follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ/【講演会】

包括的な審美治療 ― 東京医科歯科大学歯科同窓会 学術講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016100601.jpg

画像:中川雅裕先生プレゼンテーション資料

 2016 / 10 / 2 は、東京医科歯科大学歯科同窓会の学術講演会に参加しました。タイトルは「Comprehensive Dentistry - 審美治療 2人の Esthetique Japon -」で、講師は東京都でご開業の中川雅裕先生と兵庫県でご開業の米澤大地先生でした。

 講演内容はタイトルのとおり審美に主眼をおいた包括的な治療についてで、歯周外科、歯列矯正、セラミックによる修復、インプラント治療など多岐にわたりました。両講師とも多くの症例を提示され、そのどれもが機能的、審美的に改善され素晴らしいものでした。

 また、それぞれの症例の診断基準、治療計画が科学的な根拠に基づいた論理的なもので、大変勉強になりました。自身の臨床に取り入れるべき点がいくつも見つかり、収穫の多い一日になりました。

 

【関連記事】

広汎型慢性歯周炎の治療においてインプラント・矯正治療を行った症例

歯周治療に歯列矯正を併用した 重度広汎型侵襲性歯周炎症例:ISCT研修会

ホワイトニングとメタルボンド・クラウンの症例

オールセラミック・クラウン(e.maxプレス)症例

金属を使わないブリッジ:オールセラミックブリッジ(オールジルコニアブリッジ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

長期来院につながるメインテナンスを目指して:東京医科歯科大学歯科同窓会臨床懇話会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 東京医科歯科大学歯科同窓会中野支部では学術委員として、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 15 は、日本歯周病学会指導医で中野区でご開業の景山正登先生をお招きして、歯周病のメインテナンス(定期健診)についてご講演いただきました。

歯周病のメインテナンスとは

2016031801.jpg
 歯周病のメインテナンスとは歯周病治療後に健康な状態を維持するための治療です。具体的には定期的に歯科医院に来院していただき、みがき残しの確認と歯磨き指導歯周ポケット検査歯石の除去などを行います。

歯周病のメインテナンスはどうして必要?

2016031704.jpg

 歯周病治療後の患者さんにおいてメインテナンスが行われない場合、 歯周病の再感染や進行のリスクが高くなります。景山先生が挙げられた文献のひとつ、Beckerら(1979, 19841984)によると歯周病患者の長期の追跡調査により以下のようなことがわかったそうです。

①歯周病と診断されて治療を受けなかった人は1年あたり0.36本の歯を失った

②歯周病と診断されて治療を受けたが、メインテナンスは受けなかった人は1年あたり0.22本の歯を失った

③歯周病と診断されて治療を受け、メインテナンスも受けた人は1年あたり0.11本の歯を失った

つまり、歯周病治療を受けた②と③でメインテナンスを受けなかった②は、メインテナンスを受けた③の2倍の速さで歯を失ったという結果になりました。厚生労働省 e-ヘルスネットでも同じ文献を挙げて歯周メインテナンスの必要性を訴えています。

 このため講演では、長期来院につながるような患者さんにとって魅力あるメインテナンスを行うには、どのようにコミュニケーションをとればよいのかについて症例を挙げながらご説明いただきました。


【関連記事】

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

1. メインテナンスの効果1. メインテナンスの効果. メインテナンスの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療を再考する:中野区歯科医師会 学術シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016030603.jpg

 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 2 は中野区でご開業の杵渕孝雄先生、東京歯科大学教授の阿部伸一先生、大田区でご開業の石川明寛先生をお招きして、「インプラント治療を再考する」というテーマで学術シンポジウムを開催しました。

2016030602.jpg

 杵渕孝雄先生は「アパタイトインプラントの特徴とその臨床」というテーマでご自身が治験から携わられたAQBインプラントについてご講演されました。ご自身で治療された2,000本以上のインプラントの経過について紹介され、非常に高い成功率と万が一インプラント周囲炎が起こった場合の対処法についてお話しいただきました。



2014051802.jpg

 阿部伸一先生は「インプラントのための臨床機能解剖学」というテーマで、インプラント手術における事故が起こる可能性のある危険部位についてお話しいただきました。我々歯科医が大学や研修で勉強する解剖学は歯が残存している状態のものですが、歯を失うと顎骨は大きく吸収して動脈や神経などの位置を見誤り易くなります。インプラント治療を受ける患者さんは歯を失い、顎骨が大きく吸収している場合が多いため、講演では「顎骨が大きく吸収している多くの人体解剖写真を挙げて、事故の可能性についてご説明いただきました。

2016030701.jpg

 石川明寛先生には「ガイデッドサージェリーを用いたインプラント治療」というテーマでご講演いただきました。従来はCTスキャンを用いてインプラントの埋入計画を立て、インプラント手術をガイドするマウスピースは人の手で作られていました。ガイデッドサージェリーではCTスキャンデータを用いて、コンピュータ上で手術をガイドするマウスピースを設計し、自動で削り出します(CAD/CAM)。このマウスピースを用いてインプラントの埋入を行います。

 簡単に適正な位置にインプラントの埋入ができる様に思えますが、部位によってはマウスピースで決めた位置からインプラントの埋入位置がズレやすいこともあり、正しく用いるには熟練が必要とのことでした。

画像:ストローマンHPより


【関連記事】

インプラント治療におけるガイデッドサージェリー:ISCT研修会

インプラント手術を安全に行うための機能解剖学:中野区歯科医師会学術講演会

インプラント症例 カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

インプラント周囲炎カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯内療法:中野区歯科医師会学術講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 2 / 19 は埼玉県でご開業の渥美克幸先生をお招きして、「GPだからこそ歯内療法を!~超基礎から最先端まで~」というテーマでご講演いただきました。GPとは一般歯科医のことで、歯内療法とは歯の神経の穴(根管)を清掃・消毒する治療(根管治療)のことです。

2016022101.jpg

 渥美先生は歯科スタディグループJIADSの歯内療法コースの講師をされていて、講演ではJIADSの掲げる歯内療法の「5+1コンセプト」を基に診査診断や、根管治療の手法・薬剤、接着支台築造(ファイバーポスト)についての解説がありました。

2016022103.jpg

 また症例の提示では、歯内療法だけでなく歯周環境を整えるための外科処置を行った上で審美修復をされたケースを複数拝見し、大変参考になりました。


【関連記事】

歯ぐきに「おでき」はありませんか? フィステルの3つの原因と治療法

根管治療について

根管治療中に通院をサボると大変なことに!!:根管治療の成功率

虫歯の段階とそれぞれの治療法

神経に達する虫歯の治療法

神経が無いのに、どうして痛いの? 根尖性歯周炎

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

「エビデンスを超えるもの」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016011002.jpg 2016 / 1 / 10 はJSAPD(米国歯科大学院同窓会)の公開セミナーに参加しました。JSAPDは、米国の歯科大学院卒業者の親睦・情報交換・学術交流を目的として結成され、さらにヨーロッパ、オーストラリアなどの大学院卒業生も加わり、年1回の学術講演会を実施しています。

 今回のメインテーマは「エビデンスを超えるもの」でした。歯科を含めた医療の分野では科学的な根拠(エビデンス)に基づく医療が求められます。しかし日常の診療すべてにおいてエビデンスに基づく医療が当てはまるわけではありません。そのような局面においてどのようにその状況をとらえ"decision making"をするのか、各分野の専門医12名が講演しました。
2016011001.jpg
 JSAPDの公開セミナーは年々参加者が増え、今年は講演会場も昼食会場も満員でした。海外の情報を積極的に取り入れている、専門分野を持った先生方の講演は非常に有意義で、自身の仕事へのモチベーションになりました。


【関連記事】

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

「Interdisciplinary treatmentの実践」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット

 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
1  2  3
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド