follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

4月の休診について

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014033101.jpg

 暖かく、気持ちのいい季節になりましたね。お花見は今週前半に行った方がいいとのこと、金曜日に雨が降るそうです。さて、4月は以下のとおり休診させていただきます。

4 / 2(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

4 / 21,23 (月)(水) の診療は18:30までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

日曜、木曜、祝日は休診日です。


【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

口臭 歯周病か舌汚れ疑って:毎日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013031705.jpg

8020推進財団 「How to 口臭予防」 より


 口臭を主訴に歯科医院を受診される方がたくさんおられます。お口の中のばい菌が口臭の原因であることが多いので、歯周病の検査、歯みがき指導、お口の中のクリーニングまたは歯周病治療で改善する場合がほとんどです。毎日新聞に東京医科歯科大学の付属病院で「息さわやか外来」を担当する川口陽子教授の記事があったので、ご紹介します。

毎日新聞 2014年02月25日 東京朝刊 より引用

 ●生理的なものも

「誰でも、朝の起きたてが一番口臭が強く、食事をしたり歯を磨いたりすると下がる。空腹になるとまた上がる。ゼロになることはありません」他人が不快に思うレベル以下なら、これらは問題にならない。
 鼻やのどの病気、糖尿病などが関連している場合もあるが、90%以上は口の中の汚れや病気が原因だ。口臭が気になったら、まず口の中を疑うこと。川口教授は「歯科で口内の病気や汚れを取り除いてほしい」と勧める。

 ●細菌がうみを分解

 口内に関連する口臭の3大原因は(1)歯周病(2)舌の汚れ(3)唾液分泌の減少−−だ。
 最も多いのは歯周病。歯周病になると、歯肉の組織が破壊され、出血したりうみが出たりする。この血液やうみを細菌が分解し、揮発性硫黄化合物を発生させる。揮発性硫黄化合物は歯周病を悪化させる場合もあるので、早めの治療が必要だ。

 ●朝食前に舌苔取る

 舌の汚れとは、舌の上についた白や淡黄色の「舌苔(ぜったい)」のこと。死んだ細菌やはがれた粘膜などからできており、これが舌の奥の方につくと、口臭の原因となることが多い。舌苔がついたら、水でぬらした軟らかめの歯ブラシか舌ブラシで磨いて取り除く。

【関連記事】


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

定期の口腔ケア全世代で:読売新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014031601.jpg 多くの歯を残し一生自分の歯で美味しく食事をするためには、口の中の健康を維持する口腔ケアが必要です。これについて、2014/1/19 の読売新聞に日本対がん協会会長の垣添忠生先生の記事がありました。この中で口から食事を摂ることができなかった入院患者が、リハビリ中に口腔ケアを行い義歯を装着し回復していく様子が紹介されていました。入院中の口腔ケア、自分で食事を食べることの大切さを示す実例だったので、ご紹介します。


2014/1/19 読売新聞より引用
 よくかんで食べることは、人間の幸福や尊厳にもつながる。そのことを、先日、日本顎咬合学会の事務所で見せてもらったビデオで知った。その内容は実に衝撃的だった。
 肺炎で入院した69歳の女性は、口からの栄養摂取は無理と診断され、体に何本も管が入り、寝たきりで表情も失われていた。だが、転院を契機に、女性にリハビリが始まり、口腔ケアも実施、義歯を装着した。
 すると、軟らかいものから少しずつ、食事がとれるようになった。食事の量が増えるにつれてIVH(中心静脈栄養)などの管が順次はずされ、女性はベッドに座って食事するようになる。さらに、車イス移動、廊下の手すりの伝い歩き、つえ歩行と続き、2か月後には退院した。そして、半年後には海外旅行に出かけた。
 旅行出発時の女性の表情は輝いていて姿勢も良く、入院していたときの寝たきり女性とは別人かと思うほどの回復ぶりだった。口から食事をとることによって、筋力が回復し、身体のバランスも良くなり、意欲も出てきたからこそ、海外にまで出かけることができたのである。
 ビデオの女性とは逆に、患者のかむ力が低下していった場合はどうなるか。
 胃ろうや、鼻や口からチューブを胃に入れて栄養を補給する経管栄養、IVHといった手段に頼って口からの食事をしないと、顎やのどの筋肉、呼吸をつかさどる筋肉が衰える。そうすると、話すことも不自由になり、閉じこもってしまう。
 しかも、細菌が唾液などとともに肺に流れ込むことで起きる誤嚥性の肺炎をひき起こしやすくなる。誤嚥を起こす高齢者の8割は、口腔機能の衰えが原因とする研究もある。

 日本歯科医師会では80歳まで20本の歯を残そうという、8020運動を行っております。いつまでもご自身の歯を残すために、定期的に歯科医院を受診して虫歯や歯周病の検査、歯みがき指導、歯石取りをしてもらいましょう!

こうして、寝たきりの状態から、人工呼吸器の使用や抗生剤の大量使用まで、負のサイクルに陥ってしまうのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯間ケア用品をいろいろと比較してみました:らばQ

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 バラエティニュースサイトらばQで、「歯間ケア用品」の代表的な製品をひと通り買ってテストし、ベストを紹介するという記事がありました。使用者の視点から利点・欠点を写真入りで非常にわかりやすく解説している良い記事でした。ただ結論として「フィリップス・エアーフロス」がおすすめということでしたが、私は普通のデンタルフロスをおすすめします。もちろん個人の好みがありますから、「歯間ケア」に興味のある方は記事をご一読いただくと参考になると思います。


らばQ 2014年03月10日 より引用
2014031301.jpg
まずレビューしたのは、こちらのREACH デンタルフロス。
使い方は、糸を歯間に通し、両手で歯の側面を磨きます。...なのですが、これが慣れないとなかなか大変。
前歯はまだいいのですが、奥歯ともなると両手を口の中に入れなければならず、 手がヨダレでベトベトに。 また歯の側面に沿うように当てるのが慣れないとなかなか難しいんですね。
私の場合手が大きいので、両手(両指)がうまく口に入らず、また手が邪魔で鏡を見ながらできないのがもどかしく、1回もまともにできることなく断念。
歯医者さんはこれが一番いいと言っていたのですが、時間も手間もかかる上に熟練がいるため、毎日使うのはかなり辛い...というのが正直な印象でした。

 デンタルフロスは毎日使うので、すぐに慣れて上手になると思います。我慢して使ってみてください。このあと柄の付いたデンタルフロス、歯間ブラシ、エアーフロスとレビューが続きますので興味のある方はらばQでご覧になってください。

滅多に磨かない人は「クリニカ ダブルフロス」がオススメとのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

5年以内に実用化へ!? 歯根膜細胞シートによる歯周組織再生療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット



2013012001.jpg

画像: 細胞シートティッシュエンジニアリングセンター HPより

 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2014 / 3 / 12 は東京医科歯科大学名誉教授の石川烈先生をお招きして、「歯周組織再生における歯根膜シートの応用」というテーマでご講演いただきました。

 現在、歯周組織再生療法はバリア膜を用いたGTR法エナメルマトリックスタンパクなどの成長因子を用いる方法が一般的に行われています。どちらも歯根を覆う歯根膜細胞を誘導することにより歯周組織を再生する治療法ですが、歯周病により歯根膜組織自体が少なくなっている部位ではこれらの再生療法は困難になります。石川先生は東京女子医科大学先端生命医科学研究所患者さんから自身の歯根膜細胞を採取してシート状に培養し、歯周病により歯根膜が失われた部位に移植することにより、歯周組織を再生する研究をされているとのことです。現在9名の臨床例があり、経過を拝見したところ従来の再生療法では見られないような劇的な改善がありました。5年以内の実用化を目指して研究をされているとのことです。

 今回、学生時代以来20年ぶりに石川先生の講義を拝聴しましたが、74歳の現在も最先端の研究に取り組んでおられる姿に敬服しました。


【関連記事】

培養細胞シートによる歯周組織再生治療

根分岐部病変へのエムドゲインの応用

PRP(多血小板血漿)

根分岐部病変の再生療法: エムドゲイン vs GTR

再生療法: 成長因子と骨移植材

再生療法カテゴリの記事

歯科医師会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯科治療の幅を広げる接着性レジンセメントの役割

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2014 / 2 / 19 は3人の講師をお招きして、「歯科治療の幅を広げる接着性レジンセメントの役割」というテーマで学術シンポジウムを開催しました。

2014030702.jpg

 近年の歯科用接着材の進歩により、より歯を削らない、より審美的な、より成功率の高い治療が可能になっています。今回は3人の講師にそれぞれ違った用途での接着材の臨床応用についてお話いただきました。

 台東区でご開業の大谷一紀先生には「コンポジットレジンの修復と接着について」という演題で、コンポジットレジン修復によるMinimal Intervention最小の侵襲)の概念に則った「歯の延命」と、特に前歯部における審美性回復についてお話いただきました。

 渋谷区でご開業の高橋純一先生には「補綴修復材料の変化と接着性レジンセメントの進化」という演題で、セラミッククラウンセラミックインレーラミネートベニアなど補綴物の素材と接着性セメントの関係について実際の臨床例にそって解説していただきました。

 最後に東京歯科大学教授の古澤成博先生には、根管治療において歯根に亀裂や破折、穿孔があって通常の治療では再発のリスクがある症例に対する、接着性根管充填材の有効性について臨床例を挙げながらお話いただきました。


【関連記事】

レジン充填

オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)

セラミック・インレー

ブラックマージンと歯間空隙の改善:ラミネートベニア AGCガルバノ・クラウン

神経に達する虫歯の治療法: 根管治療とクラウンの装着

歯科医師会カテゴリの記事

審美歯科カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

骨が足りない部位のインプラント治療:骨誘導再生療法(GBR)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 今回は根が破折した歯を長期間放置したために、周囲骨が大きく吸収した症例です。根破折歯を抜去して、インプラント埋入と同時に人工骨の移植と再生膜を用いた骨誘導再生療法(GBR)を行いました。
2014030601.jpg
【左レントゲン】歯根周囲を取り囲む黒い影と、歯根にうっすらと破折線が見られます。
【中央写真】抜去歯の根の先近くまで破折線があります。
【右レントゲン】抜歯部に大きな骨の欠損が見られます。
2014030602.jpg
【抜歯部】頬側に歯肉の陥没が見られます。
2014030603.jpg
【手術時】頬側の骨に裂開が見られます。
2014030604.jpg
【インプラント埋入時】埋入したインプラントの頬側が大きく露出しています。
2014030605.jpg
【骨移植】インプラントの頬側に人工骨を移植して、再生膜を設置しました。(骨誘導再生療法:GBR)
2014030606.jpg
【2次手術時】6ヶ月後の2次手術時、裂開していた骨が再生しインプラントの頬側を覆っています。
2014030607.jpg
【インプラント治療前】頬側歯肉が陥没しています。
2014030608.jpg
【インプラント治療後】歯肉の陥没が改善し、インプラントの上にネジ止め式の歯を装着しました。ネジ穴は治療終了時に白い材料で封鎖します。

 このように骨の足りない部位でも骨誘導再生療法(GBR)を行うことにより、インプラント治療が可能になります。

【関連記事】






インプラント症例 カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント治療の利点:ダイヤモンド・オンライン

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」にインプラント治療についての記事がありました。その中に記者さんの視点からのインプラント治療の利点が挙げられていました。歯科医の視点からは「隣の歯を削らなくて済む」、「強い咬合力が得られる」ことがインプラント治療の利点として挙げられることが多いのですが、この記事の記者さんの視点からは「食事が美味しくなる」「発音がきれいになる」「表情が豊かになる」ことが利点として挙げられていました。

 歯科医は単純にインプラントの機能について注目しがちですが、この記事の記者さんは「インプラント治療を受けることにより患者さんの生活がどう変わるか」に注目して利点を挙げたようです。

ダイヤモンド・オンライン 2014年1月22日 より引用

◆メリット

●食事が美味しくなる

 天然の歯と同様にしっかり噛めて違和感もないうえ、味覚が落ちることもなく食事を美味しくとることができる。

●発音がきれいになる

 正確な設計で噛み合わせをしっかり整えるインプラントは、空気がもれることもなくきれいな発音を再現できる。

●表情が豊かになる

 歯が抜けると歯茎や骨の吸収が始まり、表情筋もやせてしまうので口元のシワやたるみが目立ってくるが、インプラントは顎の筋肉をしっかり使って噛むので組織の退縮が起こらない。また審美的にも優れた人工歯を入れるので笑顔に張りが出てくる。

●ほかの歯が犠牲にならない

 ブリッジは歯が抜けた部分の両隣にある健康な歯を深く削って土台にし、橋をかけるように人工の歯を被せる。部分入れ歯は金具を隣の歯に装着して入れ歯を固定するので、支える歯に負担がかかる。インプラントは自分の顎の骨を土台にするため、健康な歯を犠牲にしなくてもよく、残存する天然歯の健康を保てる。

2014020903.jpg
【関連記事】
●発音がきれいになる

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの説明動画

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014030301.jpg
 YouTube の篠田歯科のチャンネルでは歯ブラシデンタルフロス歯間ブラシの口腔清掃法の説明動画を公開しています。これからもコンテンツを増やしていくので、よろしければチャンネル登録をお願いします。




【関連記事】

虫歯・歯周病予防に効果絶大:デンタルフロスに関する5つの質問

毎日の歯みがきのポイントまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

3月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2014022301.jpg

 2月は大雪で大変でしたね、久しぶりの雪かきでいい汗をかきました。さて、3月は以下のとおり休診させていただきます。

3 / 5(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

3 / 12(水)の診療は18:30までとさせていただきます。歯科医師会に出席します。

日曜、木曜は休診日です。

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド