follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

3Dプリンター(CAD/CAM)の歯科における応用:材料の収縮をデジタルに補正

 近年、歯科治療において審美性が高く、高強度のジルコニアという材料が金属の代わりに用いられるようになっています。ジルコニアは非常に丈夫で硬い材料で加工は困難なので、完成前の柔らかい状態で加工してから焼結して完成させます。 … “3Dプリンター(CAD/CAM)の歯科における応用:材料の収縮をデジタルに補正” の続きを読む

カテゴリー:【歯の知恵袋】 ,【インプラント】 ,★インプラント症例 ,【審美歯科】 ,・オールセラミック  日時:2013年7月8日

ページの上部へ

歯の喪失が記憶力を低下させる可能性:ノルウェー、スウェーデンの研究チーム

 歯の喪失と心疾患のリスクの関係、かみ合わせと動脈硬化、かみ合わせとアルツハイマー病の関係が指摘されていますが、今回残存歯数と記憶力の関係の研究が発表されました。歯が少なくなると記憶力も低下する傾向が見られたそうです。 … “歯の喪失が記憶力を低下させる可能性:ノルウェー、スウェーデンの研究チーム” の続きを読む

カテゴリー:【歯の知恵袋】 ,【ウェブサイト】  日時:2013年7月7日

ページの上部へ

奥歯が無い(遊離端欠損)症例の処置方針:スタディグループ救歯会

 毎月第一水曜日(時々変更があります)はスタディーグループ救歯会の例会に参加しております。月1回、分野を限らず包括的な歯科医療の症例検討会をしています。当日の診療は4:30までとなりますので、患者様にはご迷惑をおかけいた … “奥歯が無い(遊離端欠損)症例の処置方針:スタディグループ救歯会” の続きを読む

カテゴリー:【学会・スタディーグループ】 ,・救歯会  日時:2013年7月5日

ページの上部へ

インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 6 / 28 は … “インプラント周囲炎 歯周病患者におけるインプラント治療のガイドライン” の続きを読む

カテゴリー:【インプラント】 ,・歯周病とインプラント ,・インプラント周囲炎 ,【学会・スタディーグループ】 ,・ISCT研修会  日時:2013年7月2日

ページの上部へ

 

予約 youtube
RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly