follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

最小限のインプラントでよく噛める入れ歯:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2015032102.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2015 / 3 / 20 は新潟再生歯学研究会会長の倉嶋敏明先生をお招きして、「天然歯・義歯・インプラントを共存させよう」というテーマでご講演頂きました。

2015032103.jpg

 歯の欠損の数が多くなると、インプラントを土台とした固定式のさし歯を装着するためには沢山のインプラントの埋入が必要になり、治療費も高額になります。このため倉嶋先生のアイデアは、入れ歯を安定させるために最小限のインプラントを効果的な位置に埋入するというものでした。

 講演では、義歯で最も難しい「すれ違い咬合」の症例に少数のインプラントを用い、義歯を下から支えることにより、よく噛める入れ歯を製作された例を多数ご提示頂きました。


【関連記事】

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

カテゴリー:【インプラント】, 【義歯】, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2015年3月24日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly