follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

がんについての啓発イベント:オレンジバルーンフェスタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

オレンジバルーンフェスタ 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

2017年11月11日(土)、12日(日)の2日間、がんについての啓発イベント「オレンジバルーンフェスタ」が帝京平成大学の学園祭「四季祭」において開催されました。中野区医師会と帝京平成大学が主催で、中野区歯科医師会も共催をしています。

私は「20代でがんになったら〜 医師・歯科医師・薬剤師・看護師によるディスカッション 〜」で口腔がんについてお話をさせていただきました。私は一般歯科医でがんの患者さんの治療経験は無いので、事前に東京歯科大学口腔外科の柴原孝彦教授に取材をさせていただき、ご提供いただいた資料と柴原先生が監修された日本歯科医師会の8020テレビを元にお話をさせていただきました。

口腔がん 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

口腔がんは、むし歯の鋭利な部分や不適合な入れ歯などで頻繁に粘膜が傷つけられていると発生することがあります。また、喫煙やアルコールの摂りすぎも口腔がんに関連するそうです。

口腔がん 中野区 東中野 歯医者 篠田歯科

一般の方には口腔がんと口内炎の見分けはつきにくいため、口内炎やお口の傷が2週間以上治らなかったら、歯科医院で診てもらった方がいいそうです。口腔がんが進行するとお口のしびれ、味を感じない、口が動かないなどの症状が出ることもあります。

当日は、その他に近年若年者の口腔がんが増えていること、がんの治療を受けると日常生活にどんな影響があるか、実際に20代で舌がんになった女性の例などをお話をさせていただきました。

虫歯や歯周病だけでなく、口腔がんの発見のためにも定期的に歯科健診を受けましょう。

 

【関連記事】

口内炎と間違えやすい:口腔がんについて

口腔・咽頭がんと口腔衛生の関係:米国全国健康・栄養調査

繰り返す口内炎、放置は禁物 重病が潜む危険も:日本経済新聞

予防歯科・定期検診カテゴリの記事

 

カテゴリー:【歯科医師会】, 【中野区】, 【講演会】  日時:2017年11月17日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly