follow us in feedly rss1.jpg twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

降圧剤(アダラート)の服用と歯肉増殖

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 2013 / 8 / 23, 24, 25は所属するスタディーグループ救歯会の夏合宿に参加しました。毎年恒例のこの合宿では、参加者全員が症例や医院管理についてプレゼンテーションして様々な議論をします。今年の全員発表のテーマは「臨床でこだわっていること」でした。

歯石除去前

2013082901.jpg

歯石除去後

2013082902.jpg

 私の「臨床でこだわっていること」は、SRP(歯石除去して歯根面を平滑にすること)です。SRPは歯周病治療の基本で、多くの症例はSRPと患者さんの徹底的な歯磨きで大きく改善します。

 今回発表させていただいた患者さんは、以前から歯周病でしたが高血圧の薬(アダラート)を服用するようになって歯肉増殖が起こり、薬を変えても改善しなかったそうです。SRPをしてよく磨いていただくと、上の写真のように歯肉の腫れは大きく改善しました。発表時の討論では、SRPの方法やその後に歯周外科手術をするかどうかの判断基準などが話し合われました。


【関連記事】

歯石除去症例(写真・画像あり)

歯石除去 症例写真: 篠田歯科 YouTubeチャンネル

定期的な歯石除去は心臓発作や脳卒中のリスクを下げる可能性

救歯会 サマーセミナー

救歯会カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

8 / 23(金)は16:00まで、8 / 24(土)は休診とさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


 8月も下旬になりましたが、本当に暑い日が続きますね。みなさま体調を崩されませんようにお気をつけください。

 さて、8 / 23(金)の診療は16:00まで、8 / 24(土)は休診とさせていただきます。スタディーグループ救歯会の夏合宿に参加します。患者さまにはご迷惑をお掛けしますが、何とぞご容赦ください。

2013072804.jpg

【関連記事】

篠田歯科休診カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病原菌の痕跡がアルツハイマー病患者の脳から見つかる:英国研究

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013061302.jpg

通常の老人の脳(左)とアルツハイマー型認知症患者の脳(右)Wikipedia

 歯周病と糖尿病心疾患呼吸器疾患低体重児出産などの関連が研究されていますが、イギリスでの研究によると歯周病原菌の痕跡がアルツハイマー病患者の脳で見つかったそうです。

ブルームバーグ 7月30日
ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズに掲載された研究結果によると、アルツハイマー患者の脳のサンプル10のうち4つに、歯周病の原因菌として知られるポルフィロモナス・ジンジバリスの痕跡が見られた。一方、同年齢で認知症の症状が出たことのない10人の脳からはこの細菌は見つからなかった。

 口腔内細菌が心血管で見つかることがありますが、脳組織で細菌の痕跡が見つかったというのは驚きです。今回の研究は細菌が生成する化学物質が蓄積しアルツハイマーを引き起こすという説を支持する根拠になるかもしれないとのことです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

全身疾患を有する患者への歯科治療:東京医科歯科大学歯科同窓会臨床懇話会

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2013080401.jpg

 東京医科歯科大学歯科同窓会中野支部では学術委員として、学術講演会の企画や準備の仕事をしています。2013 / 8 / 2 は、国立国際医療研究センター歯科口腔外科長の丸岡豊先生お招きして、HIV感染者への歯科治療、ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死、抗血栓療法患者の歯科治療についてご講演いただきました。

HIV感染者への歯科治療

 HIV感染者を治療する際の心構え、どこまで治療していいのか、やってはいけないこと、感染防止対策、万が一の場合(針刺し事故など)についてお話いただきました。またHIV感染後最初に症状が現れるのは口腔である可能性が高く、HIV感染者の様々な口腔内症状の写真も拝見しました。

ビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死

 骨が弱くなり骨折のリスクが高くなる病気である骨粗しょう症の方がよく服用されているのがビスフォスフォネート製剤です。またビスフォスフォネート製剤はガンの骨転移を抑制する目的で用いられることもあります。このビスフォスフォネート製剤を服用中の患者さんの抜歯をした後に顎骨の壊死が起こった例が報告されています。ビスフォスフォネート系薬剤を投与されている患者さんに対して歯科治療を行う際の問題点、考慮すべき点などをお話いただきました。また、国立国際医療研究センターのビスフォスフォネート系薬剤関連顎骨壊死症例を拝見しました。

抗血栓療法患者の歯科治療

 抗血栓療法(血液をサラサラにする薬を投与する治療)の種類と抜歯や手術をする際の対応をお話いただきました。


 今回は全身疾患を抱えた患者さんの歯科治療について、大病院の歯科の現場で働いている先生のナマのお話を聞くことができました。また一般の歯科医院ではなかなか見られない症例写真をたくさん拝見することができて、大変勉強になりました。


【関連記事】

服用中の薬を教えてください: 歯の治療に注意の必要な薬

骨粗しょう症の薬(ビスフォスフォネート製剤)とインプラント治療:ISCT研修会

東京医科歯科大学カテゴリの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 

歯周病予防に効果的な歯磨き剤は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット


2012110901.jpg

photo credit: Stéfan cc

 歯周病の治療に通っていただいている患者さんから、「歯周病予防に効果的な歯磨き剤はありますか?」というご質問をよくいただきます。実は歯みがき剤の歯周病への薬効成分に期待するよりも、きれいにみがいて機械的に歯垢を除去していただくことが大切です。ただ、歯周病により歯ぐきが後退して歯根が露出し、虫歯のリスクが高くなった方にはフッ化物が高濃度に配合された歯みがき剤をおすすめしています。フッ化物の虫歯予防効果は非常に高いことが証明されているからです。また、歯周病治療により知覚過敏症状が現れた患者さんには知覚過敏用歯みがきをおすすめしています。

 日本歯周病学会のQ&Aのページにもこんな記述があります。

歯磨剤は、何が良いのでしょうか?

炎症を引かせる薬効成分などが入っているものもありますが、基本的には歯磨剤の成分はどれも同じ様なものです。一番大事なのは、どの歯磨剤を使うかではなくいかに磨き残しを少なくブラッシングでプラークを除去できるかどうかになります。

歯周病の予防に歯みがき粉はどれくらい効果があるのでしょうか?

歯周病の一番の予防法はプラークの除去そのものです。一部の歯磨き粉には殺菌作用を挙げているものもありますが、あくまでもプラークをしっかりと歯ブラシなどで除去した後の補助的なものと考えるとよいでしょう。
効能は主に歯磨き粉に含まれる研磨剤により沈着した色素を除去したり、香料により爽快感が得られるということでしょう。



まとめ


・歯周病に対する歯みがき剤の薬効成分には期待せず、歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスで歯垢をしっかりと除去することが、歯周病予防には効果的

・歯周病により歯ぐきが後退した方は虫歯のリスクが高くなるので、フッ化物が高濃度に配合された歯みがき剤がおすすめ

・歯周病治療後に知覚過敏症が出ている方には、知覚過敏用歯みがきがおすすめ


【関連記事】

歯周病は薬で治せないの?

毎日の歯みがきのポイントまとめ

ブラッシング法の種類と選択

歯間ブラシ・デンタルフロス

あなたもやっていませんか? 3つの間違った歯みがき習慣

フッ素入り 虫歯予防ジェル

むし歯・歯周病を予防する4つのポイント

フッ素の虫歯予防効果に注目した歯磨き法 イエテボリ法

口臭の原因となる舌苔(ぜったい)

このエントリーをはてなブックマークに追加 歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

ページの上部へ

 
RSS登録はこちらからどうぞ
rss1.jpg
歯周病治療ガイド