follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

子供の歯磨き中の喉突き事故などに気を付けましょう! 国民生活センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2017022603.jpg 国民生活センターによると、平成22年12月から平成28年12月末までに、6歳以下の事故情報が139件報告され、そのうち3歳以下で124件となっているそうです。報告の中には、歯ブラシが口の中に刺さって入院するなどの事故も起きており、保護者の方は注意が必要です。

2017022602.jpg

事故を防ぐために

特に事故が多い1歳から3歳頃の子供が自分で歯磨きをする時は、以下のことに注意が必要とのことです。

国民生活センターより引用

①歯磨き中は、保護者がそばで見守り、床に座らせて歯磨きをさせましょう。
子供が、歯ブラシを口に入れたり歯ブラシを手に持ったりしたまま歩き回
ると、転倒してけがをする危険があるので、気を付けましょう。 
・ソファや椅子、踏み台など、転落するおそれのある不安定な場所での歯磨きは避
けましょう。
・転倒したり、家族などの人や物にぶつかったりしてけがをすることがあります。 
・歯ブラシを口に入れたり手に持ったりした子供の周囲の床などには、転倒する原
因になりやすい、クッション、布団、コードといった物を置かないようにしまし
ょう。 

②子供用歯ブラシは、喉突き防止カバーなど
の安全対策を施したもの
を選ぶようにしま
しょう。 

2017022605.jpg

③保護者が仕上げ磨きをする際は、子供用歯ブラシはきれいにする効果が不
十分なため、仕上げ用歯ブラシを使用しましょう。ただし、仕上げ用歯ブ
ラシは、喉突きなどの危険性が高いため、子供には持たせず、子供の手の
届かない場所に置きましょう。 

④歯ブラシだけでなく、箸やフォークなど、喉突きの危険性のある日用品も、
口に入れたまま歩いたり、走ったりさせないようにしましょう。

【関連記事】

乳歯のケガ 歯やお口のトラブル応急処置:日本歯科医師会動画

お母さんが知っておきたい! 乳歯の歯みがき法

6歳臼歯は虫歯になりやすい! 生えたばかりの歯のお手入れについて


お子さんの仕上げ磨き

カテゴリー:【歯の知恵袋】  日時:2017年2月28日

youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly