follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

12/31(木)から1/7(木)まで休診させていただきます:中野区 休日診療所一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2015121101.jpg

 今年も残すところあとわずかとなりました。年内の診療は12/30(水) 19:00 をもちまして終了いたします。また、新年は1/8(金)8:30 より診療いたします。

 休診中につめものが取れたり、歯が痛くなったりした場合は、恐れ入りますが中野区のホームページを参考に休日診療を受診して頂ますようお願いいたします。

  • 12月31日(木曜日・年末)の休日当番医・当番薬局

  • 1月1日(金曜日・祝)の休日当番医・当番薬局

  • 1月2日(土曜日)の休日当番医・当番薬局

  • 1月3日(日曜日)の休日当番医・当番薬局

  • 1月10日(日曜日)の休日当番医・当番薬局

  • 1月11日(月曜日・祝)の休日当番医・当番薬局

  • 1月17日(日曜日)の休日当番医・当番薬局

  • 1月24日(日曜日)の休日当番医・当番薬局

  • 1月31日(日曜日)の休日当番医・当番薬局 (中野区ホームページより転載)

  •  来年もよろしくお願いいたします。みなさま、良いお年をお迎えください。


    【関連記事】

    中野区のホームページ 休日・夜間診療

    篠田歯科休診カレンダー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     

    ノンシュガー飲料、スポーツドリンクが虫歯の原因に:メルボルン大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


    2015121702.jpg

     ノンシュガー飲料、スポーツドリンクは健康に良く、虫歯にもならないとお考えの方は多いのではないでしょうか? 

     ところが、炭酸、クエン酸、リンゴ酸などの酸を含む飲料はお口の中を酸性にします。pHが5.5以下になると歯の表面のエナメル質が溶け出すため、砂糖が入っていなくても酸性飲料を長時間・頻繁に摂取すると虫歯(酸蝕)になりやすくなります。

     メルボルン大学口腔衛生学共同研究センターで、23種類のノンシュガー飲料、スポーツドリンクに人間の歯を浸し、表面のエナメル質にどのような影響があるかの実験が行われました。

    ORAL HEALTH CRC より引用

    pH 

    溶解質量  

    (mg/mm2 )

    表面溶解深度

    (μm)

    砂糖あり 炭酸飲料

    2.72 ± 0.32 

    0.57 ± 0.22

    4.18 ± 2.10

    砂糖なし 炭酸飲料

    2.97 ± 0.11 

    0.40 ± 0.10

    4.46 ± 1.55

    スポーツドリンク

    3.24 ± 0.05 

    0.33 ± 0.10

    2.37 ± 0.96

    ミルクドリンク

    6.69 ± 0.04 

    0.01 ± 0.03

    0.07 ± 0.13


     その結果歯の表面を溶かす作用は、砂糖が入っている炭酸飲料と入っていないものの間に差がないことがわかりました。

     また、今回調査した飲料の多くに複数の酸が含まれており、pHが低かったそうです。著者らはこれらの飲料のほとんどは酸蝕を引き起こす可能性があると述べています。

     そこでオーストラリア歯科医師会では酸性飲食料から歯を守るために、以下の様なことを勧めているそうです。

    ・食事と食事の間に水を飲みましょう

    ・酸性飲料を摂った後は水で口をすすぎ、歯みがきは1時間たってから

    ・ソフトドリンク、フルーツジュース、スポーツドリンクを飲み過ぎない

    ・酸性飲料を飲むのは、食事時に

    ・ノンシュガーのガムをかみましょう ー これによりだ液の分泌が増え、酸を洗い流して、歯の表面の再石灰化が期待できます

    ・歯医者さんで定期健診を受けましょう
    photo credit: refreshing license

    【関連記事】

    酸性食品で歯が溶ける 酸蝕症予防のための4つのポイント

    酸蝕症:意外な食品で歯が溶ける

    予防歯科カテゴリのブログ記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     

    もう一度根管治療を見なおそう - 基本から最新の治療まで:ISCT研修会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


     毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 12 / 11 は東京医科歯科大学の鈴木規元先生をお招きして「もう一度エンドを見なおそう:基本から最新の治療まで」というタイトルで根管治療のお話をしていただきました

    2015121301.jpg

     根管治療とは、歯の中央にある神経・血管などの組織(歯髄)や汚染物質を除去して消毒する治療です。虫歯などで歯の神経が炎症を起こしたり、壊死した場合に根管治療を行います。また根管治療後の再感染のために、再根管治療を行うこともあります。

    2015121302.jpg

     最初に基本的な根管治療の手技の見直し、根管洗浄剤の種類と使用法のご説明がありました。歯の神経の穴(根管)の中は分岐や扁平な部分が多く、機械的な清掃で汚染をすべて取り除くことはできません。清掃器具が届かない部位は薬剤による洗浄が有効とのことでした。

    2015121303.jpg

     さらに、歯科用の顕微鏡を用いた根管治療や外科的治療(歯根端切除術)について、静止画・動画などを交えてご説明いただきました。顕微鏡を使った治療は、根管治療を含めた歯科治療で近年大きく進歩した分野で、参考になるポイントが沢山ありました。


    【関連記事】

    歯ぐきに「おでき」はありませんか? フィステルの3つの原因と治療法

    根管治療について

    根管治療中に通院をサボると大変なことに!!:根管治療の成功率

    虫歯の段階とそれぞれの治療法

    神経に達する虫歯の治療法

    神経が無いのに、どうして痛いの? 根尖性歯周炎

    ISCT研修会カテゴリの記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     

    糖尿病患者はそうでない人に比べ、2倍歯を失う:米国民健康栄養調査 (NHANES)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


     アメリカの国民健康栄養調査 (NHANES) の1971年 - 2012年の40年間のデータを利用した分析により、糖尿病の成人はそうでない成人に比べて歯の喪失が2倍多いことがわかりました(Huabin Luo et al. 2015)。

    2015121002.jpg

    グラフ:歯の喪失本数 NHANES 1971-2012. (Huabin Luo et al. 2015

     1本以上の歯のある25歳以上の37,609人を母集団として、アメリカの成人の歯の喪失の傾向を糖尿病罹患の有無、人種、調査期間により解析したところ、以下のことがわかりました。

    ① 40年間に糖尿病の有無、人種に関わらず歯の喪失が減少した。

    ② 40年間を通して糖尿病患者では、そうでない人に比べ歯の喪失本数がおよそ2倍であった。

     糖尿病は歯周病のリスクであるだけでなく、逆に歯周病も血糖値のコントロールに影響を与えている可能性があります。糖尿病の患者さんは毎日の口腔ケアを徹底し、定期的な歯科健診も受けましょう! 


    【関連記事】

    元気なからだは日頃の口腔ケアから

    歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの説明動画

    歯周病と糖尿病

    歯周病と糖尿病の相互関係

    あなたは大丈夫? 歯周病セルフチェック

    歯周病の再発を防ぐにはSPT(歯周メインテナンス治療)が大切!!

    歯科健診(検診)カテゴリの記事

    歯周病と全身疾患カテゴリの記事

    歯石除去症例カテゴリの記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     

    歯周補綴:臼歯部咬合崩壊と歯牙の保存について考える

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


    2015112601.jpg

     中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2015 / 11 / 27 は渋谷区でご開業の西堀雅一先生をお招きして、「歯周補綴:臼歯部咬合崩壊と歯牙の保存について考える」というテーマでご講演いただきました。

    2015120301.jpg

     重度に歯周病が進行し歯の支持組織が少なくなると、歯の動揺が増加し病的な移動が起こりやすくなります。このように重度歯周病で奥歯が倒れてかみ合わせが崩れた状態を、「臼歯部咬合崩壊」と言います。

     かみ合わせが崩れると、個々の歯には不適切な力(咬合性外傷)が加わり歯周病の進行を加速させると考えられてきました。このため臼歯部咬合崩壊症例では歯周治療後、歯列矯正で歯並びを元に戻し、動揺する歯を削って連結固定する「歯周補綴」が行われてきました。

     講演では臼歯部咬合崩壊を起こした重度歯周病症例の治療法に対する考え方の変遷について、多くの症例を挙げながらご説明がありました。特に咬合性外傷と歯周病の進行の関係を再検証し、よりシンプルで合理的な治療法を提案されていました。


    【関連記事】

    歯周治療に歯列矯正を併用した 重度広汎型侵襲性歯周炎症例 

    重度歯周病の症例 

    歯石除去症例(写真・画像あり)

    歯周病症例カテゴリの記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     

    12月の休診

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


    2015112501.jpg

    12月は以下のとおり休診させていただきます。

    12 / 2(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

    年末年始の休診は 12/31 から 1/7 までとさせていただきます。

    日曜、木曜、祝日は休診日です。


    【関連記事】

    篠田歯科休診カレンダー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
     

    Related Posts with Thumbnails

    ページの上部へ

     
    RSS登録はこちらからどうぞ
    rss1.jpg
    歯周病治療ガイド