follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

中1の虫歯(治療済含む)平均1本に=指導効果、早期治療進む-学校保健統計

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2015020102.jpg

 文部科学省の調査によると中学1年の平均虫歯数(治療済含む)が1本(30年前の5分の1)まで減少したそうです。予防の意識が高まった結果だとのことです。
 今の子供が大きくなる頃には、虫歯の治療のために歯医者に行くことは少なくなり、予防のためのメインテナンスに通うことが多くなるのでしょう。

2015/1/23 時事通信 より引用
 中学1年の虫歯本数は1人平均1本で、30年前の約5分の1となったことが23日、文部科学省の2014年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。治療が済んでいない未処置歯がある割合も、幼小中高生の全ての段階で過去最低。同省は「歯磨き指導の成果で、早期治療や予防の意識が高まった」と分析している。
 調査は、幼稚園と小中高校に通う満5~17歳までの計約333万8000人を抽出して健康診断の結果をまとめた。
 平均本数の調査は、歯が生え替わる時期の中1だけで、抜いた歯や治療済みの歯を含む永久歯の虫歯は平均1.00本と過去最低になった。1984年度の調査開始時は平均4.75本だった。


【関連記事】

歯をみがいてるのに虫歯になってしまう方のための4つの対策

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

フッ素の虫歯予防効果に注目した歯磨き法 イエテボリ法

フッ素入り 虫歯予防ジェル

カテゴリー:【予防歯科・定期検診】  日時:2015年2月9日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly