follow us in feedly twitter1.jpg

Dr.篠田のブログ

歯を失って義歯を使わなければ 転倒のリスクが 2.5 倍に:厚労省研究班調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 以前に歯の喪失と心疾患のリスク歯の喪失と記憶力の低下の関係についての研究をご紹介しましたが、厚労省研究班の調査によると、歯が19 本以下で義歯を使用していない人は転倒のリスクが高くなるとのことです。高齢者の3人に1人は1年間に転倒を経験し、転倒した方の6%は骨折するそうです。また、骨折の中でも大腿骨頸部骨折すると寝たきりになってしまうことが多いとのことです。

神奈川歯科大学 プレスリリース より抜粋引用
<方法> 
2003 年に愛知県に居住する 65 歳以上の健常者を対象としてアンケート調査を行った。そして,最初の調査時点で過去 1 年間に転倒の経験がない者のうち,3 年間追跡できた 1763 名の 3 年後における過去 1 年間の転倒経験と,歯数および義歯使用の有無との関係を検討した。 
<結果> 
20 歯以上の人に対して 19 歯以下で義歯未使用の人の転倒リスクは 2.50 倍であった(図)。なお,19 歯以下で義歯を使用している人の転倒リスクは 1.36 倍であり,20 歯以上の人との間に明らかな(統計学的に有意な)違いは見られなかった。 
2013071107.jpg
 歯を失っても義歯を装着しないと下顎の位置が不安定になり、体のバランスが低下して転倒しやすくなることが推測されるとのことです。しかし義歯を装着することにより転倒のリスクは減少するそうなので、歯の喪失をそのままにしておかない方がいいようですね!

【関連記事】

歯を失うことは心疾患のリスク増大に関連:米国心臓病学会

歯の喪失が記憶力を低下させる可能性:ノルウェー、スウェーデンの研究チーム

かみ合わせ悪いと動脈硬化? 都など調査、栄養摂取に偏り

アルツハイマー病 かみ合わせが影響? 岡山大グループ

動脈硬化をおこした心臓の血管から歯周病菌が!:歯周病と心臓病のリスクの関係

カテゴリー:【歯の知恵袋】  日時:2013年7月13日

予約 youtube
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科クチコミサイト・デンターネット
 

Related Posts with Thumbnails

RSS登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly