follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

7月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 今年の梅雨は突然の大雨や雷、雹がすごいですね、早く明けて欲しいものです。さて、7月は以下のとおり休診させていただきます。

2014062601.jpg

7 / 8(火)の診療は18:30までとさせていただきます。歯科医師会に出席します。

7 / 16(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

日曜、木曜は休診日です。

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

中野区成人歯科健診のポスターが届きました

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014061901.jpg
 中野区成人歯科健診のポスターが届きました。中野区立第四中学校の立田寧々さんの作品だそうです。
 中野区に住民登録または外国人登録している方で、平成27年3月31日現在、35歳から70歳の方は、200円で歯科健診が受けられます。詳しくは下記リンクより中野区のホームページでご確認ください。
中野区ホームページ: 成人歯科健診

 また、現在中野区歯科医師会では、5歳児歯科健診 妊婦歯科健診 も実施中です。
中野区ホームページ: 5歳児歯科健診 妊婦歯科健診

【関連記事】

6/2(月) より成人歯科健診が始まります

5 / 1 より中野区 5歳児歯科健康診査が始まります!フッ素塗布も受けられます

口内炎と間違えやすい:口腔がんについて

虫歯予防に効果あり! ご家庭でのフッ素応用法

歯みがき後の洗口は少量の水で: イエテボリ法

フッ素入り 虫歯予防ジェル

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント周囲炎の予防:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2014 / 6 / 13 は港区でご開業の佐藤康則先生の症例発表で、今年9月に開催されるアメリカ歯周病学会で発表予定の「インプラント周囲炎の予防をテーマにしたプレゼンテーションを見せていただきました。

 インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病になることがあります。このインプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と言います。今回のプレゼンテーションで佐藤先生は、インプラント治療後のメインテナンス期間中にインプラント周囲炎が起こらないようにするには、どんな点に注意するべきかを論点に多くの症例を提示されました。

2014061501.jpg

 インプラント周囲炎は歯周病と同様に細菌が原因となり引き起こされますが、今回はインプラント周囲炎が起こりやすくなる要素について検討されました。具体的には、インプラント本体(フィクスチャー)の表面性状、さし歯(クラウン)の土台(アバットメント)の素材や形態、さし歯(クラウン)を装着する際の接着材の取り残し、過度な咬み合わせの力などについて議論されました。


【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラント周囲炎にならないために:歯周病のメインテナンスとインプラント周囲炎の関係

インプラントの合併症:インプラント周囲炎への対応と予防策

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

インプラントの失敗症例から考えるリスクマネージメント

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

インプラント周囲炎とその治療法

インプラント周囲炎における感染の除去

インプラント周囲炎に対する再生療法

インプラント周囲炎カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR):ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2014 / 6 / 6 は福岡県でご開業の安増一志先生の「インプラント治療における骨誘導再生療法(GBR)」をテーマにした症例発表でした

2014060801.jpg

画像: osteogenics ホームページより

 骨誘導再生療法(GBR)を行う際に最も問題となるのは、粘膜の下に移植した骨を覆うために設置する再生膜が、縫合後の粘膜の下から露出して感染を起こすことです。安増先生はこの問題に対して、①粘膜の裂開、露出が起こりにくい再生膜を用いる ②露出しても感染が起こりにくい再生膜を用いる という方法で対応した症例を数多く紹介されました。特に、②露出しても感染が起こりにくい再生膜を用いた症例では、以前のように傷口を閉鎖するために広範囲に粘膜を切開する必要が無く、手術後の腫れや痛みが比較的軽減されるメリットがあるようでした。


【関連記事】

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

インプラント症例 カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

その人にとって好ましいかみ合わせの付与の仕方について:救歯会外来講師講演会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014060507.jpg

 2014 / 6 / 1 はスタディーグループ救歯会の外来講師講演会に参加しました。講師は元東京医科歯科大学歯科補綴学教授の長谷川成男先生で「その人にとって好ましい咬合像の付与の仕方について」というテーマでお話しいただきました。

 講演は同じタイトルの長谷川先生の論文を元にかみ合わせに関する様々な実験を紹介しながら、患者さん個人個人にとって好ましいかみ合わせを作るにはどんな点に注意すべきかをお話しいただきました。また、長谷川先生は人間のかみ合わせを口腔外に再現する咬合器についても多くの論文を著されており、様々な咬合器の特徴や症例による咬合器の選び方についてもお話しいただきました。


【関連記事】

救歯会カテゴリの記事

東京医科歯科大学カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド