follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

ネアンデルタール人が歯科治療?: ナショナルジオグラフィックニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

2013102502.jpg

 ナショナルジオグラフィックニュースによると、ネアンデルタール人の化石から彼らがつまようじを使っていたという証拠が見つかったそうです。さらに、楊枝を歯間ブラシの様に用いて歯周病の治療もしていたとのことです。現代人が食事の後に楊枝を使うのと同じようなことを、5万年前の人類がやっていたのを想像すると何だか可笑しいですね!

 スペイン、Institut Catala de Paleoecologia Humana i Evolucio Social(IPHES:人類の古生態学と社会進化のカタロニア研究センター)のチームによれば、数万年前に絶滅したネアンデルタール人は、楊枝で食べカスを掃除しながら、歯周病の痛みも和らげていたという。 
 今回の研究では、痛みを緩和する目的で楊枝を使用した最古の証拠が示されている。スペイン、バレンシアのコバ・フォラダ(Cova Forada)遺跡で発掘された頭蓋骨の上あごには、化石化した歯が残っていた。5万~15万年前の頭蓋骨と推定されている。
Photograph by Ira Block, National Geographic

【関連記事】

40万年前の歯の持ち主は?

2500年前のアメリカンインディアンの歯にきらめく宝石

2億7500万年前の虫歯!

トラの歯の治療

インドのストリート歯医者さん

チャーチル元英首相の入れ歯、210万円で落札

ティースアート

ウェブサイト・カテゴリの記事

カテゴリー:【ウェブサイト】  日時:2013年10月30日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly