follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯列矯正・インプラント治療を併用した重度歯周病治療:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013092901.jpg

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 9 / 27 は西堀歯科の武内先生の症例発表でした

 歯周病は重度に進行すると歯が動揺して噛めなくなったり、歯が移動して前歯にすき間が空いたり前突したりします。歯周病の炎症をコントロールする基本治療(歯石除去・歯ブラシ指導)だけでは重度歯周病におけるこの歯の動揺・病的移動の問題は解決できないため、歯列矯正や補綴治療(さし歯やインプラントなどの歯を入れること)が必要になります。

 今回の症例は重度歯周病で歯が動揺・移動して咬み合わせが崩れる「咬合崩壊」と言われる状態でした。2001年に初めて受診された患者さんは、前歯が動いて前突してきたことは気にしていたものの、歯列矯正や補綴などの全顎的な治療は希望されていませんでした。歯周病の基本治療のみ行いメインテナンスをしていましたが、年々歯の動揺や急性炎症が多くなり、全顎的な修正治療を行うことになりました。動揺・病的移動していた歯を歯列矯正して固定したり、保存不可能なものは抜歯してインプラントで補綴することにより、審美性は改善し咬合も安定してよく噛めるようになっていました。正確な診断と治療計画に基づき、治療の手技も非常に緻密な素晴らしい症例発表でした。


【関連記事】

広汎型慢性歯周炎の治療においてインプラント・矯正治療を行った症例

重度歯周病の症例

歯周病患者のインプラント治療

歯周病カテゴリの記事

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

根分岐部病変の治療:ルートセパレーション(歯根分割)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 歯根が2本以上ある歯の歯根の分岐部まで進行した歯周病を「根分岐部病変」と言います。根分岐部は歯石の除去が難しく、患者さんにとっても歯ブラシが難しい場所です。このため根分岐部病変を抱えた歯では歯周病治療後の経過が良くなく、複雑な治療方法が必要となることも多くなります。
2013092302.jpg

術前:分岐部の骨が吸収し分岐部の中で神経に達する深い虫歯ができている

 今回の患者さんは下顎の大臼歯に頬側から舌側まで通り抜けてしまう3度の分岐部病変があり、分岐部の内側で神経に達する深い虫歯ができていました。神経を除去(根管治療)してさし歯をかぶせる必要があったため、歯みがきのしやすい環境を作るために歯根を分割することにしました。
2013092303.jpg
根管治療後:虫歯の深い部位から根管充填材がもれている

 根管治療後、歯根分割を行いルートプレーニング(歯石を除去して根面を滑沢にすること)しました。さらに分割した歯根を放置しておくと、両歯根は挺出しながら互いに離れる方向に移動して、自然に歯周ポケットが浅くなります。
2013092304.jpg
分割してルートプレーニングした歯根

 歯周ポケットが浅くなったら仮歯を装着して、痛くなく噛めるか、上手に歯間ブラシで清掃できるかを確認しました。問題がなかったので、さし歯の製作に入りました。今回は金属を使わないオールセラミックセラミック・クラウンを製作しました。
2013092301.jpg
オールセラミック・クラウン

2013092305.jpg
オールセラミック・クラウンを装着したところ:歯根の間は歯間ブラシで清掃する

2013092306.jpg
術後のレントゲン写真:歯根が移動して歯根間の距離が大きくなっている

 今回のように分岐部病変が進行して頬側から舌側まで通り抜けてしまう3度のものは、分岐部内部で虫歯ができてしまうことが頻繁にあります。歯根分割することにより清掃しやすくなり歯周環境が改善する反面、歯根破折のリスクも高くなります。歯周病治療後は定期的に歯科健診を受け、歯周病の進行を予防しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

前歯部のインプラント治療:歯間部にすき間ができないためには

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 9 / 20 は論文抄読会でテーマは「インプラント治療における歯間乳頭でした文献1文献2)。歯間乳頭とは歯と歯の間の部分の歯肉で、一般的に歯間部が歯間乳頭で埋まっていると美しく、若々しく見えます。

2013092204.jpg

手術回数が多いと歯間乳頭がなくなる

 文献1は2006ー2007年に前歯部にインプラントを1本埋入した患者さん97人を2009年に検査して、歯間乳頭の高さに影響を与える因子を分析した研究でした。過去の研究で歯間部の骨の高さが歯間乳頭の高さに影響を与えることがわかっています。今回の研究でも治療前の歯間部の骨の位置が低いと、治療後の歯間乳頭の高さも低いという結果が出ました。また骨移植などのために歯間乳頭部にメスを入れる手術回数が多いと、歯間部の骨の吸収が大きくなり歯間乳頭も退縮するということでした。

 前歯のインプラント治療の際には、なるべく歯間乳頭部にメスを入れない術式を工夫する必要があるようです。

2013092203.jpg

インプラントとインプラントの間は歯間乳頭が低くなる

 文献2では前歯部で複数の歯を失い、天然歯とインプラントを支台とする補綴物(さし歯)を装着した150人の患者さんで調査を行い、天然歯・インプラント・ポンティック(ブリッジの土台の無い部分)のそれぞれの間の歯間乳頭の高さを測定しました。その結果、歯ーインプラント、歯ーポンティック間では歯間乳頭の高さは同様(平均4.1mm)であったのに対し、インプラントーインプラント、インプラントーポンティック間では歯間乳頭の高さは統計学的に有意に低い値(平均3.3mm以下)になりました。

 インプラントーインプラント、インプラントーポンティック間のように2本連続して歯を喪失した部位では、高い歯間乳頭を作るのは難しいため、補綴物(さし歯)の形態を工夫して歯間部のすき間を小さくするしかないようです。


【関連記事】

前歯部インプラント症例の審美性の改善

3Dプリンター(CAD/CAM)の歯科における応用:材料の収縮をデジタルに補正

オールセラミッククラウン 臼歯部インプラント症例

オールセラミッククラウン 前歯部インプラント症例

オールジルコニアクラウンとジルコニアセラミッククラウン:インプラント症例

インプラントカテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

慢性歯周炎症例の17年経過:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 9 / 13 は西堀歯科の豊田先生の症例発表でした。

2013091501.jpg

 慢性歯周炎で「見た目をきれいにして欲しい」という希望の患者さんに、歯周病治療と歯ぐきのラインを揃える手術をした後、全顎的に補綴(かぶせ物のやりかえ)をした症例でした。歯周病が改善し見た目も非常にきれいになったことも良かったですが、その後17年間の経過を口腔内写真とレントゲン写真で詳細にドキュメンテーションした点が素晴らしい発表でした。かみ合わせや健康状態の変化、加齢が歯の健康にどう影響するかを、豊田先生は上のような同部位のレントゲン写真の経年的変化で検証されました。

 今回は自身の治療した症例が10年後、20年後にどうなっているかの経過観察がいかに重要かを、改めて認識させられる発表でした。


【関連記事】

広汎型慢性歯周炎の治療においてインプラント・矯正治療を行った症例

歯肉縁下カリエスと根尖性歯周炎が多発した症例

重度歯周病の症例

歯周病患者のインプラント

後退した歯ぐきをもとに戻す! ルートカバレッジ

歯周病カテゴリの記事

ISCT研修会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病治療における歯列矯正の役割

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 中野区歯科医師会では学術委員会に所属して、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2013 / 9 / 11 は北区でご開業の百瀬保先生をお招きして、「一般臨床医が行えるMTMのワンポイント」というテーマでご講演いただきました。

2013091201.jpg

図:Ingber (1974) より引用改変

 矯正を専門としない一般歯科医が、かみ合わせを大きく変えず短期間で終わる部分的な歯列矯正 (MTM) を行う際の注意点について、多くの症例を挙げながらご解説いただきました。百瀬先生は歯周病患者の歯列矯正も多数手がけておられました。歯周病により歯の周囲に骨欠損ができた症例で、歯列矯正で歯を動かすことにより骨形態を平坦化して歯周ポケットを浅くする取り組みなどをご紹介されていました。重度歯周病症例では歯並びが崩れたり、歯の周囲に骨欠損と深い歯周ポケットが出来たりします。このため重度歯周病の治療では歯列矯正が必要になることが多く、今回の講演は非常に参考になりました。


【関連記事】

広汎型慢性歯周炎の治療においてインプラント・矯正治療を行った症例

重度歯周病の症例

歯科医師会カテゴリの記事

歯列矯正カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病菌(フソバクテリウム)は大腸がんと関連か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 先日の記事で、口腔衛生状態と口腔・咽頭がんの原因の40−80%を占めるヒトパピローマウイルス(HPV)口腔における感染の関係について紹介しましたが、今度は歯周病患者の口腔内に多く見られる細菌が、大腸がんを引き起こす可能性があることを示す研究が発表されました。
2013090502.jpg
photo credit: pau.artigas cc

フソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium nucleatum)と呼ばれる一般的な口腔内細菌による感染が結腸直腸がんの一因となる可能性があることが、米ケース・ウェスタン・リザーブ大学歯科医学部歯周病学教授のYiping Han氏らの研究で示唆された。

フソバクテリウム・ヌクレアタムは結腸細胞に付着し、結腸がんに至る一連の変化を引き起こす可能性がある。

Han氏は、「この研究結果は、口腔衛生が良好な状態であることの重要性を示している。歯周病患者では、フソバクテリウム・ヌクレアタムの濃度がはるかに高い」と述べている。

 また実際に大腸がんの組織から、正常な大腸組織よりもかなり多くのフソバクテリウムが検出されたという報告もあります(文献1文献2)。

 お口の中をきれいにして歯周病を予防することは、全身の健康にとっても大事なようです。お近くの歯科医院で定期的に健診を受けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯ぐきに「おでき」はありませんか? フィステルの3つの原因と治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013090801.jpg

 歯ぐきのおでき(フィステル)は何らかの理由で歯肉または骨の中にたまったウミの出口なので、その原因を突き止めて治療する必要があります。今回は、よくある歯ぐきのおできの原因3つとその治療法をご紹介します。


2012112904.jpg

【根尖性歯周炎】→詳しくはこちらのページ

 神経が死んでいる歯の神経の穴(根管)の中でばい菌が繁殖して、歯の根元が化膿すると歯ぐきにおできができることがあります。

(治療法)

神経の穴の消毒(根管治療)をします。






2012112907.jpg

【歯の破折】→詳しくはこちらのページ

 歯にヒビが入ったり、割れているとそこを伝って細菌が体内に侵入し、歯根周囲で炎症が起こりおできができることがあります。

(治療法)

・割れ目が浅い位置で止まり健康な歯根が長く残っている場合は、割れた部分を除去してかぶせ物(クラウン)を製作します。
・歯が根の先まで割れた場合には残念ながら、抜歯をするしかありません。


2012112208.jpg

【歯周病】→詳しくはこちらのページ

 根の周囲に着いた細菌の感染が原因で歯ぐきに炎症が起こります。特に深い歯周ポケットの中にウミがたまった場合には、歯ぐきにおできができることがあります。

(治療法)

・深い歯周ポケット分岐部病変がある場合には手術が必要なこともあります。




 歯ぐきにおできを見つけたら、すぐにお近くの歯科医院を受診してください。

【関連記事】

根管治療

歯がわれた!:歯を残せる場合と残せない場合

歯周基本治療

口内炎と間違えやすい:口腔がんについて

歯が痛い! 5つの原因と治療法

歯の知恵袋カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

異性のキレイでないと残念なポイント、1位は「口元」

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013052604.jpg

 マイナビニュースに全国の20~60代の男女1,000名(年代、性別でそれぞれ100名)を対象にした「異性の印象と歯に関する意識調査」の結果が紹介されていました。男女共に異性の肌や髪よりも口元がキレイでないと残念であると感じるそうです。また、口元でも特に口臭が気になるとのことです。

マイナビニュース 2013/08/21 より引用

4割以上が口元でがっかり

まず、異性の第一印象で重視する点についてたずねたところ、「口元(歯を含む)がきれいでないとがっかりする」と回答した人が43.4%で1位だった。性別で見てみると、男性35.0%、女性51.8%が「口元(歯を含む)がきれいでないとがっかりすると回答している。

2013090503.jpg

男女、自他共に「口臭」が気になる

具体的に異性の口元で気になる点について聞くと、1位が「口臭」で67.0%、2位が「歯の黄ばみ・着色汚れ」で51.2%となった。

2013090505.jpg

半数以上が毎日のケアは歯ブラシによる歯磨きだけ

ふだん行っているオーラルケアについての調査では、「歯ブラシによる歯磨き」は96.2%が毎日実施。しかし、その他のケアは毎日行っていない人が多かった。

2013090506.jpg
 口元を気にしているのに多くの人でオーラルケアは歯ブラシのみで、デンタルフロスや歯間ブラシは使っていないとのことでした。歯ブラシだけでは、歯間部の歯垢は落とせません。1日1回のデンタルフロスを習慣にしましょう!

【関連記事】




このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

9月の休診

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013090508.jpg

9月は以下のとおり休診させていただきます。

9 / 11(水)の診療は18:00 までとさせていただきます。歯科医師会に出席します。

9 / 18(水)の診療は18:30までとさせていただきます。大学の委員会に出席します。

日曜、木曜は休診日です。

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

口腔・咽頭がんと口腔衛生の関係:米国全国健康・栄養調査

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013090107.jpg

ヒトパピローマウイルスの電子顕微鏡写真 : Wikipedia

 歯周病と糖尿病心疾患呼吸器疾患低体重児出産などの関連が研究されていますが口腔衛生と口腔・咽頭がんの原因の40−80%を占めるヒトパピローマウイルス(HPV)口腔における感染の関係が明らかになったそうです。

 Cancer Prevention Researchによると、2009-2010年の米国全国健康・栄養調査から得られた30ー69歳の3,439人の、口腔におけるHPV感染と口腔衛生に関するデータを分析したところ、不良な口腔衛生は口腔におけるHPV感染のリスクファクターであるとの結果が得られたとのことです。論文では、HPV関連口腔がんの予防のために口腔衛生と口腔の健康を促進する取り組みがなされるべきであると結論づけています。

【関連記事】

口内炎と間違えやすい:口腔がんについて

重度歯周病と間違えやすい 歯肉の扁平上皮がん

歯周病と全身疾患カテゴリの記事

毎日の歯みがきのポイントまとめ

ブラッシング法の種類と選択

歯間ブラシ・デンタルフロス

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

インプラントの表面性状とインプラント周囲炎:その治療と予防

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 2013 / 8 / 23, 24, 25は所属するスタディーグループ救歯会の夏合宿に参加しました。毎年恒例のこの合宿では参加者全員がプレゼンテーションを行う他に、様々なテーマで数人がプレゼンテーションを行い討論する企画もいくつかあります。

 今年のそんな企画のひとつが「インプラント周囲の骨吸収」でした。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病になることがあります。このインプラントの歯周病のことをインプラント周囲炎と言います。

インプラント周囲炎の治療

 私はインプラントの「粗い」表面性状により引き起こされるインプラント周囲炎についてプレゼンテーションしました。今回紹介した患者さんは、15年前に「粗い」表面性状のインプラントの埋入を受けていました。埋入から8年後にインプラント周囲粘膜が痛くなり、当院を受診されました。インプラント周囲炎で大きな骨吸収があったために、外科的にインプラントを清掃して現在までメインテナンスしている経過を報告し、インプラントの表面性状とインプラント周囲炎の関係について考察しました。
2013090101.jpg

インプラントの表面性状とインプラント周囲炎

 インプラントの表面性状はその粗さにより、「平滑」「やや粗い」「粗い」に分けられます。表面が「平滑」なものよりも「やや粗い」「粗い」ものの方が埋入手術後に骨結合しやすいため、現在「平滑」な表面性状のインプラントはほとんど販売されていません。
2013090102.jpg
 ところが、歯周病患者におけるインプラント治療の経過について過去に出版された多くの論文を分析したReview 論文によると、「平滑」「やや粗い」よりも「粗い」表面のインプラントで周囲骨の吸収、インプラントの喪失、インプラント周囲炎が多かったそうです。
2013090105.jpg

インプラント周囲炎の予防

 また同論文の結果で、歯周病患者であっても歯周病の治療を行い、「平滑」または「やや粗い」表面性状のインプラントを埋入し、定期的に歯科健診に通った患者さんでは、歯周病でない患者さんのインプラントと同じくらい良好な結果が得られたとのことでした。これらのことから歯周病患者のインプラント治療では、①インプラント治療前の徹底的な歯周炎のコントロール ②「平滑」または「やや粗い」表面性状のインプラントの使用 ③定期的な歯科健診 を行うことにより、治療を成功に導くことができるという結論が得られました。
2013090104.jpg

最後に

 今回はインプラント周囲炎のリスクファクターとして、①コントロールされていない歯周病 ②インプラントの「粗い」表面性状 ③歯科的メインテナンスの欠如 を挙げましたが、日本歯周病学会の「歯周病患者におけるインプラント治療の指針 2008」によると、糖尿病などの全身疾患、喫煙、インプラントへの過重負担もインプラント周囲炎のリスクに成り得ることが示されています。我々歯科医はこれらのリスクファクターを排除してから、インプラント治療を行うべきであると考えています。
2013090106.jpg

【関連記事】

歯周病患者のインプラント治療

インプラントの合併症:インプラント周囲炎への対応と予防策

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

インプラントの失敗症例から考えるリスクマネージメント

「インプラントの失敗に学ぶ」米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

インプラント周囲炎とその治療法

インプラント周囲炎における感染の除去

インプラント周囲炎に対する再生療法

インプラント周囲炎カテゴリの記事

救歯会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド