follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/【歯周病】

エムドゲインを用いた歯周再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2017 / 5 / 26 は私の症例発表でテーマは「エムドゲインを用いた歯周再生療法でした。

2017053101.jpg2017052902.jpg2017052905.jpg

 歯周再生療法とは、歯周病により失われた歯の支持組織を再生させる治療法で、エムドゲインは再生を促す薬剤です。今回のプレゼンテーションでは、歯みがき指導や歯石除去(歯周基本治療)をしても炎症の改善しない歯周病症例で、歯周外科時にエムドゲインを応用した患者さんの経過を報告しました。

 討論では、症例の骨欠損形態により骨移植や再生膜をどのように併用するか、再生療法の結果に差があるのはなぜか、などが議論されました。


【関連記事】

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病症例カテゴリの記事

歯石除去症例(写真・画像あり)

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

日常臨床における再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2017031203.jpg

画像:エムドゲインを用いた歯周再生療法(篠田歯科症例)

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2017 / 3 / 10 は新宿区でご開業の冨岡栄二先生をお招きして「日常臨床における再生療法 - Back to Basics -」というテーマでご講演いただきました富岡先生は東京医科歯科大学をご卒業後、歯科の研究では世界でトップクラスのスウェーデン イエテボリ大学の歯周病科に留学されています。

 歯周組織の再生療法には骨移植、組織誘導再生療法(GTR法)、成長因子などを含む薬剤を用いるもの(エムドゲイン、リグロスなど)があります。今回のご講演では、歯周再生療法の歴史、それぞれの手法の単独・組み合わせにおける効果の評価、顕微鏡を用いた低侵襲の術式などの文献をまとめてご解説いただきました。

 また後半では、ご自身の再生療法の長期経過症例を数多くご紹介いただき、文献のレビューだけでは得られない実践的な知見もご教示いただき、大変勉強になりました。


【関連記事】

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病症例カテゴリの記事

歯石除去症例(写真・画像あり)

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周再生療法を行った症例の20年経過

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2017 / 3 / 3は論文抄読会でテーマは「歯周再生療法の長期経過でした文献)。

歯周基本治療

2011120301.jpg

非外科的な歯根面清掃:日本歯科医師会 歯周病説明用画像

 歯周病の治療では最初に歯みがき指導や歯石取りなどを行い、歯の周囲の汚れを徹底的に取り除きます(歯周基本治療)。一般的にこれだけで歯周組織には大きな改善が見られますが、深い歯周ポケットから出血が見られるなどの兆候が残っている場合には歯周外科手術を行うことがあります。

歯周外科手術

2017030504 copy.jpg2017030505 copy.jpg
 歯周外科手術には、深い歯周ポケットの歯肉を切開して根面の歯石の除去を行うフラップ手術と、歯石の除去に加えて歯周病で失われた歯周組織を再生させる歯周再生療法があります。歯周外科手術を行うことで失われた歯と歯肉の付着が回復されますが、その付着の獲得量のフラップ手術と歯周再生療法の短期的な結果の差は1mm程度であるとされてきました。

歯周再生療法の20年経過

2017030502 copy.jpg
画像:Cortellini et al. 2017 より改変引用

 今回の文献は、フラップ手術と歯周再生療法の長期(20年)的な結果を比較した研究でした。45人の骨欠損を伴った深い歯周ポケットを持った患者さんを15人ずつ無作為に、フラップ手術・歯周再生療法・改良型歯周再生療法の3グループに分けて歯周外科手術を行い、その後20年間メインテナンスを行い経過を追いました。

2017030503 copy.jpg

画像:Cortellini et al. 2017 より改変引用

 歯周外科治療の1年後の歯と歯肉の付着の量は、改良型再生療法・再生療法フラップ手術の順で多く回復されました。その後の20年間のメインテナンス期間中に付着が失われた量は平均で、改良型再生療法 0.1mm・再生療法 0.5mmであったのに対してフラップ手術は1.7mmの付着が失われました(統計学的有意差有)。また20年間で、改良型再生療法・再生療法のグループは歯の喪失が無かったのに対し、フラップ手術のグループは2本の歯が抜けてしまいました。

まとめ

 これまでフラップ手術と歯周再生療法の結果は、短期的な付着の獲得量の差が1mm程度であることがわかっているだけで、長期的な安定性や歯が抜けないで残るのかについては比較できませんでした。
 今回の研究の結果から、歯周再生療法を行うことでフラップ手術よりも長期的に歯周病の再発が少なく、経過が安定していることがわかりました。


【関連記事】

歯周外科:なぜ必要?

歯周再生療法:エムドゲインと人工骨移植の併用

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病治療におけるプロバイオティクス(乳酸菌)の効果は?:システマティックレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2017 / 2 / 3 は論文抄読会でテーマは「プロバイオティクスでした文献1文献2)。

プロバイオティクスとは?

2017020503.jpg

画像:バイオガイアジャパンHPより

 プロバイオティクスとは「適切な量で投与された場合に人間に健康上の利益を与える生きた微生物 (FAO/WHO 2001) 」のことで、最近はヨーグルトのテレビコマーシャルなどで耳にする言葉です。

 文献2は「歯周病治療にプロバイオティクスを併用するとどうなるか?」を調べた、システマティック・レビュー論文でした。過去の研究では、一般的な歯周病(慢性歯周炎)の治療に抗菌薬など薬剤を併用しても付加的な効果は無いことがわかっていました。

歯周病治療に乳酸菌は効果あり!?

2017020501.jpg

画像:バイオガイアジャパンHPより

 今回の研究では、プロバイオティクスを調べたランダム化比較臨床試験(RCT)であることや、慢性歯周炎患者の治療評価であることなどの条件で、過去に出版された文献をくまなく調査したところ、抽出された4つの論文のすべてがプロデンティスという錠剤の効果を試験したものでした。

2017020504.jpg

Martin-Cabezas et al. 2016より

 今回分析した4研究は、「通常の歯周病治療(SRP)後にL.ロイテリ菌という乳酸菌を含んだこのタブレットを1日2回、42日間〜1年間使用したテストグループ」と、「通常の歯周病治療(SRP)のみまたはプラセボ(偽薬)を併用したコントロールグループ」を比較したものでした。これらの研究のデータを統合して分析したメタアナリシスの結果は、テストグループはコントロールグループよりも統計学的に有意に結果が良かったというものでした。

まとめ

 一般的な歯周病(慢性歯周炎)治療に抗菌を併用しても付加的効果が無いのに、乳酸菌(プロデンティス)を併用すると付加的効果があったという驚くべき結果になりました。しかし、今回評価した研究が4つと少なかったため、今後同様な臨床試験の実施が望まれます。

 本当に効果があるかどうかを見極めるために当院ではまだ使用しませんが、通販で購入できて(少し高いですが)耐性菌の出現のような副作用もないので、興味のある患者さんは個人的に試してみてもいいかもしれません。


【関連記事】

歯周病は薬で治せないの?

特殊な歯周病に対する抗菌薬の使用の効果

侵襲性歯周炎の治療と抗菌薬:ISCT研修会

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

失った歯の数と動脈硬化が強く関連-歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性-京都大学

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2017010401.jpg
画像:京都大学HPより引用

 歯周病は糖尿病心疾患呼吸器疾患低体重児出産などさまざまな病気に関連していることが報告されています。今回京都大学のコホート研究により、失った歯の数と動脈硬化が強く関連することが示されました。歯周病の予防が動脈硬化を防ぐ可能性があるとのことです。

2016121704.jpg

 一般的な歯周病(慢性歯周炎)は、上手な歯みがき・デンタルフロスや定期的な歯科医院の受診により予防が可能です。お口の健康だけでなく、全身の健康のためにも、年に数回の歯科健診を受けましょう!

京都大学HPより引用
 本研究グループは、失っている歯の数と動脈硬化の程度が関連しているかを調査しました。具体的には、「ながはま0次予防コホート事業」の第一期調査において、参加者全員の歯科検診で確認した歯を失った数から、矯正治療や外傷などにより失われた歯の数を除き、歯周病などの口の中の持続的な炎症で失った歯の数を指標としました。また動脈硬化についてはCardio-Ankle Vascular Index(CAVI)を使って測定しました。失った歯の数とCAVIの関係を年齢、性別、Body Mass Index(BMI)、喫煙の既往、ヘモグロビンA1c、インスリンまたは糖尿病治療薬使用の有無を調整して解析しました。

 その結果、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることが分かりました。また、女性に比べると男性でその傾向が強いことも明らかになりました。歯周病など口の中の病気は、予防効果が非常に高いことで知られており、歯科医院での定期的なメンテナンスや歯の清掃指導などで失う歯の数を減らすことができます。口の中の病気の予防や治療は、口の中の状態を改善させるだけでなく、動脈硬化症を予防するためにもよい影響がある可能性が考えられます。

【関連記事】





このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド