follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病の男性は心筋梗塞のリスクが約2倍に―東京大学

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2014102601.jpg

図:8020推進財団 からだの健康は歯と歯ぐきから

 歯周病は歯周病菌が歯周組織の炎症を引き起こし、歯ぐきの腫れや出血、歯を支える骨の吸収に続いて、最後には歯がグラグラになって抜けてしまう病気です。また、お口の中で繁殖した歯周病菌は糖尿病心疾患呼吸器疾患低体重児出産などと関連していることもわかってきました。

 虚血性心疾患と歯周病の関係を示す研究は欧米で多く報告されている一方、日本ではほとんど行われていませんでした。今回、東京大学から日本人を対象とした歯周病と心筋梗塞の関連を示す調査結果が発表されました。それによると、歯周病の男性の心筋梗塞のリスクは約2倍とのことです。

東京大学医学系研究科・医学部 プレスリリース より引用

このたび、東京大学大学院医学系研究科の野口都美客員研究員(研究当時は大学院生)、小林廉毅教授らは、産業保健現場の医師らと共同して、金融保険系企業の36歳~59歳の男性労働者3,081人を対象に、質問票を用いて歯周の状態を評価した上で、その後5年間の対象者の健康状態を追跡調査しました。 その結果、歯肉出血、歯のぐらつき、口臭の3項目から歯周病の強く疑われる男性労働者は、そうでない者に比して、心筋梗塞の発症が約2倍多いことを明らかにしました。

歯周病は、40歳以降の日本人男性において頻度の高い疾患である一方、適切なセルフケア(歯磨きなど)や歯科メインテナンス(歯石除去、専門的クリーニング)で予防・改善できるため、今回の研究成果は虚血性心疾患の新しい予防法につながる可能性があります。



 歯周病は毎日ご家庭で行うセルフケア(歯みがき、デンタルフロス)と定期的なプロフェッショナルケア(歯科健診)により予防することができます。全身の健康のためにも、お近くの歯科医院で定期的に歯周病の検査歯みがき指導お口のクリーニングを受けましょう。

カテゴリー:【歯周病】, ・歯周病と全身疾患, 【ウェブサイト】  日時:2014年10月27日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly