follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

口臭 歯周病か舌汚れ疑って:毎日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2013031705.jpg

8020推進財団 「How to 口臭予防」 より

 口臭を主訴に歯科医院を受診される方がたくさんおられます。お口の中のばい菌が口臭の原因であることが多いので、歯周病の検査、歯みがき指導、お口の中のクリーニングまたは歯周病治療で改善する場合がほとんどです。毎日新聞に東京医科歯科大学の付属病院で「息さわやか外来」を担当する川口陽子教授の記事があったので、ご紹介します。

毎日新聞 2014年02月25日 東京朝刊 より引用

 ●生理的なものも

「誰でも、朝の起きたてが一番口臭が強く、食事をしたり歯を磨いたりすると下がる。空腹になるとまた上がる。ゼロになることはありません」他人が不快に思うレベル以下なら、これらは問題にならない。
 鼻やのどの病気、糖尿病などが関連している場合もあるが、90%以上は口の中の汚れや病気が原因だ。口臭が気になったら、まず口の中を疑うこと。川口教授は「歯科で口内の病気や汚れを取り除いてほしい」と勧める。

 ●細菌がうみを分解

 口内に関連する口臭の3大原因は(1)歯周病(2)舌の汚れ(3)唾液分泌の減少−−だ。
 最も多いのは歯周病。歯周病になると、歯肉の組織が破壊され、出血したりうみが出たりする。この血液やうみを細菌が分解し、揮発性硫黄化合物を発生させる。揮発性硫黄化合物は歯周病を悪化させる場合もあるので、早めの治療が必要だ。

 ●朝食前に舌苔取る

 舌の汚れとは、舌の上についた白や淡黄色の「舌苔(ぜったい)」のこと。死んだ細菌やはがれた粘膜などからできており、これが舌の奥の方につくと、口臭の原因となることが多い。舌苔がついたら、水でぬらした軟らかめの歯ブラシか舌ブラシで磨いて取り除く。
【関連記事】

カテゴリー:・口臭, 【ウェブサイト】  日時:2014年3月22日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly