follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

エムドゲインを用いた再生療法:ISCT研修会

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット

 毎週金曜日は、以前に私が勤務していた西堀歯科の勉強会 ISCT研修会に参加しており、隔週で症例検討会と論文抄読会をしています。このため金曜の診療は18:00までとさせていただいております。2013 / 7 / 26 は世田谷区でご開業の田川先生の症例発表でした。

mn_r09.jpg

 症例は重度歯周病で、残すことのできない歯も何本かありました。田川先生は歯周基本治療の後の再評価検査で炎症のコントロールが得られなかった部位に、エムドゲインを用いた再生療法を行い劇的な改善を得ました。その後、歯の欠損した部位にインプラント治療を行いメインテナンスに入りました。前歯がかみ合わせに参加していない症例で、奥歯に過剰な力がかかっていたことも歯周病の重症化に関与していることが疑われたため、今後の経過を慎重に見守っていく必要のある患者さんでした。

 また田川先生はISCT研修会に参加されて13年になり、当時の懐かしい写真なども探して紹介されていました。当日は研修会の夏休み前の打ち上げも兼ねていて、以前研修会のメンバーだった先生も久しぶりに参加され非常に楽しい会になりました。


【関連記事】

培養細胞シートによる歯周組織再生治療

根分岐部病変へのエムドゲインの応用

PRP(多血小板血漿)

根分岐部病変の再生療法: エムドゲイン vs GTR

再生療法: 成長因子と骨移植材

ISCT研修会カテゴリの記事

カテゴリー:【歯周病】, ・再生療法, 【学会・スタディーグループ】, ・ISCT研修会  日時:2013年7月30日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly