follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

コーヌスクローネ義歯:スタディグループKDM・救歯会合同ミーティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 2013 / 10 / 13 は所属するスタディーグループ救歯会と熊本県のスタディグループKDMの合同ミーティングに参加しました。当日は以下のテーマで6人の演者が発表しました。

  1. 上顎両側犬歯欠損にテレスコープを用いた1症例
  2. 自家歯牙移植を用い欠損形態の改善を試みた症例
  3. インプラントの対合歯は壊れやすいのか?
  4. コーヌス義歯の長期経過
  5. 自家歯牙移植による欠損歯列の改変を行った1症例
  6. コーヌステレスコープを用いた少数歯残存症例

2013101401.jpg

 どの発表も多数歯を失った「欠損歯列症例」で、ほとんどがコーヌスクローネ義歯を用いた治療でした。コーヌスクローネ義歯は救歯会顧問の黒田先生が30年以上前から取り組んでおられる治療法で、少数歯残存症例でもよく噛めて支台歯の周囲を清潔で健康に保てるという特徴があります。今回のミーティングではそれぞれの発表後に黒田先生の解説があり、最後に黒田先生ご自身の症例発表もありました。

 コーヌスクローネ義歯は多くの歯を失った症例で、インプラントではなく義歯を希望される患者さんには非常に有効な治療法です。今回のミーティングで改めてコーヌスクローネ義歯の設計、製作、メインテナンスについて多くのことを学ぶことができました。


【関連記事】

コーヌスクローネ義歯

救歯会カテゴリの記事

カテゴリー:【義歯】, ・コーヌスクローネ義歯, 【学会・スタディーグループ】, ・救歯会  日時:2013年10月16日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly