follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

長期来院につながるメインテナンスを目指して:東京医科歯科大学歯科同窓会臨床懇話会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 東京医科歯科大学歯科同窓会中野支部では学術委員として、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 15 は、日本歯周病学会指導医で中野区でご開業の景山正登先生をお招きして、歯周病のメインテナンス(定期健診)についてご講演いただきました。

歯周病のメインテナンスとは

2016031801.jpg

 歯周病のメインテナンスとは歯周病治療後に健康な状態を維持するための治療です。具体的には定期的に歯科医院に来院していただき、みがき残しの確認と歯磨き指導歯周ポケット検査歯石の除去などを行います。

歯周病のメインテナンスはどうして必要?

2016031704.jpg

 歯周病治療後の患者さんにおいてメインテナンスが行われない場合、 歯周病の再感染や進行のリスクが高くなります。景山先生が挙げられた文献のひとつ、Beckerら(1979, 19841984)によると歯周病患者の長期の追跡調査により以下のようなことがわかったそうです。

①歯周病と診断されて治療を受けなかった人は1年あたり0.36本の歯を失った

②歯周病と診断されて治療を受けたが、メインテナンスは受けなかった人は1年あたり0.22本の歯を失った

③歯周病と診断されて治療を受け、メインテナンスも受けた人は1年あたり0.11本の歯を失った

つまり、歯周病治療を受けた②と③でメインテナンスを受けなかった②は、メインテナンスを受けた③の2倍の速さで歯を失ったという結果になりました。厚生労働省 e-ヘルスネットでも同じ文献を挙げて歯周メインテナンスの必要性を訴えています。

 このため講演では、長期来院につながるような患者さんにとって魅力あるメインテナンスを行うには、どのようにコミュニケーションをとればよいのかについて症例を挙げながらご説明いただきました。


【関連記事】

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

1. メインテナンスの効果1. メインテナンスの効果. メインテナンスの効果

カテゴリー:【歯周病】, ・メインテナンス, 【東京医科歯科大学】, 【予防歯科・定期検診】, 【講演会】  日時:2016年3月18日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly