follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯科のレントゲン撮影に防護エプロンは必要? 日本歯科放射線学会防護委員会の指針より

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


歯科のレントゲン撮影に防護エプロンは必要?

 先日、東京医科歯科大学歯学部附属病院の放射線科の先生とお話しをする機会があり、その際に同科のパノラマエックス線撮影では防護エプロンは着用していないとのことをうかがいました。その根拠となる指針を日本歯科放射線学会防護委員会が2015年9月に発表しています。
 それによると、「口内法エックス線撮影(下の写真参照)では防護エプロンの装着は、患者の被ばく線量を低減するためというより、患者の心理面への配慮のため。パノラマエックス線撮影(下の写真参照)では、防護エプロンは使用しない方が良いと考えられている。」とのことでした。
 パノラマエックス線撮影では放射線は斜め上に照射されるため、放射線量を測定した実験では肩から下には放射線がほとんど当たらないとのことです。
【それぞれの撮影法における防護エプロンの使用】

1.口内法エックス線撮影
030077a.gif
 口内法撮影では、フィルム(CCD、IP等)を使用して標準的な全顎撮影を行う場合、前歯・犬歯・小臼歯・大臼歯を10~14の部位に分けて撮影する。撮影時の臓器線量は撮影部位とエックス線の照射方向(ビームの向き)によってかなり異なる。したがって、照射野が十分に限定されているとはいえ、撮影手技によっては防護エプロンを使用する意義はあると考えられる。しかし、EC(European Commission、欧州委員会)のガイドラインでは、必ず使用しなくてはならないとはされていない。防護エプロンの装着は、患者の被ばく線量を低減するためというより、患者の心理面への配慮のためと考えた方が適切である。

2.パノラマエックス線撮影
030077b.gif
 パノラマエックス線撮影法は、上向き5~10度のスリット状のエックス線を患者の頭部後方から入射させ、270度程回転させて歯顎顔面部を走査し、その展開像(総覧像、パノラマ像)を得る方法である。防護エプロンを使用しても、実質的な患者の線量低減効果はほとんどないとされている。一方、防護エプロンを不適切に装着した場合、防護エプロンの像が下顎前歯部に重複し、再撮影を余儀なくされる危険性がある。このため、防護エプロンは使用しない方が良いと考えられている。しかし、患者の心理面への配慮に基づいて装着する場合もある。
(写真は放射線利用技術データベースより転載)

患者の心理面への配慮とは?

 前述の大学病院の放射線科の先生によると、パノラマエックス線撮影で防護エプロンを使用しなくなって、不安を訴える患者さんが非常に多いそうです。多くの実験を元にした研究を根拠に防護エプロンは必要ないと結論づけられているのですが、社会的に周知されていないと患者さんは不安に感じるようです。
 以上のことから当院では、口内法エックス線撮影においてもパノラマエックス線撮影においても、当分の間防護エプロンの使用を続けようと思います。

【関連記事】

歯科でのレントゲン撮影の放射線量はどのくらい? 

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯内療法:中野区歯科医師会学術講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2016 / 2 / 19 は埼玉県でご開業の渥美克幸先生をお招きして、「GPだからこそ歯内療法を!~超基礎から最先端まで~」というテーマでご講演いただきました。GPとは一般歯科医のことで、歯内療法とは歯の神経の穴(根管)を清掃・消毒する治療(根管治療)のことです。

2016022101.jpg

 渥美先生は歯科スタディグループJIADSの歯内療法コースの講師をされていて、講演ではJIADSの掲げる歯内療法の「5+1コンセプト」を基に診査診断や、根管治療の手法・薬剤、接着支台築造(ファイバーポスト)についての解説がありました。

2016022103.jpg

 また症例の提示では、歯内療法だけでなく歯周環境を整えるための外科処置を行った上で審美修復をされたケースを複数拝見し、大変参考になりました。


【関連記事】

歯ぐきに「おでき」はありませんか? フィステルの3つの原因と治療法

根管治療について

根管治療中に通院をサボると大変なことに!!:根管治療の成功率

虫歯の段階とそれぞれの治療法

神経に達する虫歯の治療法

神経が無いのに、どうして痛いの? 根尖性歯周炎

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる:スウェーデン・ウプサラ大学

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016021801.jpg

歯周病と全身疾患

 近年、歯周病と動脈硬化・心疾患、糖尿病などの関連を示す研究が発表されてきました。その原因として口腔内細菌が血管に侵入し全身に悪影響を与えている、または口腔内の炎症によってできる炎症性物質(サイトカイン)が全身に悪影響を与えていると考えられてきました。

歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる

 昨年12月、「歯が少ない人ほど心血管疾患と死亡のリスクが高くなる」という研究結果がスウェーデンのウプサラ大学から発表されました。今回の研究では、心血管疾患の既往のある患者15,456人に歯の本数を自己申告してもらい、3.7年間経過観察しました。

 その結果、歯がない人歯が26−32本ある人と比較して以下のリスクが有意に高かったとのことでした。

・心血管疾患による死亡、死に至らない心筋梗塞、死に至らない脳梗塞を合わせたもの(主要アウトカム)は1.27倍
・心血管疾患による死亡は1.85倍
・すべての原因による死亡は1.81倍
・脳卒中は1.67倍

 また歯の喪失レベル(26-32本, 20-25本, 15-19本, 1-14本, 0本)が上がるごとに、これらのリスクは増加したとのことです。

予防が大切

 歯がない人には歯周病も存在しません。このため、歯がない人が心血管疾患のリスクが高くなるのはおかしな気もしますが、歯があって歯周病だった時期に血管が脆くなってしまったのかもしれませんね。

 いずれにしても、歯を失わないためにはセルフケア(ご家庭での歯みがき)プロフェッショナルケア(歯科定期健診)が大切です。年に数回お近くの歯医者さんを受診しましょう!


【関連記事】




このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

骨誘導再生療法(GBR)とルートカバレッジ(根面被覆治療):ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2016 / 2 / 12 は症例検討会で私の発表でした

 1つ目のテーマはインプラント治療における骨誘導再生療法(GBR)でした。歯を失った部位に人工歯根を埋入してもう一度歯を取り戻す治療をインプラント治療と言います。歯を失った原因が歯周病や歯根破折などの場合には、インプラント予定部位の骨が吸収してなくなっていることがあります。そうした時に骨移植や再生膜を用いて骨造成する方法を骨誘導再生療法GBR)と言います。

2016021301.jpg

 今回の発表では西堀歯科に勤務していた当時からの長期経過や、使用する骨移植材や再生膜、術式の変遷などについて報告しました。また、骨誘導再生療法のような外科処置のかわりに抜歯予定の歯を矯正移動(エラプション)させて骨と軟組織を造成し、インプラントを埋入した症例も報告しました。

2016021302.jpg

 2つ目のテーマはルートカバレッジ(根面被覆治療)でした。ルートカバレッジとは、病的に露出した歯根を外科的な手法で元の状態に戻す治療法です。どちらのテーマも4症例を報告しました。

2016021303.jpg2016021304.jpg

 骨誘導再生療法とルートカバレッジのどちらの治療法も歯肉、粘膜の取り扱いなど共通するテクニックがあり術式に関する議論が沢山ありました。また、技術的な改善点に関する指摘も多くいただき、大変勉強になりました。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

後退した歯ぐきをもとに戻す! ルートカバレッジ

ルートカバレッジ(根面被覆) 症例

歯周病カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

『口腔内のむし歯菌』と『微小脳出血』との関連を解明:国立循環器病研究センター

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016021402.jpg

 近年、むし歯や歯周病の原因となる口腔内の細菌が血管に侵入し脳や心臓など全身の病気を引き起こすのではないかという研究が多く報告されています。
 先日、国立循環器病研究センター(略称:国循)がむし歯菌(ミュータンス菌)と脳卒中の発症率の関係を明らかにしたと発表しました。脳卒中で国循に入院した患者さんのだ液に含まれるむし歯菌の遺伝子を調べたところ、血管の傷口に集まって血小板の止血作用を阻害する性質を持つむし歯菌の株が検出された患者さんは、脳出血を発症している割合が高かったそうです。
 このため口腔内のむし歯菌を減らすことにより、脳出血等の予防につながる可能性があるとのことです。
 お近くの歯科医院で定期的に健診・クリーニングを受けて健康なお口とからだを維持しましょう!

国立循環器病研究センター プレスリリース 2016年02月5日より引用
2016021401.jpg
【脳と口の濃厚な関係(脳口連関)】
むし歯の原因菌として知られている細菌(いわゆるミュータンス菌)のうち、血管壁のコラーゲンと結合することで血管の傷口に集まって血小板の止血作用を阻害する性質を持つcnm遺伝子保有株が、脳内で炎症を引き起こし脳出血の発症に関与することを明らかにしました。
【今後の展望】
今回、ミュータンス菌と脳出血との関係を明らかにできたことは、脳卒中の新たな予防法の開発に寄与するものと考えています。今後、日常の口腔清掃や歯科治療によってミュータンス菌など口内細菌の量を減少させることや、医療の現場で病原性の高い細菌を選択的になくすような方法を確立することで、脳出血等の予防につながる可能性があります。脳血管・脳神経内科と歯科が連携し、いわば「脳口連関」を明らかにすることで脳卒中などの重篤な疾患の予防法・治療法に寄与する可能性を念頭に置き、研究開発を継続していきます。

【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

今年度の中野区成人歯科健診は2月29日(月)までです

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2015060201.jpg

 中野区にお住まいの方で、平成28年3月31日現在、35歳から70歳の方は、200円で歯科健診が受けられます。
 受診券をお持ちの方は2/29まで受診できます、まだ受診されていない方は早めにご予約ください(成人歯科健診医療機関名簿)。(今年度の中野区成人歯科健診の申し込みは終了しています)

ー 中野区成人歯科健診の申し込み 中野区ホームページより ー 

対象:
平成28年3月31日現在、35歳から70歳の方 
検査内容:
問診・口腔内診査(歯肉、歯、あごなど)・だ液判定・咀嚼力判定・義歯の状況
受診期間:
平成27年6月1日(月曜日)から平成28年2月29日(月曜日)まで


【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

2月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2016012501.jpg

2月は以下のとおり休診させていただきます。

2 / 3(水)の 診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

日曜、木曜、祝日は休診日です。


【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド