follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

「口腔ケア」でインフルエンザの発症率が 10分の1

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2015020101.jpg

 毎日寒い日が続きますね。今回は「口腔ケア」とインフルエンザの発症率についてのお話です。口腔ケアとはお口の機能を維持するためのお手入れのことです。ご自身で毎日歯みがきや歯間ブラシをしていただく「セルフケア」と定期的に歯科医や歯科衛生士が行う「プロフェッショナルケア」の両方が口腔ケアには欠かせません。

 厚生労働省の03年度老人保健健康増進等事業における、「地域保健研究会口腔ケアによる気道感染予防研究委員会」の調査によると、口腔ケアがインフルエンザの予防に高い効果があったそうです。

 この調査では6ヶ月間、要介護高齢者の方々に歯科衛生士が週1回口腔ケアを実施したグループと、歯科衛生士が口腔ケアを実施しなかったグループでインフルエンザの発症率について調べました。

【結果】

・口腔ケアなしのグループ:インフルエンザ発症92名中9名(9.7%)

・口腔ケアありのグループ:インフルエンザ発症98名中1名(1%)

口腔ケアがインフルエンザの発症を抑えるのに高い効果があることが示されました。


(出典)

日歯医学会誌:Vol.25,27-33,2006

「口腔ケアによる細菌性酵素活性の減少とインフルエンザの感染予防」安部修、石原和幸、足立三枝子、佐々木英忠、田中甲子、奥田克爾


【関連記事】

口腔ケアでいい歯いきいき!:区民のための「お口の健康講座」

歯周病の人は脳梗塞になりやすい? 「口腔ケア」で病気を減らす:週刊朝日

毎日の歯みがきのポイントまとめ

歯石除去症例(写真・画像あり)

あなたは大丈夫? 歯周病セルフチェック

歯がない人ほど肺炎に 細菌で感染、名古屋大など調査:朝日新聞

予防歯科カテゴリのブログ記事

カテゴリー:【予防歯科・定期検診】  日時:2015年2月2日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly