follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病と関節リウマチ発症との相関を示す:京都大学

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
2015050302.jpg

 歯周病と全身の健康について様々な関連が指摘されていますが、京都大学の研究グループが歯周病と関節リウマチ発症の相関を示す研究を発表しました。
 関節リウマチ患者の約8割の血液中には、抗CCP抗体(血清マーカーの一種)が検出され、この抗体はしばしば関節リウマチの発症に先立って検出されるそうです
 今回、「歯周病菌の一種であるポルフィロモナス菌が関節リウマチの発症に先立って検出される抗CCP抗体の産生を引き起こし、ひいては関節リウマチの発症につながっているのではないか」という仮説を証明するために、約1万人の健常人を対象とした疫学調査、ながはまコホートのデータから抗CCP抗体の産生とその力価に歯周病罹患が相関することを示したとのことでした。

本研究の二つの成果

1. 約1万人の健常人を調査し、関節リウマチに特異度の高い抗シトルリン化蛋白抗体の産生とその力価に歯周病罹患が相関することを示しました。

2. 京大病院リウマチセンターを受診した未治療・未診断の関節痛患者72名の追跡調査により、歯周病をもつ関節痛患者は、歯周病のない患者に比較して、その後関節リウマチと診断され抗リウマチ治療を開始されるリスクが約2.7倍高くなることを示しました。

【関連記事】

カテゴリー:【歯周病】, ・歯周病と全身疾患  日時:2015年5月8日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly