follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

5歳児歯科健診の重要性とフッ化物応用の有効性

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
2012121308.jpg

 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2014 / 4 / 25 は東京歯科大学教授の眞木吉信先生をお招きして、「5歳児歯科健診の重要性とフッ化物応用の有効性」というテーマでご講演いただきました。

 5歳になるお子さんは、3歳児健診と就学時健診との中間の時期にあたり、乳歯から永久歯に生えかわる大事な時期でもあります。講演では、5歳児歯科健診の結果に基づいたフッ化物の応用法を中心にお話いただきました。ご家庭で毎日ご使用いただくフッ化物配合歯みがき剤と歯科医院での定期的なフッ化物塗布は、虫歯予防に非常に効果的です。

【ご家庭でのフッ化物の応用法

 フッ素入り歯みがきペーストで歯みがきをしていただいた後、少量の水(15ml)で1回だけゆすいでください。その後、2時間は飲食を控えてください。

photo credit: Marc Samsom cc

【関連記事】

5 / 1 より中野区 5歳児歯科健康診査が始まります!フッ素塗布も受けられます

虫歯予防に効果あり! ご家庭でのフッ素応用法

歯みがき後の洗口は少量の水で: イエテボリ法

フッ素入り 虫歯予防ジェル

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

歯科医師会カテゴリの記事

カテゴリー:【歯科医師会】, 【中野区】, 【予防歯科・定期検診】  日時:2014年4月30日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly