follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

欧米では 7 割以上の人が実践している「予防歯科」

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 ライオン株式会社は、日本・アメリカ・スウェーデンの3カ国において3600人を対象にオーラルケアに関する意識を調査しました(2014年2月12日発表)。その結果、「予防歯科」の考え方が一般的に根付いている欧米では、自宅での歯のケアの方法が日本とは全く異なる事が分かりました。日本ではデンタルフロスを使っている人は少数派、定期歯科健診を受けている人も少ないようです。以下に調査結果を紹介します。

ライオン株式会社ホームページより引用

デンタルフロスの使用率

デンタルフロス」の使用率がアメリカ 60.1%、スウェーデン51.2%と半数を超えるのに対し、日本では19.4%とまだまだ少数派 といえます。

2014022302.jpg

予防歯科の実践 欧米では 7 割以上

予防歯科の実践(「非常に取り組んでいる」「かなり取り組んでいる」「やや取り組んでい る」の合計)についても、アメリカ、スウェーデンでは約7割が取り組んでいるのに対し、 日本は 26.2%と差がつきました。

2014022304.jpg

直近一年間の歯科健診回数

直近一年間に歯の健康診断を目的として歯科医を受診した回数を聞いたところ、アメリカでは「2回」と回答した人が最も多く 34.9%に。スウェーデンでは「1 回」と回答した 人が最も多く 57.1%。一方、日本で最も多かった回答が「直近一年間では受けていない」 で、57.5%もの人が直近一年間では健診を受けていない事がわかりました(図 12)。
2014022303.jpg

【関連記事】

虫歯・歯周病予防に効果絶大:デンタルフロスに関する5つの質問

毎日の歯みがきのポイントまとめ

カテゴリー:【ウェブサイト】  日時:2014年2月25日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly