follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

食後の歯みがきのタイミング : すぐみがく? 30分経ってから?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013012702.jpg
画像:東京医科歯科大学同窓会リーフレット「酸性食品と酸蝕症」より

 食事の後はすぐに歯みがきをした方がいいのでしょうか? 時間をおいてみがいた方がいいのでしょうか?

食後の歯みがきは30分経ってから?

2013020302.jpg
画像:東京医科歯科大学同窓会リーフレット「酸性食品と酸蝕症」より

 以前、当ブログの記事で東京医科歯科大学・歯学部長の田上順次先生の解説を紹介しました。それによると、歯みがきの習慣が定着している大人は食事の30分後に、子どもや口腔内に細菌の多い人は食後すぐに歯みがきをした方が良いということでした。


食後どのタイミングで歯を磨けばいいの?
歯 のエナメル質は、酸性の食物(糖分、フルーツ、酒類、酢など)によって口の中が酸性になると一時的に柔らかくもろい状態になります。この状態は、だ液に含 まれるミネラル成分によって約30分で再石灰化されますが、それまでに硬いものでこするとエナメル質を傷付ける恐れがあります。きちんと歯磨きが習慣と なっている人は、歯そのものを守ることを優先して食後30分経ってから歯磨きするほうがいいでしょう。ただし歯磨きの習慣が十分でない子どもや、歯周病が あるなど口中に細菌がたくさんいる状態の人は、まずは毎食後すぐの歯磨き習慣を付けることから始めましょう。

小児の食後の歯みがきはすぐに

 その一方で、日本小児歯科学会は「食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられた。」として、その根拠が酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験によるものであると指摘しています。

日本小児歯科学会提言 より引用

 実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。
 結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

日本歯科保存学会ステートメント

 また、日本歯科保存学会も歯みがきについて「食後の早い時間内に行うこと」というステートメントを発表しました。

日本歯科保存学会HP より引用
 食後の歯磨きについては、歯のう蝕(ムシ歯)予防の見地から、これまで一般的に推奨されてきた通り、食後の早い時間内に行なうことをお薦めします。ただし、酸性の強い飲料などの飲食物を摂った場合には、歯の酸蝕(酸によって歯の表面が溶けること)に留意して歯みがきすることをお薦めします。

 「酸性の強い飲料などの飲食物を摂った場合には、歯の酸蝕に留意して歯みがきする」とは、具体的に何を意味するのでしょうか?「時間をおいてみがく」ことなのでしょうか?

現在の酸蝕症の有無によってタイミングを

2013090501.jpg

 日本小児歯科学会日本歯科保存学会の両方の提言で「酸蝕」という言葉が出てきます。酸蝕症は上の写真のように、歯の表面の黄色っぽい部分(象牙質)がえぐれているのが特徴です。このような患者さんに酸性食品を頻繁に摂っているか質問すると、「心当りがない」と答える患者さんも多くいらしゃいます。酸蝕の起こりやすさには、個人差があるのかも知れません。このことから、大人においては「一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくい」とは必ずしも言えないと思います。

以上のことから酸蝕を考慮して、歯をみがくタイミングを私個人的まとめると

・子どもと口腔内に細菌の多い人は食後すぐに
・すでに酸蝕症の兆候のある人は食後30分おいて
酸蝕症の兆候のない人で酸性の強い食品を摂っていない場合は食後すぐに

と考えています。では、

・酸蝕症の兆候のない人が酸性の強い食品を摂った後は

難しいところですが、永久歯を生涯(70年以上)酸蝕症にしないためには食後30分おいてみがいた方がいいように思います。

参考サイト
日本小児歯科学会
日本歯科保存学会


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周治療と補綴治療のコラボレーション:JIADS講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 2015年4月20日に歯科スタディグループJIADSの講演会に参加してきました。講師は貴和会歯科診療所の水野秀治先生でした。

 講演の主旨は、「さし歯の製作(補綴治療)にとりかかる前に歯ぐきを後退させる外科処置(歯肉弁根尖側移動術)などの切除療法を適応することで、清掃性、組織安定性の高い歯周環境が整い補綴物の長期安定が期待できる。」というものでした。
 私も下の自身の症例のように歯肉弁根尖側移動術を行った部位では、長期に渡り歯ぐきの後退が起こりにくい様に感じています。

下の前歯で歯ぐきの下まで虫歯が進行した症例
2015042606.jpg
歯ぐきを外科的に後退させて健全な歯質を露出させた
2015042604.jpg
歯ぐきの治癒後に型とり、さし歯の製作
2015042607.jpg
さし歯の装着時
2015042602.jpg
術後経過:歯ぐきは安定し、後退は起こらない
2015042601.jpg
 しかしながら、前歯でこのような外科処置を行うと歯が長くなったり、歯と歯の間にすき間ができたり(歯間乳頭の喪失)、歯ぐきが赤くなってしまうなど審美的に満足する結果が得られない症例に遭遇するとのことでした。講演ではこのような問題にどう対応するかを多くの症例を挙げて具体的に説明され、非常に勉強になりました。

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

ファイバーポストと金属ポストによる微小漏洩の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 4 / 17 は論文抄読会でテーマは「ポストの種類による微小漏洩の違い」でした文献)。

2015042104.jpg

画像:bioloren.com より引用改変

 虫歯などにより歯の頭の部分(歯冠)がなくなってしまった場合、歯の神経の穴(根管)に心棒(ポスト)を立てて土台(コア)を作ります。さらにこの上に銀歯やセラミックの被せ物(クラウン)を装着します。

2015042102.jpg

ファイバーポストを用いた支台歯

2015042101.jpg

オールセラミック・クラウン装着時

 今回の研究はポストの材質や製品の種類によって、根尖へのばい菌の侵入の原因となる微小漏洩(microleakage)に差があるかを調べたものでした。抜去された天然歯90本を10本ずつの9グループに分け、8種類のグラスファイバー製のポスト(ファイバーポスト)と1種類のステンレス製ポストを根管に接着しました。

 この9グループに漏洩試験を行ったところ、最も漏洩の大きかったのはステンレス製ポストを用いた根管でした。また、8種類のファイバーポストを用いた根管にはグループごとに漏洩の値にばらつきが大きく、中にはステンレス製ポストを用いた根管と有意差の無いグループもありました。

 この微小漏洩の差は、ポストが接着材とくっついて根管を封鎖できているかどうかの差であると考えられます。このことからファイバーポストでも種類によってよく接着するものと、そうでないものがあることが示されました。また、うまく接着しないポストは漏洩だけでなく、脱離や虫歯(2次う蝕)の原因になる可能性もあるため、ファイバーポストの製品は慎重に選ぶ必要があると感じました。


【関連記事】

オールセラミックカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

キシリトールの虫歯予防効果、確認できず:コクラン共同計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2015041602.jpg 甘味料のキシリトールは口腔内の細菌の代謝により酸を産生することがほとんどなく、虫歯予防効果もあると考えられてきました。日本歯科医師会もキシリトールガムを推薦商品としています。

 ところが国際NPO「コクラン共同計画」のシステマティック・レビュー研究によると、キシリトールの虫歯予防効果は確認できなかったそうです。

 今回の研究では、子供と大人に対するキシリトールの虫歯予防効果を評価するため、様々なデータベースから合計5,903名を調査した10研究を抽出しました。この10の研究のうち1つは偏り(risk of bias)が小さかったものの、2つは不明、残りの7つは偏りが大きく、ほとんどの研究は質が低かったとのことです。
【結果】
 4,216人の子供を2.5〜3年間調査した2つの研究で、10%キシリトールを配合したフッ素入り歯みがきを、キシリトール配合なしのフッ素入り歯みがきと比較したところ、虫歯が13%減少したとのことです。ただしこれらの2研究は、同じ著者が同じ被験者を対象に行なった、偏りが大きく質の低いもので注意が必要だそうです。
 またこれ以外の研究の質も「低い」から「非常に低い」で、幼児、子供、大人において、その他のキシリトールを含む製品が虫歯を予防するかどうかを判断するには不十分であったとのことです。

 ガム、アメ、歯みがきペーストなど多くの製品の売上に結びつく研究においては、偏り(bias)について慎重に見極める必要があるようです。

参考文献:Xylitol-containing products for preventing dental caries in children and adults.


【関連記事】

世界的権威が語る! キシリトールが虫歯予防に効果的なの5つ理由

虫歯のできやすい場所 ワースト3


歯みがき後の洗口は少量の水で: イエテボリ法

あなたもやっていませんか? 3つの間違った歯みがき習慣


むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

歯をみがいてるのに虫歯になってしまう方の4つの対策


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯の喪失後に歯ぐきが陥没しないための人工骨移植

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2015 / 4 / 3 は論文抄読会でテーマは「リッジプリザーベイション歯の喪失後に歯ぐきが陥没しないための人工骨移植)」でした文献1文献2)。

2014030607.jpg

 歯を失った後、多くの場合その部位の歯ぐきは周囲よりも陥没します。インプラント治療をする場合、残った骨の量が十分であれば機能的な問題はありません。ところが前歯のインプラント治療においては、歯ぐきの陥没があると機能的に問題が無くても見た目の不調和が生じる可能性があります。このような抜歯後の歯ぐきの陥没を予防する目的で骨移植を行うことを、リッジプリザーベイションと言います。

Araujo et al. 2014  より引用

2015040901.jpg

 文献2リッジプリザーベイション後の骨量を人工骨移植を行わなかった部位のものと比較した研究でした。28人の患者さんを抜歯後のリッジプリザーベイションあり・なしの2グループに分け、4ヶ月後に抜歯部位の骨量をCTスキャンで調べました。その結果、リッジプリザーベイションなしのグループは骨量が25%減少したのに対して、リッジプリザーベイションありのグループの骨量の減少は3%でした。著者らはリッジプリザーベイションにより骨量の減少が著しく抑制されたと結論づけています。

 その一方文献1ではリッジプリザーベイションあり・なしの2グループで、抜歯部位の6ヶ月後の骨を組織学的に調べています。その結果、骨移植を行ったグループでは移植骨が吸収されず、骨の成熟が遅いということがわかりました。

 上顎の前歯など審美性が求められる部位では、抜歯後にリッジプリザーベイションを行い、治癒期間を少し長く取ってインプラントを埋入するのがいいようです。


【関連記事】

インプラントのための抜歯直後の再生療法:リッジプリザーベイション

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):露出しても感染の起こりにくい組織再生膜

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):ISCT研修会

インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド