follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

糖尿病患者はそうでない人に比べ、2倍歯を失う:米国民健康栄養調査 (NHANES)

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 アメリカの国民健康栄養調査 (NHANES) の1971年 – 2012年の40年間のデータを利用した分析により、糖尿病の成人はそうでない成人に比べて歯の喪失が2倍多いことがわかりました(Huabin Luo et al. 2015)。

2015121002.jpg

グラフ:歯の喪失本数 NHANES 1971-2012. (Huabin Luo et al. 2015

 1本以上の歯のある25歳以上の37,609人を母集団として、アメリカの成人の歯の喪失の傾向を糖尿病罹患の有無、人種、調査期間により解析したところ、以下のことがわかりました。

① 40年間に糖尿病の有無、人種に関わらず歯の喪失が減少した。

② 40年間を通して糖尿病患者では、そうでない人に比べ歯の喪失本数がおよそ2倍であった。

 糖尿病は歯周病のリスクであるだけでなく、逆に歯周病も血糖値のコントロールに影響を与えている可能性があります。糖尿病の患者さんは毎日の口腔ケアを徹底し、定期的な歯科健診も受けましょう! 


【関連記事】

元気なからだは日頃の口腔ケアから

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの説明動画

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病の相互関係

あなたは大丈夫? 歯周病セルフチェック

歯周病の再発を防ぐにはSPT(歯周メインテナンス治療)が大切!!

歯科健診(検診)カテゴリの記事


歯周病と全身疾患カテゴリの記事

歯石除去症例カテゴリの記事

カテゴリー:【歯周病】, ・歯周病と全身疾患, 【ウェブサイト】  日時:2015年12月11日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly