follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

インプラント治療におけるガイデッドサージェリー:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2014 / 7 / 4 は歯科技工所「協和デンタルラボラトリー」代表の木村健二さんをお迎えして「歯科医療におけるデジタル技術の応用」についてお話しいただきました。

2014070607.jpg

 1つ目のテーマは「インプラント治療におけるガイデッドサージェリー」。協和デンタルラボラトリーでは、コンピュータ上で設計し3Dプリンターで製作する方法(CAD/CAM)で、手術時にインプラントの埋入位置を決めるマウスピース(サージカルガイド)をすでに数百症例で製作しているそうです。

従来のサージカルガイドの製作

 従来のサージカルガイドの製作では、予定している歯の形態をしたマウスピースを作り

2014070603.jpg

インプラント埋入予定位置にX線造影性の目印を付けて

2014070604.jpg

マウスピースを装着した状態でCTスキャンを撮影し

2014070605.jpg

CTスキャン上のX線造影性の目印と骨の関係を確認して、インプラントの埋入位置と方向を決め

2014070612.jpg

CTスキャン撮影時のマウスピースを改造してインプラント埋入手術時のサージカルガイドとします。

2014070606.jpg

従来のサージカルガイドはインプラント埋入位置の目安で、最終的な埋入位置と方向は手術時に骨を見ながら決めます。

2014070615.jpg

新しいガイデッドサージェリー

 ところが新しいガイデッドサージェリーでは、CTスキャンのデータを元にコンピュータ上でインプラントの埋入位置と方向をシュミレーションして

2014070608.jpg

コンピュータ上でサージカルガイドを設計し3Dプリンターで製作します(CAD/CAM)

2014070610.jpg

このサージカルガイドは非常に精密で、インプラントの埋入位置と方向を厳密に決めます。

2014070611.jpg

画像:ストローマン社ホームページより


 通常の症例は従来の方法で問題なく治療できますが、多くの本数のインプラントを平行に埋入する必要のある症例や、骨の幅が限られていて厳密な位置に埋入する必要がある場合、歯ぐきを切開しないでインプラントを埋入する場合に新しいガイデッドサージェリーは有効であると感じました。


【関連記事】

3Dプリンター(CAD/CAM)の歯科における応用:材料の収縮をデジタルに補正

ガイデッドサージェリー (Guided Surgery)

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

カテゴリー:【インプラント】, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2014年7月8日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly