follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

多くの歯を失い、義歯を使わないと認知症リスクが増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 山本龍生・神奈川歯科大准教授らのグループの報告によると、多くの歯を失っているにも関わらず義歯を使用していない人は認知症のリスクが高まるそうです。また同じ研究で、かかりつけ歯科医院がある場合に比べ、かかりつけ歯科医院のない場合も認知症のリスクが高いそうです。
 噛むことにより脳の血流が増え脳が活性化するのですが、噛めなくなることにより脳への刺激が少なくなることが、認知症の発症に関係しているのかもしれないですね。歯をなくしてそのままにしている方は、歯科医院で相談してみましょう。また定期的に歯科健診、クリーニングを受けるようにしましょう!

 65歳以上の健常者4425人に歯や口の中の状態を選択肢から自分で選んでもらい、その後4年間、認知症を伴う要介護認定を受けたかどうか追跡しました。

2014082401.jpg

 その結果、年齢、治療疾患の有無や生活習慣などに関わらず、歯がほとんどなくて義歯を使用していない人は、20本以上歯が残っている人より、有意に認知症による要介護認定を受けた頻度が高く、そのリスクは1.85倍(95%信頼区間は1.04倍から3.31倍の間)にも上ることが分かりました。

2014082402.jpg

 かかりつけの歯科医院があるかどうかを尋ね、ないと答えた人は、あると答えた人より1.44倍(95%信頼区間は1.04倍から2.01倍の間)発症リスクが高いという結果も得られたのです。

カテゴリー:【義歯】, 【ウェブサイト】  日時:2014年8月25日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly