follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯周病と全身の病気の関係:東京医科歯科大学歯科同窓会リーフレット

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 東京医科歯科大学歯科同窓会から「歯周病と全身疾患」をテーマにしたリーフレットが発行されています。歯周病は歯を失う最大の原因ですが、実はお口の中で繁殖した歯周病菌は全身の健康にも影響を与えます。今回はこのリーフレットから歯周病と全身疾患の関係をご説明します。リーフレットは当院の待合室にありますので、ご興味のある方はお立ち寄りの際にご自由にお持ち帰りください。


歯周病が糖尿病を悪化させる

 糖尿病が悪化すると免疫力が低下し歯周病が悪化し ます。また歯周病が悪化すると炎症性因子 (TNF-αな どのサイトカイン ) が持続的に産生され、これらの物 質がインスリンの作用を阻害するため、糖尿病に罹患 しやすく、病状の進行も速いと考えられています。す なわち、歯周病と糖尿病は相互に影響があることがわ かってきています。

2014021701.jpg

肺炎を起こす口の中の細菌

 高齢者・寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲 み込む力が衰えている人に「誤嚥性肺炎」が多く発生 しています。誤嚥性肺炎を起こした人から、口の中の 細菌が多く見つかっているため、歯周病菌を含む口の 中の細菌が誤嚥性肺炎の重大な原因の一つと考えられ ています。

2014021702.jpg

歯周病菌が心臓病のリスクを高める

 歯周病菌が血液中に流れ込み心臓の内膜に付着する と心内膜炎を引き起こすことがあります。さらに、歯 周病菌が血管に付着すると、動脈硬化を引き起こし狭心症や心筋梗塞など心臓病のリスクを高めることもわ かってきました。

2014021703.jpg

歯周病予防で認知症も予防

 CT 画像検査での調査で、残っている歯が少ない人ほ ど脳の委縮(アルツハイマー型認知症)が進んでいた という報告があります。また、歯周病菌が動脈硬化を 促進するので、歯周病予防が脳血管性の痴ほう症の危 険を減らすことになります。

2014021704.jpg

歯周病菌が妊娠・出産時にも悪影響

 妊婦さんが歯周病になると低体重児出産や早産となる リスクが高まることが知られています。これは歯周病菌 が胎盤や子宮に感染し、歯周病の炎症により出てくるプ ロスタグランジン(PGE2:子宮の収縮などにかかわる 生理活性物質)などの物質が子宮や頸管に影響するため と考えられています。

出典:東京医科歯科大学歯科同窓会「歯周病と全身疾患」

カテゴリー:【歯の知恵袋】, 【歯周病】, ・歯周病と全身疾患, 【東京医科歯科大学】  日時:2014年2月18日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly