follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/ ・AGCガルバノクラウン

ブラックマージンと歯間空隙の改善:ラミネートベニア AGCガルバノ・クラウン

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


初診時

前歯にすき間があり、左上(写真ではむかって右)1番目の歯の根元が黒く見えます。黒く変色した歯根が、歯肉の後退のために見えています。全体に歯のサイズが小さいため、歯列矯正ですき間を閉じるのは難しいと判断しました。そのため、できるだけ歯を削る量が少ない方法で修復することにしました。

005.jpg

支台歯形成・シェードテイク時

土台となる歯を削ったところです。右上1番目の歯は、表側のみ2mm弱を削るラミネートベニアで修復することにしました。左側はもともとクラウン(かぶせ物)が入っていたため、新しいクラウンにとりかえます。シェードガイド(色見本)とともに写真撮影し、新しい歯の色を決めます。

007.jpg終了時

前歯のすき間が閉じ、美しい歯並びができました。右上1番目の歯は、ラミネートベニアで、左側はAGCガルバノクラウンにとりかえています。006.jpg

その他の審美歯科症例


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド