follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

2013年 当ブログ記事のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 本年も当ブログをご覧いただき、ありがとうございました! 今回は「2013年 当ブログ記事のまとめ」として、2013年の1月から12月まで月ごとに記事を1つずつご紹介させていただきます。


 ご自宅で少し気をつけていただくだけで歯の着色を予防できる、歯に着色する4つの原因とその対策をご紹介しました。
 食品などに含まれる酸によって 歯の表面が溶けたり欠けたりして、むし歯や知覚過敏などを引き起こしやすくなるのが「酸蝕症」です。この酸蝕症を予防するための4つのポイントを紹介しました。

2013020302.jpg
東京医科歯科大学歯科同窓会発行リーフレット 「酸性食品と酸蝕症」 より

 ドライマウス(口腔乾燥症)でだ液が出なくなると、様々な症状が出てきます。たくさんだ液を出すにはよく噛んで食べることと、だ液腺マッサージが有効です。

2013031403.jpg

8020推進財団 「だ液」の秘密とそのパワー より

 根管治療の途中で歯科の通院をやめてしまうと、感染が広がり抜歯につながるおそれがあります。根管治療を始めたら、必ず最後まで続けて通院しましょう!
2013041502.jpg
 YouTube に篠田歯科のチャンネルを開設しました。歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの口腔清掃法の説明動画や歯石除去の前後を比較した症例写真をアップロードしています。
 歯ぎしり、食いしばりによる影響にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?顎関節や歯が痛くなったり、深刻な場合には歯を抜かなければいけなくなることもあります。

2013062305.jpg

 上顎の無歯顎の患者さんのインプラント治療を例にとって、3Dプリンター(CAD/CAM)を使ったジルコニア・セラミック・ブリッジの製作過程をご紹介しました。ジルコニアの焼結時には収縮が起こるため、収縮補正をデジタルに行う3Dプリンター(CAD/CAM)の進化により、歯科でのジルコニアの使用が普及しました。
2013070706.jpg
 患者さんは、以前から歯周病でしたが高血圧の薬(アダラート)を服用するようになって歯肉増殖が起こり、薬を変えても改善しなかったそうです。歯石除去をしてよく磨いていただくと、歯肉の腫れは大きく改善しました。

2013082901.jpg
 歯ぐきのおでき(フィステル)は何らかの理由で歯肉または骨の中にたまったウミの出口なので、その原因を突き止めて治療する必要があります。よくある歯ぐきのおできの原因3つとその治療法をご紹介しました。

2013090801.jpg
 歯周病は全身と深く関わっていて、様々な病気と相関関係にあります。なかでも、妊婦の歯周病は早産 / 低体重児出産のリスクを7.5-7.9倍にしますが、65%の女性はこのことを知らないそうです。
2013101702.jpg
 日本歯科医師会では赤ちゃんからお年寄りまでの歯とお口の健康情報を動画でわかりやすく解説しています。その中から、「歯やお口のトラブル応急処置」として差し歯がとれた場合や入れ歯が割れた場合、矯正装置がとれた場合の対処法をご紹介しました。

2013120101.jpg
 お子さんが口を強くぶつけてケガをした場合、歯科医院へ行くまでに何をしたらいいのでしょうか? 8020日歯TV「歯やお口のトラブル応急処置<3> 乳歯のケガ」をご紹介しました。
2013120503.jpg
 日本歯科医師会では、80歳で20本以上の歯を残そうという「8020運動」を推進しています。東京都港区では2012年のデータから8020達成者が50%を超えたことが分かったそうです。
 実は2013年の当ブログの記事で最も多い139の「いいね!」がついた記事でした。おそらくほとんどが同業の歯科医がつけた「いいね!」だったと思います。我々歯科医は港区だけでなく全国で「8020」が高い割合で達成され、みなさんのお口と全身が健康で長生きできるようにがんばっていきます。
2013110903.jpg
【関連記事】













このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

12/29(日)-1/5(日)まで休診させていただきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎日寒いですね、みなさま体調を崩さないようにお気をつけ下さい。さて、当院の年末年始の休診は12/29(日)-1/5(日)とさせていただきます。

 中野区歯科医師会ではお正月休み中も休日診療を行なっております。当院の休診中に何かありましたら、申し訳ございませんが中野区のホームページで休日当番医をご確認の上、受診していただきますようお願いいたします。

2013122602.jpg

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

中野区休日当番医

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯科インプラント治療のMRIやCTに対する影響

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 インプラント治療を検討されている患者さんから「インプラント治療を受けても、MRIやCTは撮影できますか?」というご質問をいただくことがあります。これについての日本口腔インプラント学会のQ&Aをご紹介します。

日本口腔インプラント学会ホームページより
インプラント治療を受けた場合、MRIやCTによる画像診断への影響はありますか?
 チタンあるいはチタン合金のインプラントを用いてインプラント治療を受けた場合、そのインプラントがMRIによる画像診断に影響を及ぼすことはありません。しかし、インプラントの上部に磁石が付いた構造物が装着されている場合には、MRIの画像が乱れることがあるので注意が必要です。また、チタンのインプラントが埋まっていることによって、CTによる画像診断が影響されることもあります。

以下に少し詳しくご説明します。

CT

 CT画像では金属の周囲にアーチファクトと呼ばれる白い影があらわれます。下のCT画像では天然歯とインプラントのクラウン(かぶせ物)や天然歯のメタルコア(金属の芯棒)の周囲にアーチファクトが見られますが、インプラント本体周囲のアーチファクトはそれに比べると小さいようです。
2013122302.jpg

MRI

 インプラント本体がMRI画像に影響を与えたり、MRI撮影中に発熱することはありません。しかし、インプラントまたは天然歯を支台とした磁石の入れ歯(磁性アタッチメント)を使用している方は注意が必要です。日本磁気歯科学会のリーフレットには以下のように説明があります。

・MRI装置が発生させる磁力によって生じるキーパーの温度上昇は、国際規格である米国材料試験協会が定める安全性試験(ASTM F2182-02a)の結果、1℃以下であり、健康への影響はありません。
・キーパー付近のMRI画像に影響が出る場合がありますが、離れた部位へのMRI検査には影響はありません。
2013122304.jpg

まとめ

 歯科インプラント治療を受けた方でも、CTやMRIの画像診断を問題なく受けられますが、磁石の入れ歯を使っている方はMRI検査室に入れ歯を持ち込まないようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病の種類:アメリカ歯周病学会ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 アメリカ歯周病学会のホームページでは「歯周病インフォーメーション」というタイトルで、患者さん向けに様々な情報提供をしています。今回はその中から、歯周病の種類についてご紹介します。

歯肉炎

gingivitis03.jpg
 歯肉炎は歯周病の初期段階です。歯肉炎になると歯肉は赤くなり、腫れ、簡単に出血します。歯肉炎は不適切な口腔清掃が原因であることが多く、お口の中を清潔にすると元の健康な状態に戻ります。
 歯肉炎に影響する要因として、糖尿病、喫煙、年齢、遺伝的要因、全身疾患、ストレス、栄養不足、思春期のホルモンバランスの変化、妊娠、薬物の乱用、HIV感染、ある種の薬剤の影響などが挙げられます。

歯周炎

fig01.jpg
 歯肉炎を放置すると、歯周炎に移行することがあります。時間とともに歯垢は歯肉の下(歯肉縁下)に広がっていきます。歯垢の中の細菌が出す毒素により歯肉は刺激されます。この刺激により慢性炎症が起こり、歯を支える組織や骨が破壊されます。歯肉は歯からはがれ、細菌のたまり場となる歯周ポケット(歯と歯肉のすき間)が形成されます。歯周炎が進行すると、歯周ポケットは深くなり歯肉組織や骨がさらに破壊されます。多くの場合、この破壊的な過程はほとんど症状の無いまま進行します。最後には歯はぐらぐらになり、抜かなくてはいけなくなるかもしれません。

さらに歯周炎には以下の様な種類があります。

  • 【侵襲性歯周炎】 全身的には健康だが、急速に歯周病が進行して、家族内に同様な患者が多い

  • 【慢性歯周炎】 歯周組織に炎症が起こり、破壊が進行する。疾患の進行は緩やかだが、急速に進行する時期もある。

  • 【全身疾患に関連した歯周炎】 若年期に発症することが多い。心疾患、呼吸器疾患、糖尿病などの全身状態がこのタイプの歯周炎に関連している。

  • 【壊死性歯周疾患】 歯周組織の壊死を特徴とする感染症。主として、HIV感染、栄養失調、免疫不全などの全身状態の患者に見られる。


 歯周病は糖尿病などの全身疾患があると進行しやすくなります。逆に歯周病の治療により血糖値のコントロールがしやすくなるという研究があり、歯周病と全身疾患には双方向の関連があるようです。歯周組織の破壊が進行した「歯周炎」にならないように、定期的に歯科健診を受けましょう。

【関連記事】

歯周病症例

毎日の歯みがきのポイントまとめ

歯石除去症例(写真・画像あり)

あなたは大丈夫? 歯周病セルフチェック

アルツハイマー、歯周病で悪化 マウス実験で判明 名古屋市大大学院チーム

アルツハイマー病 かみ合わせが影響? 岡山大グループ

歯を失うことは心疾患のリスク増大に関連:米国心臓病学会

動脈硬化をおこした心臓の血管から歯周病菌が!:歯周病と心臓病のリスクの関係

かみ合わせ悪いと動脈硬化? 都など調査、栄養摂取に偏り

歯周病と動脈硬化・心疾患のリスク

定期的な歯石除去は心臓発作や脳卒中のリスクを下げる可能性

歯周病と全身疾患カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

乳歯のケガ 歯やお口のトラブル応急処置:日本歯科医師会動画

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013120503.jpg

 子供が口を強くぶつけてケガをした場合、歯科医院へ行くまでに何をしたらいいのでしょうか? 日本歯科医師会では赤ちゃんからお年寄りまでの歯とお口の健康情報を動画でわかりやすく解説しています。今回はその中から、8020日歯TV「歯やお口のトラブル応急処置<3> 乳歯のケガ」をご紹介します。

出血した場合

・子供が血液を飲み込むと嘔吐の原因になります。布やティッシュで圧迫して止血し、血液を飲み込まないようにしましょう。
・歯の欠片や抜けた歯など、飲み込む可能性のあるものは取り出しましょう。
・唇の傷には氷や冷水をビニール袋に入れたものを当てて冷やすと、腫れや痛みを軽減できます。
2013120504.jpg

出血がなかった場合

・出血がなくても、見えないところで歯根が折れている場合があります。
・うがいなどで口を清潔にして、歯科医院で診てもらいましょう。
2013120505.jpg

生えたての永久歯が抜けた場合

・歯が抜けても速やかに元の位置に戻すと、ほとんどが元通りになります。
・抜けてしまった歯を乾燥させないために、脱落歯の保存液(学校の保健室にあるかもしれません)または牛乳につけて、無い場合は食品用のラップで包んで早く歯科医院へ行きましょう。
・水道水で歯を洗わないようにしましょう。
・乳歯をぶつけて抜けた場合もそのままにしておくと、後続永久歯に影響することがあります。抜けた歯を持って歯科医院へ行きましょう。
・ぶつけて歯がグラグラになっただけの場合も、放おっておかず歯科医院へ行きましょう。
2013120506.jpg

詳しくは以下のリンクから動画でご確認ください。
8020日歯TV「歯やお口のトラブル応急処置<3> 乳歯のケガ」

  

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

文献におけるバイアス(偏見、先入観 )の考慮:スタディグループ救歯会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎月第一水曜日(時々変更があります)はスタディーグループ救歯会の例会に参加しております。月1回、分野を限らず包括的な歯科医療の症例検討会をしています。当日の診療は4:30までとなりますので、患者様にはご迷惑をおかけいたします。

 2013 / 12 / 4 は以下のテーマで3人の演者が発表しました。

1) 論文を自分なりに考える。

2) 既存の顎位にこだわった一症例

3) 上顎遊離端欠損にコーヌス・クローネを用いた1症例

 1) 論文を自分なりに考える。は、渋谷区でご開業の西堀先生の発表でした。通常、救歯会の発表は発表者が自身の症例を紹介し、治療計画や実際の治療について会員が討論するという形式ですが、今回は「研究論文の捉え方についての提案」といういつもとは違ったスタイルのものでした。3つの論文を例に挙げ、文献を引用する際にはバイアス(偏見、先入観 )を考慮し、自身に都合の良いように拡大解釈しないようにしましょうという主旨の発表でした。

かみ合わせのタイプと歯の生き残りに関係があるか?

 文献の一例として「8020達成者の歯列、咬合の観察 -東京都 文京区歯科医師会の資料から−」(茂木悦子ら 1999)が挙げられました。この研究で著者らはかみ合わせのタイプと歯の生存に関係があるかを調べています。日本歯科医師会では80歳まで20本の歯を残そうという、8020運動を推進しています。研究では約7000名の高齢者にアンケートを郵送し、回答のあった3002名のうち8020を達成した51人を対象にかみ合わせを調査しましたその結果、8020達成者に反対咬合(受け口)がみられなかったことから、正常なかみ合わせは多数歯維持のための一つの条件となりうると報告しています。

茂木悦子ら (1999)より

2013120502.jpg

バイアスの排除

 「51人の8020達成者の内、反対咬合(受け口)の人は0だった。」→「多数歯維持には正常なかみ合わせが重要」というのは一見正しく思われます。ところが、この研究では7000人にアンケートを送り回答のあった3002人だけを調査対象にしています。回答の無かった約4000人はあまり他人に自分の口のことを知らせたく無い人で、その中に反対咬合の人が多く含まれていた可能性は無いか?など、結論を出す前に統計的な偏りを精査して排除する必要があるとのことでした。

 今回の発表は症例ではなく「研究論文の捉え方についての提案」でしたが、自身に都合の良いように文献を拡大解釈しないよう論文をよく精査するという姿勢は、今後の症例発表の際にも気をつけるべき点であると感じました。


【関連記事】

治療介入により歯の喪失を食い止めることができるのか?:ISCT研修会

救歯会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラント上部構造のデザイン:ジルコニアを応用するための要点

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013102703.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。

 2013 / 11 / 22 は大分県でご開業の土屋嘉都彦先生の発表でした。テーマは「インプラント上部構造のデザイン:ジルコニアを応用するための要点」でした。ジルコニアは審美的でありながら強度の高い材料であるため、金属にかわり歯科補綴(さし歯やブリッジ)材料として広く用いられるようになりつつあります。今回はインプラントを支台とした全顎ブリッジをジルコニアを用いて製作する際の要点を論文、症例を挙げながらご説明いただきました。ブリッジのインプラント支台に対する適合をより高めるための工夫など非常に参考になる発表でした。


【関連記事】

下顎前突、上顎少数歯残存症例のインプラント治療:ISCT研修会

オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)臼歯部インプラント症例

オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)前歯部インプラント症例

オールジルコニアクラウンとジルコニアセラミッククラウン:インプラント症例

オールセラミッククラウン(ジルコニアセラミッククラウン)

オールセラミッククラウンとラミネートベニア

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

12月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013112802.jpg

 毎年同じことを言っている気がしますがもう12月ですね、1年が過ぎるのは早いものです。さて、今月は以下のとおり休診させていただきます。

12 / 4(水)の診療は16:30までとさせていただきます。研修会に出席します。

12 / 9(月)の診療は18:30までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

12 / 18(水)の診療は18:00までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

日曜、木曜は休診日です。

なお、年末年始の休診は12 / 29(日)から  1 / 5(日)までとさせていただきます。

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド