがあります。こういった場合にはクラウン、ラミネートベニアのようなセラミックの修復により歯の色を白くします。

(症例)
Before
2012120205.jpg
ホワイトニング後
2012120206.jpg
クラウン装着後
2012120207.jpg
ホワイトニングで歯を白くしましたが、1本だけ神経を取った歯が極端に変色していたためセラミック・クラウンで白い歯にした例です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

抜歯即時埋入 インプラント

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


前歯の変色と違和感が気になるという患者さんです。
2011071803.jpg
レントゲンを撮影すると変色歯は、根が吸収していました。抜歯をして、同時にインプラントを埋入することにしました。
2011071801.jpg
抜歯と同時にインプラントを埋めたところ。歯を抜くとその外側の骨は吸収するので、インプラントはやや深く、内側に埋入しています。
2011071807.jpg
治癒を待ってインプラントにクラウンを装着しました。
2011071809.jpg
レントゲン写真

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3  4  5  6  7
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド