follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

長期来院につながるメインテナンスを目指して:東京医科歯科大学歯科同窓会臨床懇話会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 東京医科歯科大学歯科同窓会中野支部では学術委員として、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 15 は、日本歯周病学会指導医で中野区でご開業の景山正登先生をお招きして、歯周病のメインテナンス(定期健診)についてご講演いただきました。

歯周病のメインテナンスとは

2016031801.jpg
 歯周病のメインテナンスとは歯周病治療後に健康な状態を維持するための治療です。具体的には定期的に歯科医院に来院していただき、みがき残しの確認と歯磨き指導歯周ポケット検査歯石の除去などを行います。

歯周病のメインテナンスはどうして必要?

2016031704.jpg

 歯周病治療後の患者さんにおいてメインテナンスが行われない場合、 歯周病の再感染や進行のリスクが高くなります。景山先生が挙げられた文献のひとつ、Beckerら(1979, 19841984)によると歯周病患者の長期の追跡調査により以下のようなことがわかったそうです。

①歯周病と診断されて治療を受けなかった人は1年あたり0.36本の歯を失った

②歯周病と診断されて治療を受けたが、メインテナンスは受けなかった人は1年あたり0.22本の歯を失った

③歯周病と診断されて治療を受け、メインテナンスも受けた人は1年あたり0.11本の歯を失った

つまり、歯周病治療を受けた②と③でメインテナンスを受けなかった②は、メインテナンスを受けた③の2倍の速さで歯を失ったという結果になりました。厚生労働省 e-ヘルスネットでも同じ文献を挙げて歯周メインテナンスの必要性を訴えています。

 このため講演では、長期来院につながるような患者さんにとって魅力あるメインテナンスを行うには、どのようにコミュニケーションをとればよいのかについて症例を挙げながらご説明いただきました。


【関連記事】

歯科定期健診はどうして必要? 厚生労働省 e-ヘルスネット

1. メインテナンスの効果1. メインテナンスの効果. メインテナンスの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯科におけるデジタル化とオールセラミック修復:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 3 / 11 はボストン大学歯学部臨床教授の山本英夫先生をお招きして「歯科におけるデジタル化」と「歯科修復材料」についてお話しいただきました

歯科におけるデジタル化

2016031303.jpg

 従来の歯科治療では、

①歯を差し歯・詰め物の土台として削る

②歯型取り

③型に石膏を注いで模型を作る

④模型上で差し歯・詰め物を製作

上記の手順で歯科修復物を製作してきました。近年はセラミック修復物などにおいて④の工程をコンピュータ上で設計しコンピュータ制御の装置で製作(CAD/CAM)したり、②の型とりの代わりにデジタル機器で歯を撮影することにより、③石膏模型を作らず、④CAD/CAMで製作することができるようになりました。

 講演ではCAD/CAM修復物の適合精度や審美性、強度について、研究論文や症例を挙げてご説明いただきました。

歯科修復材料:ジルコニアは対合歯をすり減らす?

2016031305.jpg 後半は歯科修復材料、特にオールセラミック修復についてお話しいただきました。以前の審美歯科治療では、セラミックのみでは十分な強度が得られないために、金属のフレームをセラミックでコーティングした修復物が主に用いられてきました。近年では e.maxジルコニアなど強度の高いセラミックの登場により、金属を使わないオールセラミック修復が可能になりました。2016031304.jpg 興味深かかったのは、ジルコニアの対合歯(噛み合う相手の歯)のすり減りについてです。ジルコニアは非常に強度・硬度が高いので、対合天然歯をすり減らすのではないか?という疑問を持たれがちです。山本先生のグループは e.maxジルコニア、従来のセラミックを天然歯と60万回噛みあわせた後どのくらいすり減ったかを実験で調べました。その結果、ジルコニアは他の材料に比べて対合歯をすり減らせる量が著しく少なかったそうです(上写真グラフ)。その理由はジルコニアの粒子が細かいために、表面を削って荒くしてもその後研磨すれば、表面は非常になめらかになるためではないか?と考察されていました。
 その他にもオールセラミック修復における接着材についてなど、臨床の参考になるお話をたくさん伺うことができました。


【関連記事】

3Dプリンター(CAD/CAM)の歯科における応用:材料の収縮をデジタルに補正

ホワイトニングとメタルボンド・クラウンの症例

オールセラミック・クラウン(e.maxプレス)症例

金属を使わないブリッジ:オールセラミックブリッジ(オールジルコニアブリッジ)



オールセラミックカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療を再考する:中野区歯科医師会 学術シンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016030603.jpg

 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 3 / 2 は中野区でご開業の杵渕孝雄先生、東京歯科大学教授の阿部伸一先生、大田区でご開業の石川明寛先生をお招きして、「インプラント治療を再考する」というテーマで学術シンポジウムを開催しました。

2016030602.jpg

 杵渕孝雄先生は「アパタイトインプラントの特徴とその臨床」というテーマでご自身が治験から携わられたAQBインプラントについてご講演されました。ご自身で治療された2,000本以上のインプラントの経過について紹介され、非常に高い成功率と万が一インプラント周囲炎が起こった場合の対処法についてお話しいただきました。



2014051802.jpg

 阿部伸一先生は「インプラントのための臨床機能解剖学」というテーマで、インプラント手術における事故が起こる可能性のある危険部位についてお話しいただきました。我々歯科医が大学や研修で勉強する解剖学は歯が残存している状態のものですが、歯を失うと顎骨は大きく吸収して動脈や神経などの位置を見誤り易くなります。インプラント治療を受ける患者さんは歯を失い、顎骨が大きく吸収している場合が多いため、講演では「顎骨が大きく吸収している多くの人体解剖写真を挙げて、事故の可能性についてご説明いただきました。

2016030701.jpg

 石川明寛先生には「ガイデッドサージェリーを用いたインプラント治療」というテーマでご講演いただきました。従来はCTスキャンを用いてインプラントの埋入計画を立て、インプラント手術をガイドするマウスピースは人の手で作られていました。ガイデッドサージェリーではCTスキャンデータを用いて、コンピュータ上で手術をガイドするマウスピースを設計し、自動で削り出します(CAD/CAM)。このマウスピースを用いてインプラントの埋入を行います。

 簡単に適正な位置にインプラントの埋入ができる様に思えますが、部位によってはマウスピースで決めた位置からインプラントの埋入位置がズレやすいこともあり、正しく用いるには熟練が必要とのことでした。

画像:ストローマンHPより


【関連記事】

インプラント治療におけるガイデッドサージェリー:ISCT研修会

インプラント手術を安全に行うための機能解剖学:中野区歯科医師会学術講演会

インプラント症例 カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

インプラント周囲炎カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

3月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016022801.jpg

3月は以下のとおり休診させていただきます。

3 / 2(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

日曜、木曜は休診日です。


【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド