follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯ぐきの後退の治療:VISTA法によるルートカバレッジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

歯肉退縮 歯ぐき さがった 後退 gingival recession ルートカバレッジ 根面被覆 root coverage VISTA 中野区東中野 歯周病専門医 篠田歯科

 今回ご紹介する患者さんは、「歯ぐきの後退を治したい」とのことで来院されました。歯ぐきの後退は歯周病の進行により起こることもありますが、今回の患者さんは歯みがきの時に力を入れすぎていることが、歯ぐきの後退の原因と思われる症例でした。

 今回はVISTA法(リンク先は外科動画、ご注意ください)という切開の少ない外科術式で治療しています。術前の写真の矢印の部位に歯ぐきの後退があり、治療する範囲が広かったため4回に分けて治療しています。

歯肉退縮 歯ぐき さがった 後退 gingival recession ルートカバレッジ 根面被覆 root coverage VISTA 中野区東中野 歯周病専門医 篠田歯科

 歯ぐきの後退の治療後、正面から見える範囲は概ね改善しています。奥歯では十分に根面被覆出来ていない部位もあったので、今後の課題にしたいと思います。

 これからは、柔らかめの歯ブラシで優しくみがいていただいて、メインテナンスしていきます。

【関連記事】

後退した歯ぐきをもとに戻す! ルートカバレッジ

歯肉退縮に対する適切な治療選択:天然歯とインプラント

エムドゲインを用いた歯周再生療法:ISCT研修会

歯周外科カテゴリーの記事

カテゴリー:・歯周外科, 【顕微鏡・マイクロスコープ】  日時:2018年2月20日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly