follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

口腔がんの早期発見のために、定期的な歯科健診を:中野区歯科医師会学術講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2014062901.jpg

 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2014 / 6 / 27 は東京医科歯科大学名誉教授の小村健先生をお招きして、「口腔がん 診断と治療の現況とその課題」というテーマでご講演いただきました。

 日本において口腔がんは年間10万人に6人の割合で発生するため、人口30万人の中野区では年間18人の患者さんが罹患する計算になります。我々、街の歯科医はできるだけ多くの患者さんに定期健診に来ていただき、早期に口腔がんを見つけて専門医療機関に紹介する必要があるとのことでした。

 講演では前がん病変である、白板症、紅板症、扁平苔癬やさまざまな口腔がんの病態写真を拝見しました。また、手術、放射線、化学療法を併用した実際の口腔がん治療の多くの症例が紹介されました。


【関連記事】

口内炎と間違えやすい:口腔がんについて

口腔・咽頭がんと口腔衛生の関係:米国全国健康・栄養調査

繰り返す口内炎、放置は禁物 重病が潜む危険も:日本経済新聞

歯が痛い! 5つの原因と治療法

歯ぐきが腫れた!:3つの原因と治療法

歯ぐきに「おでき」はありませんか? フィステルの3つの原因と治療法

予防歯科・定期検診カテゴリの記事

カテゴリー:【東京医科歯科大学】, 【歯科医師会】, 【中野区】, 【予防歯科・定期検診】  日時:2014年7月1日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly